RehabCare社、Force.comプラットフォームによって
Apple iPhoneで利用する医療アプリケーションを構築

【米国リリース抄訳】
※当資料は、2009年5月26日に米国で発表されたニュースリリースの抄訳版です。

2009年6月1日
株式会社セールスフォース・ドットコム


 

- モバイル・クラウドコンピューティング・ソリューションをわずか4日間で構築、
患者の事前スクリーニング・プロセスを18時間からわずか1時間へ大幅に短縮 -
 

エンタープライズ・クラウドコンピューティング企業の米国セールスフォース・ドットコム(日本法人: 株式会社セールスフォース・ドットコム、本社:東京都港区、代表取締役社長: 宇陀栄次)は本日、リハビリテーション・サービスを病院などに提供するRehabCare Group社(NYSE: RHB)が、「Force.comプラットフォーム」を使用し、医療向けカスタム・アプリケーションを構築したことを発表しました。このカスタム・アプリケーションは、同社スタッフが使用するApple iPhoneで実行されます。このアプリケーションはわずか4日間で構築され、RehabCare社のスタッフによる患者の事前スクリーニングに要する時間を従来の18時間から1時間足らずへと劇的に短縮できるように設計されています。

RehabCare 社が利用するセールスフォース・ドットコムのサービスは、2009年4月30日現在、あらゆる規模、業種、地域で全世界59,300以上の企業・組織に利用されています。

RehabCare社CIO(最高情報責任者)のディック・エスキュー(Dick Escue)氏は次のように述べています。「私たちは複数段階のスクリーニング・プロセスを通じ、それぞれの患者のニーズに最適なサービスを判断していますが、このプロセスには長い時間がかかり、患者の受け入れ能力に影響を及ぼしていました。しかし、Force.comの利用でこのような私たちのニーズへ完全に応えるソリューションを、わずか数日間で設計、構築できました。.NETを使っていた場合、開発だけで少なくとも3カ月は要したでしょう」

これまでのRehabCare社の患者のスクリーニング・プロセスは、評価フォームを使用した手作業のプロセスをとっていました。まず、現場の社員が評価フォームを手書きで書き込み、プログラム・ディレクタが内容を確認、その後、承認のためメディカル・ディレクタへ提出するというものです。

今回の「Force.comプラットフォーム」の利用により、この手作業のプロセスを、社員が携帯するiPhoneを活用した自動化システムに切り替えたことで、飛躍的に効率が高まり、患者受け入れの可否を1時間以内に判断することができるようになりました。また、患者の健康状態に関する情報は、「Force.comプラットフォーム」のコントロール環境により、不正アクセスから保護されています。

エスキュー氏はまた、次のように述べています。「現在のような厳しい環境において、テクノロジーへの投資がビジネス・ゴールを確実に直接サポートできることは、これまでにないほど重要となっています。Force.comは患者評価プロセスの向上を実現するアプリケーションをコスト効率良く構築し展開する理想的なプラットフォームであることを証明し、当社と患者の双方に高い価値をもたらしてくれます」

Force.comプラットフォームとAppExchangeについて
「Force.com」は、クラウド環境でビジネス・アプリケーションを構築・運用するための、唯一の実証済のエンタープライズ・プラットフォームです。現在「Force.comプラットフォーム」は、「Salesforce CRM」、CODA社や富士通を含むISVパートナーからの800以上のアプリケーション、また日本郵便グループ、Kaiser Permanente社、KONE社、Sprint Nextel社をはじめとする世界59,300の企業・組織が利用している11万以上のカスタム・アプリケーションを支えています。

「Force.com」は、複雑なビジネス・アプリケーションを最も迅速に構築・展開できるプラットフォームです。「Force.com」はデータベースからデバイスまでの開発・展開モデルを統一し、開発者はクリックており、クライアント/サーバ型のハードウェア/ソフトウェア製品とは本質的に異なります。コンポーネント、コードを通じてアプリケーションを簡単に統合し、高い信頼性を持つセールスフォース・ドットコムのグローバル・インフラストラクチャへ迅速に展開できます。現在数多くのユーザおよびパートナーが、「Force.com」を使用して、SCM(サプライチェーン・マネージメント)からコンプライアンスのトラッキング、ブランド管理、売掛金管理、請求処理をはじめとするあらゆるタイプのビジネス・アプリケーションを構築しています。

「Force.comプラットフォーム」で構築したアプリケーションは、「Force.com AppExchange」マーケットプレイス( http://www.salesforce.com/jp/appexchange )を通じてクラウドコンピューティング・コミュニティ全体へ簡単に展開することができます。

RehabCare社について
1982年に創立されたRehabCare社は、全米43州、1,200を越える病院および看護施設とのパートナー関係を基盤に、リハビリテーション・プログラム管理サービスの提供におけるリーディング・プロバイダの1社です。これらのサービス提供以外にも、同社は独立リハビリ施設および長期療養/急性期病院を全米に展開し運営しています。

 

 

セールスフォース・ドットコムについて

グローバルでCRMをリードするセールスフォース・ドットコムは、企業が顧客と新しいカタチでつながることを支援します。詳細は、http://www.salesforce.com/jp/ をご覧ください。

本リリースおよび他のリリースや発表などで言及している今後提供予定のサービスや機能は、現在のところ利用できません。 サービスおよび機能の提供開始日は事前の予告なく延期または中止される可能性があります。セールスフォース・ドットコムのアプリケーションを購入する場合は、現在利用可能な機能を基に、購入の意思決定を行うものとします。 セールスフォース・ドットコムは、本社をサンフランシスコに置き、ヨーロッパならびにアジアでも事業を展開しています。同社は、ニューヨーク証券取引所に上場しており、ティッカーシンボルCRMで取引されています。

© 2017 salesforce.com, all right reserved. Salesforce、Salesforce1、Heroku、その他はsalesforce.comの商標です。 本プレスリリースに記載されているその他の商標は各社に属します。