小田急電鉄、Force.comプラットフォームで保険管理システムを構築

2007年11月2日
株式会社セールスフォース・ドットコム

- CRM機能を使わず独自のアプリケーション活用を目的に導入、
パッケージソフトの半分以下の開発期間と費用で実現 -

オンデマンド・ビジネス・サービスのマーケットおよびテクノロジーのリーダーである株式会社セールスフォース・ドットコム(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:宇陀 栄次)は、小田急電鉄株式会社(本社:東 京都新宿区、取締役社長:大須賀 賴彦)が、オンデマンド・プラットフォーム「Force.com」を活用し、車輌等の保険管理システムを構築したことを発表します。

小田急電鉄は、車輌、鉄道設備、信号機、券売機、建物などの各種資産等に対して合計3,000件に上る損害保険を掛けています。従来は、これらの保険を複数のExcelシートで管理していたため、共 有が図れていませんでした。また、その管理に時間が掛かり、複数の保険を掛けている資産については、それらの保険が本当に適正なものかの精査に手間取るという課題も発生していました。 保険の多くは1年契約ですが、事故や破損などがあった際は、保険金請求までの期間が1年以上の長期間におよぶこともあります。そのため、過去の保険契約の詳細を、必 要な時に迅速に参照できるように整理しておくことも重要な課題でした。

小田急電鉄では、煩雑な業務運用の体制を見直し、これらの業務を効率化することを目的に、新システムの導入を検討開始しました。複数のシステムを比較した結果、CRM業務での活用ではないものの、費 用面や開発期間、またSaaS型のプラットフォームが最適と判断し、導入を決定しました。

開発においては、「Force.com」上に資産管理、保険台帳管理、保険明細管理のための各アプリケーションを構築し、それぞれを連携して管理できるようにしました。また、入 力のフロントシステムには使い慣れたExcelを用いたいという要望があったため、Excelと「Force.com」上のアプリケーションをAPI経由で連携するなどの開発を行いました。 「 Force.com」でシステムを構築し直したことで、現状の資産とそれに付保している保険明細を簡単に抽出できるようになりました。これにより現状把握が簡単にできるようになり、保険の付保・更 新時に実施する資産状況の調査も短時間で行えるようになりました。

また、同社は、1年契約で支払った金額を、毎月各部署に振り替えて経費処理しています。従来は、この会計処理のための振替伝票を手作業で発行しており、発 行作業の際は1日に数百枚という伝票処理が発生し、その作業は数日におよんでいました。今回、この保険金額の残高も「Force.com」上で管理し、会計システムと連携させ電子化したことで、作 業の処理期間が10分の1に大幅短縮されました。

小田急電鉄では、「Force.com」のオンデマンドによる柔軟性やカスタマイズの容易性を活かし、今後、他の業務システムも構築していく予定です。

小田急電鉄株式会社 管財部 課長代理の藤澤 伸次 氏は、次のように述べています。「当初、パッケージソフトを使った構築も検討していましたが、セールスフォース・ド ットコムのプラットフォームでは、3分の1の費用、半分以下の開発期間で実現することができました。新たに構築したこのシステムでは、各資産にひもづく保険契約が細かく見られるようになりました。今後は、事 故発生時から保険請求までの経緯も記録し、固定資産と連携した管理を行っていきたいと思っています」

Force.comプラットフォームとAppExchangeについて
「Force.com」は、そのPlatform-as-a-Serviceモデルにより、あらゆるビジネス・アプリケーションの開発・導入・展開における従来の概念を刷新します。「 Force.com」によって、開発者、ユーザおよびパートナーは新世代のオンデマンド・アプリケーションを簡単に開発し、サービスとして全世界に展開することが可能になります。さらに、開 発されたアプリケーションは、セールスフォース・ドットコムの「AppExchange」マーケットプレイスを通じて、簡単なマウス操作だけで共有・交換・インストールすることができます。「 AppExchange」は、「Force.com」がもたらすあらゆる技術革新を実現し、オンデマンド・コミュニティ全体に利益を創出します。

「AppExchange」は現在も拡大を続けており、「AppExchange」を通じて世界中の多くのユーザがアプリケーションをインストールしています。
「AppExchange」( http://www.salesforce.com/jp/appexchange)に 用意されている幅広いオンデマンド・ビジネス・アプリケーションを活用することにより、世界中のあらゆる規模のユーザが迅速かつ簡単に「Salesforce」の利用価値を拡大することができます。

小田急電鉄について
小田急電鉄は、1948年6月に設立し、現在は、全長約120Kmにおよぶ路線で鉄道事業を中心に事業展開しています。開業80周年を迎えた今年、10月14日の「鉄道の日」には「 小田急バーチャル鉄道博物館」( http://www.odakyu.jp/museum/)をオープンするなど、さ まざまな記念事業にも取り組んでいます。

セールスフォース・ドットコムについて

セールスフォース・ドットコムは、世界No.1のCRM(顧客関係管理)およびIntelligent Customer Success Platformを提供し、企業が顧客と新しいカタチでつながることを支援します。詳細は、http://www.salesforce.com/jp/ をご覧ください。

本リリースおよび他のリリースや発表などで言及している今後提供予定のサービスや機能は、現在のところ利用できません。 サービスおよび機能の提供開始日は事前の予告なく延期または中止される可能性があります。セールスフォース・ドットコムのアプリケーションを購入する場合は、現在利用可能な機能を基に、購入の意思決定を行うものとします。 セールスフォース・ドットコムは、本社をサンフランシスコに置き、ヨーロッパならびにアジアでも事業を展開しています。同社は、ニューヨーク証券取引所に上場しており、ティッカーシンボルCRMで取引されています。

© 2017 salesforce.com, all right reserved. Salesforce、Salesforce1、Heroku、その他はsalesforce.comの商標です。 本プレスリリースに記載されているその他の商標は各社に属します。