日本ケンタッキー・フライド・チキン、 店舗管理業務にForce.comクラウドプラットフォームを採用

2010年6月10日
株式会社セールスフォース・ドットコム

リアルタイムの情報共有を実現、開発コストは既存メインフレームシステムの半分以下

エンタープライズ・クラウドコンピューティング企業の株式会社セールスフォース・ドットコム(本社:東京都港区、代表取締役社長: 宇陀 栄次、以下:セールスフォース・ドットコム)は、日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:渡辺 正夫、以下:日本KFC)に対し、クラウドプラットフォーム「Force.com」を基盤に、日本KFCが展開するケンタッキーフライドチキン事業(全国1,150店舗)の店舗管理システムの一部を構築し、3月より稼働開始したことを発表しました。日本KFCは、それまでEXCELベースで管理していた業務のシステム化を実施、順次、各種契約管理業務等に拡大してゆく予定です。今回の導入は、株式会社CSKシステムズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:中西 毅、以下:CSKシステムズ)が販売と開発を行いました。

セールスフォース・ドットコムのサービスは、2010年4月30日現在、あらゆる規模、業種、地域で全世界77,300以上の企業・組織に利用されています。

日本KFCでは、店舗管理業務システムのクラウド化による、よりリアルタイムな情報共有の実現を検討模索してきましたが、今回、従来型プラットフォームに比べて半分のコスト、5倍のスピードでアプリケーション開発できるという「Force.com」とCSKシステムズの店舗管理業務のシステム構築における豊富な実績を評価し、このたびの導入に至りました。このほか、IT部門のインフラ管理に伴う運用負荷の軽減、将来的なシステム改修や拡張への柔軟な対応力なども評価されました。

導入は、2009年12月の採用決定後、2カ月で完了しました。

日本KFCの情報システムユニットゼネラルマネージャー石川博敏氏は、次のように述べています。「Force.comの導入により、システム開発・運用におけるIT部門の負荷は大幅に削減でき、業務効率や生産性の向上に寄与する、より戦略的なシステム開発に投資を集中させることができます」

CSKシステムズの「店舗開発システム」について
「店舗開発業務」とは飲食店や小売店などの店舗出店で、不動産物件の調査や開店までの工程管理、開店後の改装工事などの企画・実施/管理を行う業務です。CSKシステムズの「店舗開発システム」は、外食・小売業界向けの 「店舗開発」業務をより一層効率化させるためのシステムです。出退店・リモデル(改装)における、低付加価値業務の負荷を削減し、契約交渉・売上予測などの高付加価値業務をサポートします。

セールスフォース・ドットコムについて

セールスフォース・ドットコムは、世界No.1のCRM(顧客関係管理)およびIntelligent Customer Success Platformを提供し、企業が顧客と新しいカタチでつながることを支援します。詳細は、http://www.salesforce.com/jp/ をご覧ください。

本リリースおよび他のリリースや発表などで言及している今後提供予定のサービスや機能は、現在のところ利用できません。 サービスおよび機能の提供開始日は事前の予告なく延期または中止される可能性があります。セールスフォース・ドットコムのアプリケーションを購入する場合は、現在利用可能な機能を基に、購入の意思決定を行うものとします。 セールスフォース・ドットコムは、本社をサンフランシスコに置き、ヨーロッパならびにアジアでも事業を展開しています。同社は、ニューヨーク証券取引所に上場しており、ティッカーシンボルCRMで取引されています。

© 2017 salesforce.com, all right reserved. Salesforce、Salesforce1、Heroku、その他はsalesforce.comの商標です。 本プレスリリースに記載されているその他の商標は各社に属します。