セールスフォース・ドットコム、SaaSベンダーで初めてS&P 500インデックス(株価指数)の1社に選出

【米国リリース抄訳】
※当資料は、2008年9月15日に米国で発表されたニュースリリースの抄訳版です。
2008年9月18日
株式会社セールスフォース・ドットコム

- Apple社、Google社、Amazon.com社をはじめ、
米国大規模資本市場で最も幅広く使われている株価指数500銘柄の1社に -
 
Software-as-a-Service(SaaS)およびPlatform-as-a-Service(PaaS)のマーケットおよびテクノロジーのリーダーである米国セールスフォース・ドットコム( 日本法人: 株式会社セールスフォース・ドットコム、本社:東京都港区、代表取締役社長: 宇陀 栄次)は本日、米投資情報企業Standard & Poor's社が、 SaaSベンダーとしては初めて、 セールスフォース ・ ドットコムをS&P 500インデックス(株価指数)の1社に選んだことを発表しました。

セールスフォース・ドットコムの会長兼CEO(最高経営責任者)、マーク・ベニオフは次のように述べています。「今回当社がS&P 500銘柄の1社に選ばれたことは、クラウド・コ ンピューティングが市場に認められたことを明確に証明したと言えるでしょう。今日、当社のサービスがビジネスを支援しているお客様は、世界中で47,000社を越えます。クラウド・コ ンピューティングはこれまでに卓越した成功記録を残してきましたが、本日 "S&P 500" という新たなベースができました」

現在、世界中で47,700の企業・組織、110万を越えるユーザが、Salesforce CRMおよびForce.comプラットフォームによってビジネスを標準化しています。

セールスフォース・ドットコムについて

セールスフォース・ドットコムは、世界No.1のCRM(顧客関係管理)およびIntelligent Customer Success Platformを提供し、企業が顧客と新しいカタチでつながることを支援します。詳細は、http://www.salesforce.com/jp/ をご覧ください。

本リリースおよび他のリリースや発表などで言及している今後提供予定のサービスや機能は、現在のところ利用できません。 サービスおよび機能の提供開始日は事前の予告なく延期または中止される可能性があります。セールスフォース・ドットコムのアプリケーションを購入する場合は、現在利用可能な機能を基に、購入の意思決定を行うものとします。 セールスフォース・ドットコムは、本社をサンフランシスコに置き、ヨーロッパならびにアジアでも事業を展開しています。同社は、ニューヨーク証券取引所に上場しており、ティッカーシンボルCRMで取引されています。

© 2017 salesforce.com, all right reserved. Salesforce、Salesforce1、Heroku、その他はsalesforce.comの商標です。 本プレスリリースに記載されているその他の商標は各社に属します。