「Salesforce」の顧客情報からセキュアなドキュメント配信を実現する「@Tovas for AppExchange」を発表

2007年4月19日
株式会社セールスフォース・ドットコム
コクヨ株式会社

 

~ SalesforceとコクヨのFAX・セキュアファイル送信サービスとの連携で
フロントオフィス機能強化を実現 ~

~ 社外との文書交換におけるコンプライアンス確保を支援~

オンデマンド・ビジネス・サービスのマーケットおよびテクノロジーのリーディングカンパニーである株式会社セールスフォース・ドットコム(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 宇陀 栄次、以下 セールスフォース・ドットコム)と情報トレーサビリティサービス(※)を提供するコクヨ株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長 黒田 章裕、以下コクヨ)は、本日、オンデマンドCRM「Salesforce」の 顧客情報からセキュアなドキュメント配信を可能にする「 @Tovas(あっととばす) for AppExchange 」を発表しました。「 @Tovas for AppExchange 」は、オ ンデマンド・プ ラットフォーム「Apex(エイペックス)プラットフォーム」上に構築されたAppExchange(アップエクスチェンジ)アプリケーションで、以下のサイトから本日より利用可能です。 www.salesforce.com/jp/appexchange

「 @Tovas for AppExchange 」は、SaaS / オンデマンドサービス同士の連携で、追加の機器や設備をまったく必要とせず、両 社のサービスを組み合わせた利用が可能となります。同サービスを利用することで、「Salesforce」で管理されている顧客情報から、「ペーパレスでのFAX送信」、「 セキュアな環境下での電子文書送達および回収」が実現されます。「@Tovas」は、タイムスタンプサービス、電子公証サービスとも自動連携しており、社 外への文書の流通情報を改ざんできない状態で記録できます。従来の電子メールでは実現できないセキュリティの確保と受信確認を含む送達事実の管理が、金融商品取引法(日本版SOX法)や 内部統制における監査証跡の正しさの確保につながります。また、現場業務においては、フロントオフィス機能が強化されることにより、業務の効率化だけにとどまらず、サービス品質の向上が実現され、リ スクコンプライアンスの向上にもつながります。

「 @Tovas for AppExchange 」の利用料は、1,050円~(税込み、月額1ユーザ)で、各種オプションサービス(基幹システム連携、往復便(双方向)、セキュアード( 電子公証)、暗号化、自動送信、郵送代行など、それぞれ有料)も提供します。

ApexおよびAppExchangeについて
「 Apex 」は、次世代のビジネスアプリケーション向けのオンデマンド・プラットフォームです。従来のカスタマイズやインテグレーションの手法を刷新し、CRMにこだわらず、全 く新しいオンデマンド・アプリケーションを実現します。 すべての「Apex」コンポーネントおよびアプリケーションは、「AppExchange」を通じて、共有、交換、インストールを容易に行うことができ、「 Apex」による革新がオンデマンド・コミュニティ全体に大きな利益をもたらします。

「@Tovas for AppExchange」は、世界初のオンデマンド・アプリケーション・デイレクトリ「AppExchange」から利用できます。「 AppExchange 」上では、現 在、日本で70以上、全世界では550以上におよぶアプリケーションが提供されています。「 AppExchange 」についての詳細は、以下のWebサイトをご覧ください。 www.salesforce.com/jp/appexchange

「Apexプラットフォーム」は、現在利用可能です。「Apexプログラミング言語」は、開発者プレビューが現在利用可能で、一般ユーザ向けとしては、2 007年後半からベータ版の提供開始を予定しています。

コクヨ株式会社 サポート担当 大橋 文江は次のように述べています。
「当社でSalesforceを使いはじめ、実際に“あったらいいな”と思った機能を形にしたのが今回の@Tovas for AppExchangeです。Apexにより、世 界最大のオンデマンドCRMであるSalesforceとの連携が実現したことで、顧客管理だけでなく、ユーザ・サポート業務や見込み顧客管理、また集客活動などあらゆる業務がスムーズになりました。セ ールスフォース・ドットコムと当社のサービスのシナジー効果により『顧客フロントツール』の強化が実現され、両社の利用者であるお客様にさらなる成功をもたらすことを確信しています」

※情報トレーサビリティ:
企業間における「情報と伝達」に対し、その事実追跡管理や第三者送達証明を可能とする機能

【コクヨ株式会社について】
コクヨ株式会社は、明治38年の創業以来、文房具・事務用品の総合メーカーとしてさまざまなお客様に快適なオフィス支援サービスを提供しております。快 適で能率の高いワークスタイルを常に考える中で、平成16年より@Tovas(あっととばす)のサービス提供を開始いたしました。@Tovasとは、ビジネス電子文書の流通・交換を通じて快活・確実・安 全なオフィスワークの実現を目指したオンデマンド型のサービスです。利用するユーザはハードやソフトを購入する必要なく、契約後からサーバー機能を利用することができます。これにより、パ ソコンで作成したデータを、高品質なFAXとして直接ペーパレス送信することや、重要かつ大容量データの受け渡しをセキュリティが確保された状態で行うことが可能になります。且つそれらについての、「 情報トレーサビリティ(=情報の授受に関する足跡管理)」の確保がわかりやすく実装されており、@Tovas空間を経由して送受信された伝達事実(いつ、誰が、何を、どのように送ったか、そ れは受信されたかどうか)が、第三者機関での電子公証対象として証明可能になっています。すでに2007年3月現在で180社以上(利用者数3,000人以上)の企業が契約・利用しています。詳しい情報は、 http://www.attovas.com/をご覧ください。

【 一般の方のお問合せ先 】
コクヨ株式会社
RDIセンター@Tovas事業部 TEL:0120-594-550  E-mail: info@attovas.com
URL: http://www.attovas.com/

【 報道関係の方のお問合せ先 】
コクヨ株式会社
コクヨグループ広報担当(東京) TEL03-3474-6324 (平岩、奥山)
コクヨグループ広報担当(大阪) TEL06-6976-1277 (竹房、手塚)
RDIセンター@Tovas事業部 山崎篤 TEL: 03-3474-6497 E-mail: info@attovas.com

セールスフォース・ドットコムについて

セールスフォース・ドットコムは、世界No.1のCRM(顧客関係管理)およびIntelligent Customer Success Platformを提供し、企業が顧客と新しいカタチでつながることを支援します。詳細は、http://www.salesforce.com/jp/ をご覧ください。

本リリースおよび他のリリースや発表などで言及している今後提供予定のサービスや機能は、現在のところ利用できません。 サービスおよび機能の提供開始日は事前の予告なく延期または中止される可能性があります。セールスフォース・ドットコムのアプリケーションを購入する場合は、現在利用可能な機能を基に、購入の意思決定を行うものとします。 セールスフォース・ドットコムは、本社をサンフランシスコに置き、ヨーロッパならびにアジアでも事業を展開しています。同社は、ニューヨーク証券取引所に上場しており、ティッカーシンボルCRMで取引されています。

© 2017 salesforce.com, all right reserved. Salesforce、Salesforce1、Heroku、その他はsalesforce.comの商標です。 本プレスリリースに記載されているその他の商標は各社に属します。