米国セールスフォース・ドットコム役員

マーク・ベニオフ
Chairman & CEO

Marc Benioff

マーク・ベニオフはセールスフォース・ドットコムの会長兼CEOです。ベニオフはクラウドコンピューティングのパイオニアとして、「クラウドをベースにしたテクノロジーモデル、従量制ビジネスモデル、社会貢献活動を統合した、これまでにないエンタープライズソフトウェアの会社を作る」というビジョンの下、1999年にセールスフォース・ドットコムを設立しました。画期的なアイディアからスタートしたセールスフォース・ドットコムは、ベニオフのリーダーシップの下、今やFortune 500企業の一社となり、世界で最も早く成長したトップ10のソフトウェア会社、そしてCRMを提供する最大の企業にまで成長しました。

革新的なアプローチにより、セールスフォース・ドットコムは、5年連続でForbes誌が選ぶ「世界で最も革新的な会社」の一社に、4年連続でFortune誌が選ぶ「ソフトウェア業界における最も称賛される企業」の一社に、そして8年連続でFortune誌が選ぶ「最も働きたい会社」に選ばれています。

ベニオフは、明確なビジョンを持ったリーダーシップと、イノベーションのパイオニアとして広く認知されています。Fortune誌が選ぶ「世界の最も偉大なリーダー50人」や「最優秀ビジネスパーソン」、そしてBarron’sによる「世界最高のCEO」の一人として選ばれ、Economist誌のInnovation Awardを受賞しました。またベニオフは、世界経済フォーラム評議員会のメンバーに名を連ねています。

ベニオフは、セールスフォース・ドットコムのリソースである、製品の1%、株式の1%、従業員の就業時間の1%を、地域社会に還元する社会貢献活動の「1-1-1モデル」を作り、世界中の非営利企業のミッション達成を支援しています。現在、700社を超える企業がPledge 1%を通じてこの1-1-1モデルを採用しています。ベニオフと彼の妻であるLynneは、カリフォルニア州サンフランシスコとオークランドにおけるUCSF Benioff Children’s Hospitalの設立を含む、子供たちの健康に向けた社会貢献活動や、公教育やホームレス、その他社会問題に注力しています。

ベニオフは、ビジネスが世界を変革する最大のプラットフォームであるという信念を持っています。ベニオフはより良い世界を実現するために、世界経済フォーラムの創設者であるKlaus Schwab氏が提唱する「マルチステークホルダー・アプローチ」を採用し、株主だけではなく、顧客や従業員、パートナー、コミュニティー、そして環境を含む全てのステークホルダーに対してリーダーシップを発揮しています。また、こうしたベニオフの姿勢は、彼の後に続くビジネスリーダーにも影響を与えています。ベニオフは、CEOやビジネスリーダーのグループを率いて、LGBTQ(lesbian, gay, bisexual, transgender, questioning)コミュニティーに対する差別を促すような州の規制に抗議をしました。また、セールスフォース・ドットコムにおいて同一労働に対して男女平等の賃金が支払われるための給料評価システムを新たに設定しました。

ベニオフは、35年間ソフトウェア業界に従事しています。セールスフォース・ドットコムの設立以前は、13年間Oracle Corporationに在籍していました。ベニオフは15歳の時、彼が最初に立ち上げた会社であるビデオゲーム制作会社「Liberty Software」を設立しました。また、Apple Computer社のMacintosh部門に在籍し、アセンブラ言語のプログラマーとして務めました。ベニオフは、University of Southern Californiaにおいて、1986年に経営学の学士号を、2014年には同大学で文学の名誉学位を取得しています。

ベニオフは、全米ベストセラーである「Behind the Cloud(クラウド誕生)」を含む3冊の本の著者です。

パーカー・ハリス
Co-Founder

Parker Harris

パーカー・ハリスは、デザインから開発、サービス提供まで、Salesforceの全製品戦略を統括しています。

ハリスは、1999年春に、マーク・ベニオフとデイブ・モレンホフ、フランク・ドミンゲスとともにセールスフォース・ドットコムを創業しました。セールスフォース・ドットコムを設立する前は、1996年に共同創業した会社であるLeft Coast Softwareでクラウド・コンピューティング技術の開発に携わり、Clarifyと合併した営業支援自動化システムの早期パイオニアであるMetropolis Softwareで営業支援自動化の技術開発に携わっていました。

ハリスは早くから数学、科学やコンピューター・プログラミングなど理数系を得意とする一方で、フランス語が堪能で、Middlebury Collegeで英文学の学士号を取得するなど文系も得意としています。

キース・ブロック
Vice Chairman, President and COO

Keith Block

キース・ブロックは、セールスフォース・ドットコムの副会長兼社長、COOとしてグローバルセールス、アライアンス&チャネル、業種別戦略、カスタマーサクセス、コンサルティングサービスの各部門を含め、セールスフォース・ドットコム全体のオペレーションを統括しています。

ブロックは30年近くにわたり営業、コンサルティング、エンジニアリングの責任者としての役割を歴任し、現職就任まではオラクル社において北米地域のセールスおよびコンサルティング担当エグゼクティブ・バイスプレジデントとして11,000名の組織を統括すると共に、売上数十億ドル規模のビジネスユニットを組織し、10年間で記録的な売上の成長と利益率の増加を達成しました。

26年間に及ぶオラクル社在籍中、ブロックは業種、ソリューション、市場セグメンテーションの支援に特化した営業モデルへの変革を主導する役割を担いました。また、オラクル社では同社の執行役員およびエグゼクティブ・マネジメント委員会メンバーも務めました。ブロックのキャリアは、Booz Allen Hamilton社における空軍幹部担当シニア・コンサルタントが出発点になっています。

現在、ブロックはセールスフォース・ドットコム取締役、米コンコード美術館理事会メンバー、カーネギーメロン大学ハインツ・カレッジ顧問委員会メンバー、カーネギーメロン大学客員評議会メンバーも務めています。

ブロックはカーネギーメロン大学で科学修士号(経営および政策分析)および学士号(情報システム)を取得していると共に、 カーネギーメロンのハインツ・カレッジ(大学院)を卒業しています。

アレックス・デイヨン
President, Chief Product Officer

Alex Dayon

アレックス・デイヨンは、Salesforce 製品担当プレジデントです。 複数の特許を保有し、新旧技術の交代からビジネス価値を生み出すことに注目しています。

デイヨンは、自ら設立して CEO を務めていた業界大手のナレッジベース企業 InStranet 社が 2008 年にセールスフォース・ドットコムに買収されたため、同社に移籍しました。 InStranet 社設立以前は、Business Objects 社の創設メンバーとして 10 年以上にわたり製品グループを主導しました。

デイヨンはフランスの Ecole Superieure d'Electricite (SUPELEC) で電気工学の修士号を取得しています。

スザンヌ・ディビアンカ
Executive Vice President, Corporate Relations and Chief Philanthropy Officer

Suzanne DiBianca

スザンヌ・ディビアンカは、セールスフォース・ドットコムのコーポレートリレーションズ担当エグゼクティブ・バイスプレジデント 兼 CPO(最高社会貢献事業責任者)です。この職務においてディビアンカは、セールスフォース・ドットコムのすべての社会貢献事業活動、コミュニティリレーション、サステナビリティ(持続可能性)への取り組みなどにおける、関係者向けの戦略を統括しています。 それ以前はセールスフォース・ドットコムファンデーションおよび Salesforce.org の共同創立者であり、プレジデントを務めていました。

ディビアンカの指揮のもと、セールスフォース・ドットコムは企業の統合型社会貢献事業である 1-1-1 モデルの先駆者となり、セールスフォース・ドットコムの資産、製品、社員の時間のそれぞれ 1% をコミュニティに還元する活動を推進してきました。 その結果、セールスフォース・ドットコムの 1-1-1 モデルは企業が果たす社会的責任の成功モデルとして認められ、現在では Pledge 1% を通して数百もの企業がこのモデルを導入しています。

ディビアンカは企業の社会貢献事業のリーダーとして広く認められ、 Inside Philanthropy 誌の「社会貢献事業でもっとも有力な女性 50 人」の 1 人に選ばれており、サンフランシスコビジネスタイムズ誌の「サンフランシスコベイエリアビジネスでもっとも影響力のある女性」に殿堂入りしています。 また現在、Box.org、Classy, Inc、Tides、Twilio.org、World Affairs Council の Global Philanthropy Forum の役員を務め、 以前は Goodwill Industries、San Francisco School Volunteers、Zynga.org の役員も務めていました。

セールスフォース・ドットコムの入社以前は、CSC 社コンサルティング部門の責任者を務め、フォーチュン 500 に名を連ねる数々の企業の合併、買収、テクノロジー導入を主導してきました。 CSC 社以前には、紛争管理、係争処理のトレーニングを世界中で実施する組織、Partners for Democratic Change で、マーケティング責任者とプログラム責任者を務めました。 ディビアンカはコロラド大学ボルダー校を卒業しています。

マーク・ホーキンス
Chief Financial Officer

Mark Hawkins

マーク・ホーキンスは、セールスフォース・ドットコムの最高財務責任者として、グローバル財務組織を統括しています。会長兼 CEO のマーク・ベニオフ直属の執行委員会のメンバーでもあります。

ホーキンスは、30 年以上にわたり、オートデスク社、ロジテック社、デル社、ヒューレットパッカード社をはじめとする世界的なソフトウェアおよびテクノロジー企業で財務組織を率いてきました。

オートデスクでは、2009 年から 2014 年まで CFO 兼エグゼクティブ・バイスプレジデントとして、グローバル財務、情報テクノロジー、および調達の各組織の統括責任者を務めました。 2006 年から 2009 年までは、Logitech International SA で財務・IT 担当最高財務責任者兼シニア・バイスプレジデントの職についていました。

2000 年から 2006 年までは、デルの国際調達・ロジスティクス組織担当バイスプレジデントおよび米国デルの個人用製品部門で財務担当バイスプレジデントを 務めました。 デル入社以前は、約 19 年間ヒューレットパッカードに在籍し、2 年間のヨーロッパ勤務を含むさまざまな財務および業務管理の職につきました。

製造業界向けクラウドベース ERP の大手企業である Plex Systems 社では、取締役を務めました。 コロラド大学で財務分野の経営学修士号を取得。ミシガン州立大学で学士号を取得し、ハーバードビジネススクールの上級マネジメントプログラム(AMP)を修了しています。

バーク・ノートン
Chief Legal Officer & Chief of Corporate and Government Affairs

Burke Norton

バーク・ノートンは、セールスフォース・ドットコムの法務、内部監査、コンプライアンス、および政務の各部門を指揮しています。また、会長兼CEOのマーク・ベニオフ直属の執行委員会のメンバーです。

セールスフォース・ドットコムに入社する前、ノートンはExpediaの取締役副社長兼法務担当役員で、会長室のメンバーでもありました。法務、企業業務、政府関連、企業間取引、コンプライアンス、訴訟、および知的所有権に関わるすべての面の責任者でした。

それ以前は、Wilson Sonsini Goodrich and Rosatiのパートナーで、会社法と証券法を専門にしていました。エンタープライズソフトウェア、通信、半導体、生命科学、エンターテインメント、および電子商取引業界の顧客を担当し、特に複雑な企業間取引に力を入れていました。これには、パブリックエクイティ、プライベートエクイティ、借入金による資金調達、国際的な合併と買収などが含まれます。また、コーポレートガバナンス、規制、知的財産権に関する問題も扱いました。

ノートンはカリフォルニア大学バークレー校ロースクールを卒業しています。

エリザベス・ピンカム
Executive Vice President, Global Real Estate

Elizabeth Pinkham

セールスフォース・ドットコムのエグゼクティブ・バイスプレジデントであるエリザベス・ピンカムは、20 年以上にわたり、数々の優れたブランドサービスを生み出してきました。 ピンカムはセールスフォース・ドットコムのグローバル不動産戦略およびグローバル戦略イベントの責任者であり、Dreamforce、Salesforce World Tours、Salesforce Essentials、Executive Briefing Centers など数々のスポーツ、エンターテイメントイベントを主催しています。

またセールスフォース・ドットコムでの 16 年間という長い経歴において、幅広いブランドサービスやイベントも統括してきました。そのなかには、セールスフォース・ドットコムが 2003 年にサンフランシスコで初めて開催して以来、毎年開催を続けている、Dreamforce イベントの統括も含まれています。このカンファレンスは、2015 年には登録参加者 17 万 2,000 人、オンラインの視聴者 1,100 万人にのぼるまでに成長しています。 セールスフォース・ドットコムの入社以前は、オラクル社とサイベース社でマーケティングを担当してきました。

ピンカムはカリフォルニア大学バークレー校で学士号を取得しており、San Francisco Travel 社の役員を務めています。

Tony Prophet
Chief Equality Officer

Tony Prophet

トニー・プロフェットは、セールスフォース・ドットコムのチーフ・イクオリティ・オフィサーとしてイクオリティ(平等性)に関する取り組みを統括しています。プロフェットは、性別、LGBTQ(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー、ジェンダークィア)および人種間の平等に焦点を置き、セールスフォース・ドットコムがサービスを提供しているコミュニティにおけるダイバーシティの実現を推進しています。セールスフォース・ドットコムのエグゼクティブ・コミッティーのメンバーでもあるプロフェットは、会長兼 CEO のマーク・ベニオフにレポートしています。

セールスフォース・ドットコムに入社する前は Microsoft の教育マーケティング部門のコーポレートバイスプレジデントを務め、Microsoft の教育事業モデル、チャネル、およびマーケット戦略の明確化を進めました。また、Microsoft では「Blacks at Microsoft (BAM)」の共同エグゼクティブスポンサーを務めたほか、黒人マーケターを支援する Microsoft の組織「BlackLight」の初代幹部として活動しました。Microsoft 以前は、HP 社にて、シニアバイスプレジデントとしてプリンティング & パーソナルシステム事業を率いていました。さらに、United Technologies Corporation(UTC) 社や Honeywell 社の経営陣に名を連ねたほか、Booz Allen Hamilton 社のパートナーとしての経験もあります。現在は Gannett 社の取締役と Transformation Committee の会長を兼任しています。

プロフェットはこれまでのキャリアを通じて、人権と社会正義の擁護者としての活動を続けてきました。その活動には、若い労働者の人権保護、新興国の女性労働者へ向けた健康問題に関する教育、移民労働者の子供たちのための学校改善、移住労働者流入の原因究明および対処などが挙げられます。また、サンフランシスコベイエリアの十代の低所得者に大学進学の機会を与える支援活動や、子供たちと HIV 陽性の女性たちのための医療改善支援などを中心に、社会奉仕活動にも積極的に取り組んでいます。

プロフェットは、ケッターリング大学で生産工学の学士号を、スタンフォード大学経営大学院で MBA を取得しています。

シンディ・ロビンス
Executive Vice President, Global Employee Success

Cindy Robbins

シンディ・ロビンスは、セールスフォース・ドットコムのグローバル従業員サクセス担当エグゼクティブ・バイスプレジデントです。セールスフォース・ドットコムは、フォーブス誌の「World’s Most Innovative Company」(世界でもっとも革新的な企業)に選ばれ、フォーチューン誌の「Best Companies to Work」(最高の職場)に 5 年連続でランクインしています。 この職務においてロビンスは、優れた人材の発掘と採用、能力開発、定着に関する業務を統括しています。

ロビンスは、人事分野で 15 年以上の経験を有しています。 セールスフォース・ドットコムの従業員サクセス分野では、これまでにも採用およびグローバルビジネスパートナーの責任者として指導的役割を果たしました。 2006 年にセールスフォース・ドットコムに入社。それ以前は、BEA 社、OpenWave 社、Plumtree Software 社、Excite@Home 社などの大手テクノロジー企業に勤務しました。/p>

ロビンスは、サンタクララ大学で政治学の学士号を取得しています。

エイミー・ウィーバー
President, Legal and General Counsel

エイミー・ウィーバー

エイミー・ウィーバーは、セールスフォース・ドットコムのグローバルリーガル部門責任者です。法律関連の問題に関して、社内の経営陣や役員会にアドバイスを提供しており、 セールスフォース・ドットコムの執行委員会の一員としても活躍しています。

セールスフォース・ドットコム入社前には、Univar 社のエグゼクティブバイスプレジデントと法務責任者を兼任し、法務および会社関連の業務や、企業統治、企業間取引、コンプライアンス、訴訟、雇用法に関する世界中の業務全般を担っていました。また、それ以前には、Expedia 社でシニアバイスプレジデントと副法務責任者を兼任し、Cravath, Swaine & Moore と Perkins Coie では、弁護士として活躍していました。個人開業する前には、香港立法会メンバーの法律秘書と、合衆国連邦巡回区控訴裁判所の事務官を務めた経験もあります。

ウィーバーは、ハーバード大学法学大学院で法務博士号を、ウェルズリー大学では法学士号を取得しています。