セールスフォース・ドットコム ファンデーション、「Earth Day (地球の日)」を記念し、 異常気象に立ち向かう活動を支援

2007年4月23日
株式会社セールスフォース・ドットコム

 

~ セールスフォース・ドットコム ファンデーション、Earthforceへの取り組みを
セールスフォース・ドットコムのスタッフやコミュニティ、非営利環境保護団体にまで拡大 ~

オンデマンド・ビジネス・サービスのマーケットおよびテクノロジーのリーディングカンパニーであるセールスフォース・ドットコムおよびセールスフォース・ドットコム ファンデーションは本日、環 境汚染から地球を守る日として1970年に制定された「 地球の日 」(4月22日)を記念し、地球との“一体化”を目指す活動を、セールスフォース・ドットコムのスタッフやコミュニティ、非 営利環境保護団体へと、こ れまで以上に拡大したことを発表しました。地球の日を記念して行われるすべての活動は、セールスフォース・ドットコム ファンデーションの独自の1/1/1/1モデル( 労働時間の1%、株式の1%、製 品の1%を非営利団体に提供すること、地球とファンデーションの“一体化” )の一環となるものです。これらの活動は、30名以上で編成されたセールスフォース・ド ットコムのグローバル・スタッフ・チ ームによるもので、今後のセールスフォース・ドットコムの環境保護プログラムおよび行動細目の定義、バイオディーゼルを使ったシャトルバスの提案、環 境保護団体への技術的支援、全 世界にわたる地球に優しいボランティア活動などが含まれています。

セールスフォース・ドットコム ファンデーションのエグゼクティブ・ディレクター、スザンヌ・ディビアンカは次のように述べています。 「 今年1月のEarthforce発表以来、環 境保護に焦点を当てた数多くの新しいプロジェクトとともに地球の日を迎えられたことを大変嬉しく思います。 Sustainability Councilの発足により、私たちセールスフォース・ドットコム ファンデーションは、セールスフォース・ドットコムのスタッフの協力の下、すべてのビジネス活動をチェックし、企業として二酸化炭素排出を減らすためにはどうすれば良いのかを確認していけるようになります。  また、当 社が世界中に展開しているオフィスでは、毎日を“地球の日”として日常生活の中で環境保護活動を実践し、“地球の日”活動の認知を高め、参加を促すことも非常に重要な意味を持っていると思っています」

Sustainability Council
今週セールスフォース・ドットコム ファンデーションは、セールスフォース・ドットコムをより環境重視型の企業へと変えていくことを目標に世界中のセールスフォース・ド ットコムのスタッフで構成された評議会「Sustainability Council」を正式に発足させました。この評議会を通じ、セールスフォース・ドットコム ファンデーションはセールスフォース・ド ットコムが二酸化炭素の排出量を減らすとともにより多くの資源をリサイクルしていけるようにするための取り組みを定義していきます。これらの取り組みは、テクノロジー ハードウェアやその他の設備機器のリサイクルを推進するための正式なプログラムへの参加から再生紙および大豆インキの利用促進、また各種設備における就業時間外の電気利用のチェックまで、あ らゆる分野を網羅しています。

バイオディーゼル シャトル
年初のサンマテオ オフィス開設以来(米カリフォルニア州)、セールスフォース・ド ットコムは同オフィスとサンフランシスコの本社を行き来するスタッフの交通手段を探していましたが、今回セールスフォース・ドットコム ファンデーションはバイオディーゼル シャトルバスの利用プランを提案しました。バイオディーゼルは植物油から作られる毒性のないカーボン ニュートラルな燃料で、あ らゆるディーゼルエンジンで使うことができます。

環境保護団体への技術支援
セールスフォース・ドットコムはGlobal Footprint Network、Crater Lake NP、Rare Conservationをはじめ、世 界中で20を超える環境保護団体に自社のアプリケーションを寄付し、活動の効果的な管理を支援しています。たとえば、個人および企業が金銭とエネルギーを節約し、環 境保護持続可能エネルギーへの取り組みに重点を置き活動する組織、“San Francisco Community Power”は、顧客とのライフラインとしての「Salesforce」を1年以上利用、今 では非常に重要な役割を果たしています。また、環境保護団体の活動推進を支援するテクノロジーを10年以上にわたって提供しているONE/Northwestは、昨年度寄付された「Salesforce」を 活用し、環境保護団体の生産性向上と活動範囲の拡大を支援しています。

ONE/NorthwestのSteve Andersen氏は次のように述べています。 「今日、環 境保護団体は重要な意思決定者や社会全体との関わりを強くすることによって大きな変化を遂げました。このような環境において各団体は、S alesforceによって支援者とのコミュニケーションのあらゆる局面をトラッキングし、詳細な履歴を管理しています。Salesforceを活用するとともにセールスフォース・ドットコム ファンデーションの支援を受けることで、各団体はより効果的に社会と関わり合えるようになり、結果としてよりスピーディに環境へプラスの変化をもたらすことができるようになるでしょう」 

世界規模のボランティア活動
2007会計年度(2006年2月1日~2007年1月31日)にセールスフォース・ドットコムのスタッフがボランティア活動に費やした20,000時間以上のうち、数 百時間は環境保護運動に向けられたものです。地球の日である4月22日を挟んだ数日間、セールスフォース・ドットコムのスタッフはクリシー フィールドやプレシディオ、オーシャンビーチ、ア ルカトラズなどサンフランシスコの著名な景勝地・観光地でボランティア活動を行っています。

セールスフォース・ドットコム ファンデーションは全世界で活動しており、世界各国のセールスフォース・ドットコムのスタッフも、Plant a Tree Foundation(タイ)、C lean-up the Broadmeadow Estuary(アイルランド)、Conservation Volunteers(イギリス)などの団体の活動にボランティアとして参加します。

セールスフォース・ドットコムについて

グローバルでCRMをリードするセールスフォース・ドットコムは、企業が顧客と新しいカタチでつながることを支援します。詳細は、http://www.salesforce.com/jp/ をご覧ください。

本リリースおよび他のリリースや発表などで言及している今後提供予定のサービスや機能は、現在のところ利用できません。 サービスおよび機能の提供開始日は事前の予告なく延期または中止される可能性があります。セールスフォース・ドットコムのアプリケーションを購入する場合は、現在利用可能な機能を基に、購入の意思決定を行うものとします。 セールスフォース・ドットコムは、本社をサンフランシスコに置き、ヨーロッパならびにアジアでも事業を展開しています。同社は、ニューヨーク証券取引所に上場しており、ティッカーシンボルCRMで取引されています。

© 2017 salesforce.com, all right reserved. Salesforce、Salesforce1、Heroku、その他はsalesforce.comの商標です。 本プレスリリースに記載されているその他の商標は各社に属します。