セールスフォース・ドットコム、「Apexコード ・プレビュー・プログラム」を発表~世界初のオンデマンド・プログラミング言語に世界中の開発者がアクセス可能~

2007年1月18日
株式会社セールスフォース・ドットコム

「Apexコード」により、セールスフォース・ド ットコムのマルチテナント・サ ービス上で実行できる
アプリケーションやコンポーネントのプログラムが可能に

「Apexツールキット for Eclipse」「AJAX ツールキット」を含む開発リソースを提供開始

オンデマンド・ビジネス・サービスのマーケットおよびテクノロジーのリーディングカンパニーであるセールスフォース・ドットコムは、本日、世界初のオンデマンド・プログラミング言語「 Apex ( エイペックス)コ ード」が利用可能になったことを発表しました。「 Apexコード 」は、本日より開発者向けにプレビュー・リリースとして提供され、開発者は「 Apex言語 」の機能、コードの書き方、ア プリケーションの設計・作 成方法に関するフィードバックを行うことができます。セールスフォース・ドットコムのすべてのユーザに対するベータ版の提供開始は、2007年後半を予定しています。「 Apexコード 」は、「 AppExchange (アップエクスチェンジ)」上で利用できるアプリケーションを大幅に拡大し、すべてのエンタープライズ・ア プリケーションをオンデマンドで提供することが可能になります。「 Apexコード・プレビュー・プログラム 」は、以下のサイトから登録を行うことで利用できます。 http://developer.appexchange.com

セールスフォース・ドットコムの会長 兼 CEOのマーク・ベニオフは、次のように述べています。「セールスフォース・ドットコムは、無 限のイノベーションをオンデマンドで可能にするプログラミング言語をリリースしました。『Apexコード』と『Apexプラットフォーム』で作成されたすべてのコンポーネントおよびアプリケーションは、セ ールスフォース・ドットコムの『AppExchange』を通じて共有でき、『Apex』がもたらすすべてのイノベーションが、オンデマンド・コミュニティ全体に利益をもたらします。『AppExchange』経 由で利用できるApexアプリケーションにより、ユーザは、広範囲な選択肢と自由度を持つビジネスWeb上のオンデマンド・アプリケーションから大きな利益を享受することができます。また、セールスフォース・ド ットコムのコミュニティがオンデマンドで本当に何が可能かを実証していくにつれて、大きな興奮と驚嘆を覚えることになるでしょう」

ApexプラットフォームおよびApexコード
「Salesforce Winter ’07」と同時発表した「Apexプラットフォーム」は、データ管理オブジェクトの作成、ワークフロー・エンジン、ユーザインターフェースの生成、プ ログラムからのアクセスを可能とするインテグレーション用のWebサービスAPIなど、ビジネス・アプリケーション作成に必要とされる機能を提供します。「Apex WebサービスAPI」は、世 界で最も利用されているエンタープライズWebサービスAPIの1つです。セールスフォース・ドットコムの2007年度第3四半期(2006年8月~10月)における37億トランザクションの50%以上が「 Apex WebサービスAPI」経由で行われました。

「Apexコード」は、世界初のオンデマンド・プログラミング言語で、「Apexプラットフォーム」の新しい要素の1つです。「Apexコード」は、セールスフォース・ド ットコムのサーバ上で実行されるプログラムを可能とし、Apexプラットフォームの強力かつ実証された機能を拡張するものです。「Apexコード」は、完 全にオンデマンドで利用可能な新しいアプリケーションや機能の開発を可能にします。また、データ検証などのビジネス・ロジックやルールにより、既存の「 Salesforce 」上 のアプリケーションをより高度化し、さらに、複雑な在庫管理や受注管理など、全く新しい種類のアプリケーションを構築することも可能になります。

開発者は「Apexコード」を利用して、既存のセールスフォース・ドットコムのカスタマイズや修正、トリガーやストアードプロシージャの作成、複雑なビジネス・ロ ジックの構築および実行までのすべてを行い、セールスフォース・ドットコムのマルチテント・サービス上で実行することができます。「Apex」は、セキュアで利便性の高いJavaに似た開発言語であり、す べてのJavaプログラマーがすぐにマスターできるものです。「Apexコード」を用いて開発されたすべてのコードは、Webサービスとして利用可能にすることができ、標 準のSOAPやXMLを用いてアクセスすることができます。「Apexコード」の特長と機能は以下の通りです。

・ Apexコードおよびイベント・モデル
「Apexコード」は、プラットフォームの実行コードと組み合わせることができ、開発者がアプリケーション上で細かいコントロールを行うことを可能にします。開発者は、「Apexコード」を利用し、独 自のビジネス要件に合わせて「Salesforce」のコア機能をカスタマイズできます。また、キャンペーン、ケース、商談といった「Salesforce」の あらゆるコンポーネントに対するプログラムだけでなく、全く新しいコンポーネントの開発も可能になります。
・ トランザクション・コントロール
「Apexコード」は、「Salesforce」のデータと密接に連携しており、開発者はアプリケーションにトランザクション機能を容易に追加することができます。例えば、あ るユーザが参照しようとしているフィールドを、別のユーザが削除しようとしている場合、システムはそのコンフリクトを検知します。また、特 に複数のオブジェクトを処理する際に重要となるデータのコミット機能やロールバック機能も提供します。
・ パーケッジング、再利用、Webサービス
「Apexコード」は、Javaと似たパッケージング・モデルを使っています。再利用可能なコードのパッケージは、相互に、またはトリガーで呼び出すことが可能です。さらに、パ ッケージに定義されたあらゆるメソッドは、Webサービスとして公開可能で、これにより、WebサービスAPI経由または「AJAXツールキット」からダイレクトに呼び出し可能です。
・ パフォーマンス、拡張性、アップグレード
「Apexコード」は、オンデマンドで動作するため、セールスフォース・ドットコムの最先端サービスの拡張性、信頼性、可用性が保証されています。一 度のコールで複数のオブジェクトから情報を取得できるため、プログラムは、より高速に実行されます。「Salesforce」および「Apexコード」の新バージョンが発表された場合も、コ ードが使えなくなることはありません。旧バージョンとの互換性は、セールスフォース・ドットコムが保証するため、コードは、修正なしに使用することができます。
・ ApexコードおよびAppExchange
Apexコードは、カスタム・オブジェクト、カスタムS-コントロール、その他のプラットフォーム機能と共にパッケージすることが可能であり、開発者は、「Apexコード」に より開発したアプリケーションを、「AppExchange」を通じて公開できます。

ApexツールキットおよびApex開発者ネットワーク(ADN)のリソース
セールスフォース・ドットコムは、「Apex」を用いたアプリケーション開発を促進するため、AJAXとEclipse向けの新しい「Apex開発者ツールキット」、W ikiベースの開発者向けサイト「Apexデベロッパー・ネットワーク(ADN)」( http://developer.appexchange.com)を 始めとした開発者向けのリソースを提供しています。A DNは、「Apexプログラミング言語」を用いた「AppExchange」向けのアプリケーションの開発を促進するためのコミュニティ、ツール、リ ソースを提供します。現在、世界中の開発者が、W ebブラウザとインターネット接続によるアクセス環境だけで、世界で最も普及しているマルチテナント・プラットフォームを利用して、新 しいアプリケーションやマッシュアップを開発できます。開発者は、AJAX、J ava、.NET、PHPを始めとした開発言語のためのツールキットとリソースを用いて、他 のWebサービスと連携させた新しいビジネス・マッシュアップを開発し、これによって開発者、ISV( 独立系ソフトウェア・ベンダー)、IT企業はビジネスWebを容易に強化することができます。

・ Apexツールキット for Eclipse
「Apexツールキット for Eclipse」は、Eclipseの開発プラットフォーム上に構築されており、Eclipseを従来のソフトウェア開発手法を超えて拡張させ、開発者に「 Apexコード」を作成するための堅固な開発およびデバッグ環境を提供します。このツールキットを用いて、開発者は、「Apex」データモデルおよびオブジェクトに直接アクセスし、「Apex」が ネイティブで持っているWeb機能を拡張して「Apex AJAXツールキット」を利用したアプリケーションやマッシュアップの開発およびデバッグを行うことができます。
・ AJAXツールキット
「AJAXツールキット」は、「Salesforce」とGoogle MapsやSkypeのVOIPサービスといった他のシステム間とのマッシュアップの作成を可能にします。この「 AJAXツールキット」は、新しい「Apex API機能」をサポートし、他のAJAXフレームワークと統合し、これまで以上の高速性と即応性を提供するようアップデートされています。
・  開発者向けApex Wiki
開発者向けWikiは、「Apexデベロッパー・ネットワーク(ADN)」の一部として、新たに提供するもので、説明資料、デモ、サンプルコード、ツールを以下のWebサイトで提供します。こ れよってADNコミュニティのメンバーは、「Apexコード」を用いたアプリケーションの開発に必要なリソースを取得するとともに、サンプルコードや開発例を提供してコミュニティに貢献することもできます。
http://developer.appexchange.com
・ 解説書『AppExchangeアプリケーションの開発』(英語版)の提供
セールスフォース・ドットコムの技術者と開発チームの著作による解説書です。本書は、アプリケーション開発のプロセスを大まかに示しており、オ ンデマンド開発モデルを用いて生産性のあるアプリケーションをいかに迅速に開発できるかを紹介しています。また、「Apex WebサービスAPI」の紹介、コンポジット・ア プリケーションやマッシュアップ作成のためのノウハウの解説も含まれます。コードサンプルと「Apexプログラミング言語」も紹介しています。本書は、以下のWebサイトから入手できます。
http://developer.appexchange.com
・ 無料のDeveloper Edition
これらのツールキットやオンデマンド・プラットフォームの利用に関心のある開発者は、以下のWebサイトから登録することで無料のDeveloper Editionを利用できます。
http://developer.appexchange.com

AppExchangeについて
「AppExchange」は、世界初のオンデマンド・ディレクトリです。現在、全世界で500以上(日本では60以上)のアプリケーションが利用可能で、こ れまでに185,000回のテストドライブが行われ、7,500のユーザにより、20,000以上のアプリケーションのインストールが行われています。
http://www.salesforce.com/jp/appexchange/

Apexの提供について
「Apexプラットフォーム」は、本日より利用可能です。「Apexプログラミング言語」は、開発者プレビューが本日より利用可能で、一般ユーザ向けとしては、現 在のところ2007年後半からベータ版の提供開始を予定しています。

セールスフォース・ドットコムについて

グローバルでCRMをリードするセールスフォース・ドットコムは、企業が顧客と新しいカタチでつながることを支援します。詳細は、http://www.salesforce.com/jp/ をご覧ください。

本リリースおよび他のリリースや発表などで言及している今後提供予定のサービスや機能は、現在のところ利用できません。 サービスおよび機能の提供開始日は事前の予告なく延期または中止される可能性があります。セールスフォース・ドットコムのアプリケーションを購入する場合は、現在利用可能な機能を基に、購入の意思決定を行うものとします。 セールスフォース・ドットコムは、本社をサンフランシスコに置き、ヨーロッパならびにアジアでも事業を展開しています。同社は、ニューヨーク証券取引所に上場しており、ティッカーシンボルCRMで取引されています。

© 2017 salesforce.com, all right reserved. Salesforce、Salesforce1、Heroku、その他はsalesforce.comの商標です。 本プレスリリースに記載されているその他の商標は各社に属します。