セールスフォース・ドットコム、Jigsaw社買収の最終合意に達したことを発表

【米国リリース抄訳】
※当資料は、2010年4月21日に米国で発表されたニュースリリースの抄訳版です。
2010年4月26日
株式会社セールスフォース・ドットコム

 

Jigsaw社が提供するWikipedia形式のユニークなCrowd-sourcingモデル、
世界で最も完全かつ正確な最新のビジネスコンタクト・データを提供

企業は簡単にデータを見つけて購入し、
既存のCRMアプリケーションへシームレスに統合し管理することが可能に
 

エンタープライズ・クラウドコンピューティング企業の米国セールスフォース・ドットコム(日本法人: 株式会社セールスフォース・ドットコム、本社:東京都港区、代表取締役社長: 宇陀 栄次)は本日、クラウドソース(crowd-source)・データサービスにおけるトップベンダーJigsaw社の買収について最終合意に達したことを発表しました。今回の最終合意を受け、買収取引は慣習的な締結手続きの段階に入りました。

Jigsaw社は、世界で最も完全かつ正確な最新のビジネスコンタクト・データを、Wikipedia形式のユニークなcrowd-sourcingモデルで提供しています。Jigsaw社のサービスはクラウド環境で提供されるため、ユーザは旧来のエンタープライズデータ管理モデルのようにコストがかさむコンタクトデータの統合や継続的なメンテナンスに手間と時間を費やすことなく、ビジネスの成功に向けた活動へ集中できるようになります。今回の買収により、セールスフォース・ドットコムのCRMアプリケーションスイートおよびエンタープライズクラウド・プラットフォームと、Jigsaw社のビジネスコンタクト・データの取得、精度調整、クレンジングを自動化するクラウドベース・モデルが統合されます。Jigsaw社のデータクラウド・プラットフォームにより、開発者およびISV(独立系ソフトウェアベンダー)は、Jigsaw社のビジネスコンタクト・データを活用するまったく新しいアプリケーションを構築することができ、非常に大きなビジネスの機会が開かれます。今回の買収は、30億ドル規模に上るクラウドベースの企業間データサービス市場へのセールスフォース・ドットコムの戦略的参入を意味するだけでなく、D&B社、Hoover’s社、LexisNexis社をはじめとする情報サービス企業とパートナーを組む新たな機会が創出されたことを意味します。

両社がひとつになることで、既存のセールスフォース・ドットコムのユーザであるかどうかに関係なく、すべての企業およびプロフェッショナルユーザがJigsawコミュニティのメンバーとなり、氏名や役職、会社名、所在地、電話番号、電子メールアドレスなど名刺に記載されている一般的なコンタクトデータを共有できるようになります。Jigsaw.comコミュニティのすべてのメンバーは、データベースに格納されているデータの精度の維持管理に協力することでポイントを貯め、これらのポイントを追加レコードへのアクセスに引き換えることができます。また、企業およびプロフェッショナルユーザはコンタクトデータを購入することでJigsawサービスを利用することも可能です。このほか、Jigsaw社は、あらゆるCRM環境の成功に不可欠なコンタクトデータの更新と精度向上など、自動化されたデータクレンジングを実行するプレミアムサービスもサブスクリプションベースの料金のみで提供しています。ビジネスユーザがデータベースに格納されている自分の情報の編集や希望の連絡手段の指定、またリストからの除外などを簡単に行える環境を実現したJigsaw社は、ビジネスコンタクト・データサービスの業界標準を設定しました。

本ニュースに関するコメント
セールスフォース・ドットコムの会長兼CEO(最高経営責任者)、マーク・ベニオフは次のように述べています。「データサービス業界において、Cloud 2時代への扉を開けられたことを非常に嬉しく思います。Jigsaw社が加わることによって、ユーザはWikipediaと同じくらい簡単にデータへアクセスし、iTunesと同じくらい簡単にデータを購入し、Facebookと同じくらい簡単に常に最新情報を手にすることが可能になります」

Jigsaw社のCEO(最高経営責任者)、ジム・ファウラー(Jim Fowler)氏は次のように述べています。 「Crowd-sourceデータサービスを利用する企業の数は増加の一途をたどっていますが、その理由は、クラウドソース・データが最高の精度の情報を提供できるからにほかなりません。今回の取引は当社の全社員にとって非常にすばらしい機会であり、いっそう幅広い層のお客様へ当社のクラウドベース・データサービスをお届けすることが可能になります」

セールスフォース・ドットコム、CRMの成功に不可欠なビジネスコンタクト・データを提供
企業の競争が激化する中で、必要とされるビジネスコンタクト・データを入手し、精度を高めクレンジングするプロセスは企業にとって非常に負荷が大きく、非効率的なプロセスとなっているのが現状です。これまで、企業は営業部門のために膨大な時間と人材を投入して完全なコンタクト情報データベースを構築してきましたが、構築後は時間の経過とともにデータ更新の精度が急速に落ちていくのが常でした。これに対し、Jigsaw社とセールスフォース・ドットコムの統合ソリューションは、企業があらゆるビジネスコンタクト・データを取得しクレンジングする環境を飛躍的に向上させます。すべてのCRMシステムに対するJigsaw社のオープン性はそのままで、セールスフォース・ドットコムの既存ユーザはデータクレンジングの自動プロセスを含む統合された環境を利用できます。 また、すでにJigsaw社のサービスはセールスフォース・ドットコムの様々なテクノロジーに統合されているため、年内に「Salesforce Chatter」が一般リリースされた後、データが更新された場合やクレンジングが必要な場合に、ユーザはこれらのフィードをリアルタイムに取得にできるようになります。

Jigsaw社の非常に大きな成功を後押しした要因の1つが、120万人以上で構成されている同社のコミュニティの存在です。この6年間、Jigsawコミュニティのメンバーが構築・管理してきたデータベースには、およそ400万社、2,100万人以上のビジネスパーソンのコンタクト情報が格納されています。セールスフォース・ドットコムの同社買収によりコミュニティはさらに広がり、成長が促進されます。現在、New Horizons Computer Learning Centers社、Hackett Group社、Sales Performance International社を含む世界800社がJigsaw社のサービスを利用しています。

セールスフォース・ドットコム、Jigsaw社買収により30億ドル規模のクラウドベース・データサービス市場へ参入
現在、クラウドコンピューティング・アプリケーションとプラットフォームコラボレーションテクノロジーの成功と幅広い普及を背景に、規模の大小や業種を問わずあらゆる企業がデータを購入する場としてクラウド環境へ注目するようになってきています。米国カリフォルニア州サンマテオに本社を置くJigsaw社の取得によって、セールスフォース・ドットコムは30億ドル規模の市場に戦略的参入を果たします。この市場参入により、セールスフォース・ドットコムはD&B社、Hoover’s社、LexisNexis社をはじめとするデータサービス・プロバイダ各社とのパートナー関係が広がり、まったく新しい収益獲得の道が開かれます。

Jigsaw社買収提案の詳細

  • 現金買収価格約1億4,200万ドルに加え、業績に応じ買収価格の最大10%まで上乗せして払い
  • 買収取引は慣習的な締結手続きを経て2011会計年度第2四半期に完了の予定

 

セールスフォース・ドットコムによるJigsaw社買収取引が2011会計年度の財務実績に及ぼす影響 (2011会計年度第2四半期末現在)

  • 2011会計年度第1四半期(2010年4月30日終了の四半期): セールスフォース・ドットコムの第1会計四半期への実質的な影響はないと思われます。
  • 2011会計年度(2011年1月31日終了の年度): セールスフォース・ドットコムの第2~第4会計四半期に影響を及ぼします。今回の買収によるGAAPベースの売上はおよそ1,000万~1,500万ドルになる見込みで、非GAAPベースの売上はおよそ1,700万~2,200万ドルになる見込みです(本買収取引に関係する繰延収益評価減を除く)。 また、セールスフォース・ドットコムの2011会計年度GAAPベースの1株当りの利益は約$0.20~$0.22減、非GAAPベースの1株当りの利益は約$0.06~$0.08減となる見込みです。非GAAPベースの1株当りの利益の概算には、株式基準の報酬、購入無形資産の償却および今回の取引に関連する繰延収益評価減、またこれらの項目に関連する税金は含まれていません。

 

将来の見通し

  • セールスフォース・ドットコムは、2010年5月下旬に予定されている2011年第1四半期の業績発表時に、2011会計年度全体の概観についてより包括的な最新情報を提供する予定です。

セールスフォース・ドットコムについて

セールスフォース・ドットコムは、世界No.1のCRM(顧客関係管理)およびIntelligent Customer Success Platformを提供し、企業が顧客と新しいカタチでつながることを支援します。詳細は、http://www.salesforce.com/jp/ をご覧ください。

本リリースおよび他のリリースや発表などで言及している今後提供予定のサービスや機能は、現在のところ利用できません。 サービスおよび機能の提供開始日は事前の予告なく延期または中止される可能性があります。セールスフォース・ドットコムのアプリケーションを購入する場合は、現在利用可能な機能を基に、購入の意思決定を行うものとします。 セールスフォース・ドットコムは、本社をサンフランシスコに置き、ヨーロッパならびにアジアでも事業を展開しています。同社は、ニューヨーク証券取引所に上場しており、ティッカーシンボルCRMで取引されています。

© 2017 salesforce.com, all right reserved. Salesforce、Salesforce1、Heroku、その他はsalesforce.comの商標です。 本プレスリリースに記載されているその他の商標は各社に属します。