米国セールスフォース・ドットコム、2010年度(FY10)第4四半期業績および決算発表 (2009年11月1日~2010年1月31日)

【米国発プレスリリース】
2010年2月25日
株式会社セールスフォース・ドットコム

 

エンタープライズ・クラウドコンピューティング企業で初めて
ランレートベースの年間売上見通しが14億ドルを突破
 

≪サマリー≫

  • 当四半期売上高は前年比22%増の3億5,400万ドル
  • FY10通期売上高は前年比21%増の13億600万ドル
  • 当四半期1株当りの利益はGAAPベースで前年比41%増の16セント
  • FY10通期1株当りの利益はGAAPベースで前年比82%増の63セント
  • 当四半期オペレーティング・キャッシュフローは前年比21%増の9,200万ドル
  • FY10通期オペレーティング・キャッシュフローは前年比18%増の2億7,100万ドル
  • 繰延収益は前年比19%増の7億400万ドル
  • 導入企業数は当四半期で4,600 社増、前年比31%増の72,500社
  • FY11の売上成長率のガイダンスを16~17%に上方修正


≪セールスフォース・ドットコム会長兼CEOマーク・ベニオフのコメント≫
「クラウドコンピューティングの本格化は当社の成長にとって追い風であり、2010年度の決算にもそれが表れています。Sales Cloud、Service Cloud、Custom Cloudのいずれのビジネスも、期待以上の売上を達成しました。さらに先週、限定的に Salesforce Chatterのベータ版の提供を開始しましたが、これは職場における次世代型コラボレーションを実現する強力なツールです。Salesforce Chatterは、FacebookやTwitterが先鞭をつけたソーシャルメディアモデルを採用しており、Lotus NotesやMicrosoft SharePointといったレガシー製品に取って代わるものです」

※本プレスリリースは、2010年2月24日に米国セールスフォース・ドットコムが発表したリリースです。NYSE上場企業の正式発表のため、原文(英語)のまま報告させていただきますが、ご参考までに上記の要約を追記させていただきました。詳しくは、英語原文をご参照ください。 http://www.salesforce.com/company/news-press/press-releases/2010/02/100224.jsp

セールスフォース・ドットコムについて

セールスフォース・ドットコムは、世界No.1のCRM(顧客関係管理)およびIntelligent Customer Success Platformを提供し、企業が顧客と新しいカタチでつながることを支援します。詳細は、http://www.salesforce.com/jp/ をご覧ください。

本リリースおよび他のリリースや発表などで言及している今後提供予定のサービスや機能は、現在のところ利用できません。 サービスおよび機能の提供開始日は事前の予告なく延期または中止される可能性があります。セールスフォース・ドットコムのアプリケーションを購入する場合は、現在利用可能な機能を基に、購入の意思決定を行うものとします。 セールスフォース・ドットコムは、本社をサンフランシスコに置き、ヨーロッパならびにアジアでも事業を展開しています。同社は、ニューヨーク証券取引所に上場しており、ティッカーシンボルCRMで取引されています。

© 2017 salesforce.com, all right reserved. Salesforce、Salesforce1、Heroku、その他はsalesforce.comの商標です。 本プレスリリースに記載されているその他の商標は各社に属します。