Force.comを基盤としたシステムがローソンに採用され稼働開始

2009年4月14日
株式会社セールスフォース・ドットコム

- Lotus Notesから全面移行、バリューチェーン・マネジメントとリアルタイム・マーケティングを実現 -


 

エンタープライズ・クラウドコンピューティング企業の株式会社セールスフォース・ドットコム(本社:東京都港区、代表取締役社長: 宇陀 栄次)は、「Force.com」を 基盤としたシステムが株式会社ローソン(本社:東京都品川区、代表取締役社長CEO: 新浪 剛史)の次世代システムに採用され、このたび稼働開始したことを発表しました。

セールスフォース・ドットコムのサービスは、2009年1月31日現在、あらゆる規模、業種、地域で全世界55,400以上の企業・組織に利用されています。

これまでローソンの社内の情報基盤にはLotus Notesが活用されていました。しかし、多数の関係者がアクセスするコミュニケーション・プラットフォームをオンプレミス(自社構築)型 で開発するのは、期間、コスト、柔軟性、拡張性などの面から合理的ではないとローソン社内で判断され、すべての情報管理をクラウド・プラットフォーム「Force.com」に移行し、次 世代システムの構築を目指すことになったものです。

「Force.com」では、文書ファイルも含めて関連性のある情報を一元化でき、定量情報だけでなく定性情報も簡単にグラフ化して可視化できる特長を備えているため、従 業員の生産性向上というメリットを提供することも可能です。

ローソンの常務執行役員 CIO ITステーション・ディレクター、横溝 陽一 氏は次のように述べています。「"マチのコンシェルジュ"として、お客様に選ばれるローソンになるためには、マ ーケットの変化、消費者ニーズの変化に、柔軟かつスピーディに対応することが不可欠です。この経営課題に対応するためには、1 ベンダーですべてのシステムを構築する従来のオンプレミス型のシステムでは時代遅れと言わざるを得ません。世の中は、さまざまなところで磨かれたアイデアを柔軟に組み合わせることができる、F orce.comのようなクラウドコンピューティングに、確実にシフトしています」

セールスフォース・ドットコムについて

グローバルでCRMをリードするセールスフォース・ドットコムは、企業が顧客と新しいカタチでつながることを支援します。詳細は、http://www.salesforce.com/jp/ をご覧ください。

本リリースおよび他のリリースや発表などで言及している今後提供予定のサービスや機能は、現在のところ利用できません。 サービスおよび機能の提供開始日は事前の予告なく延期または中止される可能性があります。セールスフォース・ドットコムのアプリケーションを購入する場合は、現在利用可能な機能を基に、購入の意思決定を行うものとします。 セールスフォース・ドットコムは、本社をサンフランシスコに置き、ヨーロッパならびにアジアでも事業を展開しています。同社は、ニューヨーク証券取引所に上場しており、ティッカーシンボルCRMで取引されています。

© 2017 salesforce.com, all right reserved. Salesforce、Salesforce1、Heroku、その他はsalesforce.comの商標です。 本プレスリリースに記載されているその他の商標は各社に属します。