セールスフォース・ドットコム、パートナー企業のクラウドビジネスを支援する「Force.comパートナー・プログラム」を発表

2009年3月4日
株式会社セールスフォース・ドットコム

- エンタープライズ・クラウドコンピューティングで唯一、実績のあるプラットフォームを基盤に
アプリケーション開発・導入支援サービスをパートナー企業に提供 -


 
エンタープライズ・クラウドコンピューティング企業の株式会社セールスフォース・ドットコム(本社:東京都港区、代表取締役社長: 宇陀 栄次)は本日、同社のエンタープライズ・クラウドプラットフォーム「 Force.com」を核としたパートナー向けの「Force.comパートナー・プログラム」を発表しました。同プログラムは、システムインテグレーターやISV(独立系ソフトベンダー)が 短期間かつ低コストでアプリケーションを開発し、クラウドビジネスを立ち上げ、展開するために必要な教育、コンサルティングおよびサポートサービスを提供します。

メリルリンチの2008年度調査では、アプリケーション、インフラ、カスタム開発を含む世界のクラウドコンピューティング市場規模は2011年までに約10兆円に拡大するとされています。「 Force.comパートナー・プログラム」に参加することで、パートナー企業は顧客管理・営業支援にとどまらず、人事、財務、流通など、ユーザの要件に沿ったSaaS型アプリケーションを開発・導入し、急 成長する市場において、競争力を持った付加価値のあるクラウドサービスを提供することが可能になります。

Force.comは、SaaS型顧客管理(CRM)アプリケーションでグローバルシェアNo. 1の「Salesforce CRM」のプラットフォームとして、1 0年以上にわたる運用実績があります。Force.comは、アプリケーション開発環境をクラウド上で提供しており、開発インフラが不要なため、従来のオンプレミス型(自社運用型)に比べ、低 コストで迅速なアプリケーション開発・導入を実現します。現在、Force.com上で開発されたアプリケーションは全世界で95,000を超えています。

Force.comは、日本でも海外でも、クラウドビジネスの技術基盤として、数多くのシステムインテグレーターやISVに採用されています。

製品およびサービスをグローバルに提供し、クラウドを基盤とした企業の変革を支援するリーディングイノベーターである米国Appirio(アピリオ)社CEOのクリス・バービン(Chris Barbin)氏は、次のように述べています。 「Appirioは、セールスフォース・ドットコムおよびGoogleと緊密に連携して、ビジネスモデルを確立しました。クラウドコンピューティングが、エ ンタープライズ・コンピューティングに大きな変革をもたらしていることは、もはや疑いようがありません。あらゆる規模の企業が、オンプレミス型のアプリケーションを導入する代わりに、セールスフォース・ド ットコムやGoogleのクラウドアプリケーションを選択しています。Appirioは、クラウドアプリケーションの導入と統合に特化し、お客様がメンテナンス不要、設定の容易さ、高 信頼性といったSaaSのメリットを実現できるよう支援することで成功しています」

日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社 執行役 産業システム事業部長 植村 明氏は、次のように述べています。
「日立ソフトのお客様でも、すでに多くの企業が、Force.comによりクラウドコンピューティングのメリットを手にしています。今後ますますスピード、コスト、柔 軟性が求められるようになっていく中、システムインテグレーターとして成功していくために、クラウドプラットフォームでの開発ノウハウを身に付けることは不可欠です」

株式会社セールスフォース・ドットコム代表取締役社長の宇陀 栄次は次のように述べています。
「セールスフォース・ドットコムは、設立から10年にわたって、SaaS型CRMのアプリケーションビジネスに特化し、Customer Success を目指してきました。その間、弊 社アプリケーションの基盤技術であるForce.comプラットフォームの改善を着実に行い、その結果、今では、Force.comはエンタープライズクラウド業界で唯一、実 績のあるプラットフォームに成熟しました。今後の10年は、パートナー様の力をお借りして、Salesforce CRMとともに、Force.comを単体のサービスとして提案し、いわゆる "Beyond CRM" アプリケーションを提供していく方針です。今後は、弊社にとって、Customer Successだけではなく、Partner Successもクラウドコンピューティング普及に向けた重要な要素になると確信しています」

「Force.comパートナー・プログラム」の概要
「Force.comパートナー・プログラム」は、教育、コンサルティング、サポートの3つのサービス・メニューで構成され、本日より順次提供を開始します。
  • ●Force.comパートナー教育プログラム
    アプリケーション開発者および技術者を対象に、プログラミング言語「Force.com Apex Code」や、ユーザインターフェイス開発技術「Visualforce」を用いた「 Force.com」上でのアプリケーション開発のトレーニングプログラムを提供します。また、これらの基礎技術を2週間で修得可能な「トレーニングキャンプ・プログラム」も今後提供予定です。
  • ●Force.comパートナー・コンサルティング・プログラム
    セールスフォース・ドットコムが長年にわたり培ってきたアジャイル開発手法に基づいたコンサルティング・メソドロジー(方法論)をパートナーに公開、提供してまいります。ま た実際にシステム開発を行うパートナー向けに、熟練したコンサルタントが設計、開発のレビューを含む技術支援を固定価格で提供する「エキスパート・サービス」を開始していきます。
  • ●Force.comパートナー・サポート・プログラム
    顧客サポート体制の整備および高品質なサポート提供を支援するための日本独自のパートナー・プログラムです。このプログラムでは、顧客からの問い合わせや対応履歴を共有することで、「 Force.com」に関する問い合わせも含め、パートナー企業自身が迅速に問題に対応できるよう支援します。パートナー企業は、その企業規模に関わらず、短期間かつ低コストでサポート体制を整備し、顧 客に対してサポートまでを一元的に提供できます。 またISVのパートナー向けに、Force.com上での開発を技術サポートする「パートナー・テクニカル・サポート」プログラムの提供も開始します。< /li>


セールスフォース・ドットコムは、本日、『Partner Summit 2009-Partner Success. Our Cloud.-クラウドプラットフォームで拡がるITビジネス』を 開催、同プログラムを日本のシステムインテグレーターとISVに公開しました。

セールスフォース・ドットコムについて

セールスフォース・ドットコムは、世界No.1のCRM(顧客関係管理)およびIntelligent Customer Success Platformを提供し、企業が顧客と新しいカタチでつながることを支援します。詳細は、http://www.salesforce.com/jp/ をご覧ください。

本リリースおよび他のリリースや発表などで言及している今後提供予定のサービスや機能は、現在のところ利用できません。 サービスおよび機能の提供開始日は事前の予告なく延期または中止される可能性があります。セールスフォース・ドットコムのアプリケーションを購入する場合は、現在利用可能な機能を基に、購入の意思決定を行うものとします。 セールスフォース・ドットコムは、本社をサンフランシスコに置き、ヨーロッパならびにアジアでも事業を展開しています。同社は、ニューヨーク証券取引所に上場しており、ティッカーシンボルCRMで取引されています。

© 2017 salesforce.com, all right reserved. Salesforce、Salesforce1、Heroku、その他はsalesforce.comの商標です。 本プレスリリースに記載されているその他の商標は各社に属します。