セールスフォース・ドットコム、「AppStore」のビジョンを発表

~「AppExchange」における収益モデルを実現~
 
2006年12月13日
株式会社セールスフォース・ドットコム
※ 当資料は、2006年12月12日に米国で発表されたニュースリリースの抄訳版です。
※ 当社は、昨年末のAppExchangeの発表以来、「The Business Web」という概念を提唱してまいりました。今回の「AppStore」の発表は、この「The Business Web」の概念を補完するものとして、従来、当社、ならびに開発パートナー、販売パートナーにとって、どのように収益モデルを実現するかという問いに対す る答えの1つとなる発表です。今後、順 次内容を強化してまいります。
セールスフォース・ドットコム 代表取締役社長 宇陀栄次

● AppStoreで、AppExchangeアプリケーションの試用、購入、利用のための一連の仕組みを提供
● AppStoreにより、開発者およびパートナーは、アプリケーションの市場投入、販売、課金、流通がAppExchange上から直接可能に
● AppStoreにより、Apex及びAppExchangeの価値を高め、オンデマンド・アプリケーションの作成・流通・普及を促進

オンデマンド・ビジネス・サービスのマーケットおよびテクノロジーのリーディングカンパニーである米国セールスフォース・ドットコムは、本日、 「AppStore(アップストア)」のビジョンと、「 AppExchange(アップエクスチェンジ)マーケットプレイス」の収益戦略を発表しました。 ユーザは、「AppExchange」上のオンデマンド・アプリケーションを試用、購入、利 用するための一元的な仕組みとして「AppStore」を利用 することができます。「Apexプログラミング言語」と「Apexプラットフォーム」を活用してアプリケーションを構築した開発者やパートナーは、そ れら のアプリケーションの市場投入、販売、課金、流通など、グローバル展開に「AppStore」を利用可能になります。「AppStore」の提供により、 「Apex」と「AppExchange」の 価値を高め、オンデマンド・アプリケーションの作成、流通、普及を促進します。

セールスフォース・ドットコムの会長 兼 CEOのマーク・ベニオフは、次のように述べています。「『AppStore』を利用することで、ユーザは、iTunesの音楽を購入するのと同じくらい 簡単に、オンデマンド・アプリケーションを購入することができます。また、パートナーは、販売・流通チャネルを構築する労力と費用から解放されることにな ります。当社が、オンデマンド・ア プリケーションのマーケットプレイスに関するビジョンを提唱し始めた時から、“セールスフォース・ドットコムが 『AppExchange』でお金を稼ぐ戦略は?”という質問を受けてきましたが、『 AppStore』が、その答えです」

世界初のオンデマンド・アプリケーションのマーケットプレイスである「AppExchange」は、初年度から大きな成功を収めています。世界57カ国 で、7,400以上のユーザが、「 AppExchange」を通じて20,000以上のアプリケーションを利用しており、CRMアプリケーションにとどま らず、採用、プロジェクト管理、IT、人事、コ ンプライアンスを始めとする企業内のあらゆる業務領域においてオンデマンド・アプリケーションの採用を拡大 し、導入の推進力を強化するとともに、その効果を実証しています。

現在、「AppExchange」上では、230以上のパートナーにより、430以上(日本は60以上)のアプリケーションが提供されています。 「Apexプラットフォーム」を 活用して構築されたこれらのパートナー・アプリケーションは、セールスフォース・ドットコムが提供する一連のオンデマン ド・ビジネス・アプリケーションと元々連携しているので、数 クリックでインストールすることができます。「AppStore」は、企業規模を問わず、パー トナーとユーザにおけるオンデマンド・アプリケーションの流通と利用の加速化、及び円滑化を支援します。

さらに、AppExchangeインキュベーターは、「Apexプラットフォーム」上で製品開発する新規企業の支援や、既存のAppExchangeパー トナーのさらなる拡大をグローバルに支援します。AppExchangeインキュベーター・プログラムには、現在以下の10社が参加しています。 Appirio社、Avankia社、Centive社、C onvenos社、DomoDomain社、InsideView社、 InvisibleCRM社、Right90社、VerticalResponse社、Xactly社。

AppExchangeマーケットプレイスにおける収益モデル
「AppStore」は、収益モデルを実現するための仕組みを提供します。
1. ユーザ・コミュニティの拡大により、さらに多くの開発者やパートナーがこのエコシステムに参加。
2. 「Apexプラットフォーム」および「Apexプログラミング言語」が実現する開発環境が、「AppExchange」上で利用可能なアプリケーションの種類を拡大。
3. アプリケーションの多様化に伴い、既存ユーザの利用範囲が拡大及び新規利用者数の拡大にもつながる。

セールスフォース・ドットコムは、「AppStore」により「AppExchange」の価値を高め、同社の戦略を加速させます。まず、幅広いオンデマ ンド・ア プリケーションが提供されることによって、企業内での利用者と導入部門を拡大し、ユーザ数拡大に臨みます。次に、より多くのオンデマンド・アプリ ケーションが利用され、カスタマイズされるにつれ、最 上級のサービスであるUnlimited Editionのアップグレードへと誘導します。今回の「AppStore紹介プログラム(AppStore Referral Program)」と「 AppStore Checkout(チェックアウト)」は、「AppExchange」における収益モデルの2つの要素となります。

AppStore :パートナー企業の成功を支援するプログラムとサービス
「AppStore」は、販売、マーケティングから手数料サービスに至るまでのすべてをトータルに提供するもので、それによって開発者やパートナーは、 End to Endのビジネスをセールスフォース・ドットコムのユーザ向けに展開できます。また、「AppStore」は、マルチ通貨及び言語での課金・請求・契約更 新を管理でき、営 業の手を必要としないセルフサービス販売モデルを追加することにより、パートナーの「AppExchange」上でのさらなる成功を支援 します。さらに「AppStore」は、パ ートナーの事業目標に沿った異なる収益共有モデルを始めとして、パートナー企業の成功を推進するための一連の完 全なサービスとプログラムを提供します。 

セールスフォース・ドットコムは、商談完了ベースの売上率に応じて「AppStore」を提供します。また、その内容は契約するサービスレベルに応じて変 化します。「AppStore」は、「 AppStore紹介プログラム」と「AppStore Checkout」で構成されており、現在のところ2007年に順次提供開始する予定です。

AppStore紹介プログラム(AppStore Referral Program)
「AppStore 紹介プログラム」は、パートナーのAppExchangeアプリケーション需要を喚起することを目的とした販売促進サービスで、以下の2つのレベルで提供されます。

スタンダード・リファーラル(Standard Referral):
● 「AppExchange」サイトでの検索時及びカテゴリでの優先配置
● セールスフォース・ドットコムの企画するマーケティングプログラムやイベント出展などの優先権
● インキュベーション・センターへの参画
● 売上成立時に10%の紹介料をセールスフォース・ドットコムからパートナーに請求
● 無料プログラム提供開始は2007年1~3月期を予定

プレミアム・リファーラル(Premium Referral):
● スタンダード・リファーラルの利点の全て
● 需要喚起のためのプログラム実施
● ユーザに接するセールスフォース・ドットコム社員への説明会実施
● 「AppExchange」サイトへのプレミアム掲載
● 売上成立時に25%の紹介料をセールスフォース・ドットコムからパートナーに請求
● プログラムおよびサービス開始は2007年7~9月期を予定 

AppStore Checkout
「AppStore Checkout」は開発者およびパートナーの成功を支援するサービスで、特長は以下の通りです。
● オンラインでの注文、請求、課金、料金回収サービスの提供
● 上記の合計請求金額の20%をコミッションとしてセールスフォース・ドットコムからパートナーに請求
● 「AppStore Checkout」は「AppStore紹介プログラム」とは別々に提供され、コミッションも別請求
● プログラムとサービス開始は2007年10~12月期を予定

AppStore:企業のあらゆる部門においてオンデマンドによる成功を促進
「AppStore」を利用することで、ユーザは、パートナー・アプリケーションを「AppExchange」上から直接購入することができます。アプリ ケーションの購入に際し、ベ ンダーとの交渉窓口を一本化し、セールスフォース・ドットコムとパートナーへの支払いをまとめて一括で行うことが可能になりま す。セールスフォース・ドットコムは、ユーザからパートナーへの課金と、パ ートナーへの支払いを一括で管理します。「AppStore」により、セールス フォース・ドットコムは、パートナー・アプリケーションの導入によるユーザの成功拡大を支援します。

価格と供給について
セールスフォース・ドットコムは、商談が成立した売上金額に応じて、パートナーへの「AppStore」環境を提供します。また、その内容は契約するサー ビスレベルに応じて変化します。「 AppStore」は現在、2007年中に順次提供される予定です。スタンダード・リファーラルは2007年1~3月期 に、プレミアム・リファーラルは2007年7~9月期に、「AppStore Checkout」は2007年10~12月期からそれぞれ提供開始予定です。

セールスフォース・ドットコムのアプリケーションを購入する場合は、現在利用可能な機能を基に、購入の意思決定を行うものとします。

ユーザが「AppStore」を利用する際には、追加料金は一切発生しません。

「Apexプラットフォーム」は、これまでは「AppExchangeプラットフォーム」と呼ばれており、すでに利用可能です。以前の発 表通り、「Apexプラットフォーム」の次世代版は、現 在のところ、「Winter’07」のリリースに合わせた提供を予定しています。また、「Apex プログラミング言語」は、現在、2007年前半のリリースを予定しています。

セールスフォース・ドットコムについて

セールスフォース・ドットコムは、世界No.1のCRM(顧客関係管理)およびIntelligent Customer Success Platformを提供し、企業が顧客と新しいカタチでつながることを支援します。詳細は、http://www.salesforce.com/jp/ をご覧ください。

本リリースおよび他のリリースや発表などで言及している今後提供予定のサービスや機能は、現在のところ利用できません。 サービスおよび機能の提供開始日は事前の予告なく延期または中止される可能性があります。セールスフォース・ドットコムのアプリケーションを購入する場合は、現在利用可能な機能を基に、購入の意思決定を行うものとします。 セールスフォース・ドットコムは、本社をサンフランシスコに置き、ヨーロッパならびにアジアでも事業を展開しています。同社は、ニューヨーク証券取引所に上場しており、ティッカーシンボルCRMで取引されています。

© 2017 salesforce.com, all right reserved. Salesforce、Salesforce1、Heroku、その他はsalesforce.comの商標です。 本プレスリリースに記載されているその他の商標は各社に属します。