国連WFP協会、「Salesforce」導入により企業・団体からの寄付件数約64%、寄付金総額約37%増を実現

2007年7月12日
株式会社セールスフォース・ドットコム

非営利団体に製品を無償提供するセールスフォース・ドットコムの社会貢献プログラムを活用

事務局運営を大幅に効率化、業務拡大を実現
オンデマンド・ビジネス・サービスのマーケットおよびテクノロジーのリーディングカンパニーである株式会社セールスフォース・ドットコム(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 宇陀 栄次、以下 セールスフォース・ドットコム)は、WFP国連世界食糧計画を支援するNPO法人で、日本における民間協力の窓口である国際連合世界食糧計画WFP協会(事務局:横浜市西区、会長 丹羽 宇一郎、以下 国連WFP協会)が、同協会の寄付金・会費管理はじめ管理業務にオンデマンドCRM「Salesforce」を導入したことにより、事務局運営を大幅に効率化し、寄付件数と寄付総額が増加したことを発表します。

国連WFP協会は、日本国内において世界の飢餓問題や食糧援助活動に関する情報発信を行い、多くの人々が簡単に参加できる支援の方法と機会を広く提供、日 本国内からの物心両面の貢献を高めることを目的として活動しています。同協会は、十数人の事務局運営スタッフが寄付金・会費の管理や情報発信などを行い、エキスペリエンツ・ボランティア(以下EV)と よばれる企業を退職したシニアボランティアが企業・団体との協働の橋渡し役を行うことによって運営されています。

国連WFP協会では、寄付者や会員の管理や入金管理、寄付を働きかけるEVの活動管理などの事務局運営において、非営利団体にオンデマンドCRM「Salesforce」の ライセンスを無償提供するセールスフォース・ドットコムの社会貢献プログラムを活用して「Salesforce」を導入しました。これにより事務局運営が大幅に効率化され、活動範囲の拡大が可能になり、2 006年には寄付件数が前年比で約64%増加したほか、寄付金総額も約37%増加しました。

以前は寄付者や会員、寄付金の入金の情報を「Access」を使って1台のPCで管理していたため、寄付者からの入金状況確認などについては1名しか担当できず、問 い合わせ対応に時間がかかっていました。入力作業も1名しか担当することができないため、1日に処理できる件数やタイミングに限界があり、寄付者へのお礼や領収書発行を迅速に行うことが困難でした。

こうした課題を解決するため、同協会では、データベースとのシステム統合を目的とした新たな社内システム構築の検討を開始しました。その課程でセールスフォース・ド ットコムが社会貢献の一環として非営利団体にオンデマンドCRM「Salesforce」のライセンスを提供していることを知り、2005年8月から無料トライアルサービスを利用開始しました。その後、「 Salesforce」のカスタマイズの柔軟性、利便性、セキュリティレベルの高さなどを評価し、2006年1月より本格的に「Salesforce」を導入しました。

その結果、これまで1名で行っていた入力作業が複数名でも担当できるようになり、作業効率が大幅に向上したほか、寄付者からの問い合わせ情報にも迅速に対応できるようになりました。また、これまで「 Excel」で管理していたWFPの募金箱やパネルの貸し出し管理も容易になりました。

また、国連WFP協会は、「Salesforce」導入と時期を同じくしてEV制度を発足させました。企 業を退職した海外経験豊富なシニアボランティアが豊富な経験と人脈を生かして活動することにより、企業・団体に対してきめ細かなフォローを行います。EVスタッフは自宅を拠点に活動するため、企業・団 体訪問時に使用する資料の管理を「Salesforce」で一元管理し、活動履歴などの情報共有も「Salesforce」で行い、効率的に活動できるようになりました。

このようなさまざまな業務効率向上の相乗効果により、2006年には寄付件数は前年比約64%増、寄付総額は37%増加しています。

国連WFP協会、企画・財務担当の石川 莉紗子(りさこ) 氏は次のように述べています。「 当協会は日本国内の寄付窓口を担い、寄付関連情報の入力から、その後の領収書の発行・発 送などを実施します。こうした作業を迅速かつ正確に実施することは極めて重要であり、それは継続的寄付につながります。以前、いただいたご寄付へのフォローが充分でないと問題が指摘された時期があり、そ の解決策として、Salesforceを導入しました。導入後は、事務局業務が大幅に効率化され、スタッフの生産性が高まりました。EVスタッフの業務効率も向上し、組織全体の活発な募金活動が可能になり、寄 付件数の増加、寄付金額の増加につながっています 」

【セールスフォース・ドットコム ファンデーションについて】
セールスフォース・ドットコム ファンデーションの使命は、1/1/1/1モデル(就業時間の1%、 株式の1%、 製品の1%、 地球との一体化)の草分けとして社会貢献活動を広く行い、こ のモデルを普及させ、世界中の人々の生活をより良くするために活用し続けることです。当社の社員と製品の力により、地域社会をよりよくし、青少年の成長を支援し、緊急発生時には国境を越えて支援を行い、思 いやりのある世界を作っていきます。私たちはこれを「The Power of Us」と呼んでいます。

私たちは、IT技術を利用した社会貢献活動、特に、青少年育成プログラムに取り組む団体への支援に力を注いでいます。世界中にITセンターを設立し、I Tに触れる機会に恵まれない青少年に教育の機会を与えています。2007年7月以来、セールスフォース・ドットコムの社員は、ボランティア活動に50,000時間以上を費やし、青少年の教育支援、非 営利団体の活動支援、大規模な自然災害発生時の国際援助活動などに取り組んでいます。また、非営利団体に対して助成金による経済的支援を行っています。

【国連WFP協会について】
国連WFP協会は、国連唯一の食糧支援機関であり、かつ世界最大の人道支援機関、WFP 国連世界食糧計画をサポートし、日本での民間協力の窓口として広報・啓蒙活動、募 金活動を実施する認定NPO法人です。1999年1月 任意団体「日本WFP友好協会」として設立され、2005年8月 認定NPO法人認可されました。国連WFP協会は、世 界平和を希求し世界の飢餓撲滅を使命とするWFP 国連世界食糧計画の理念と活動を日本において普及し啓発することにより、日本社会から物心両面の貢献をすることを目的としています。詳細は、 http://www.jawfp.org をご覧ください。

セールスフォース・ドットコムについて

グローバルでCRMをリードするセールスフォース・ドットコムは、企業が顧客と新しいカタチでつながることを支援します。詳細は、http://www.salesforce.com/jp/ をご覧ください。

本リリースおよび他のリリースや発表などで言及している今後提供予定のサービスや機能は、現在のところ利用できません。 サービスおよび機能の提供開始日は事前の予告なく延期または中止される可能性があります。セールスフォース・ドットコムのアプリケーションを購入する場合は、現在利用可能な機能を基に、購入の意思決定を行うものとします。 セールスフォース・ドットコムは、本社をサンフランシスコに置き、ヨーロッパならびにアジアでも事業を展開しています。同社は、ニューヨーク証券取引所に上場しており、ティッカーシンボルCRMで取引されています。

© 2017 salesforce.com, all right reserved. Salesforce、Salesforce1、Heroku、その他はsalesforce.comの商標です。 本プレスリリースに記載されているその他の商標は各社に属します。