ファーストリテイリング、Force.comをグローバル導入

2010年9月29日
株式会社セールスフォース・ドットコム

 

会計業務・人事業務などをクラウド化、グループ全店舗で45,000ユーザ以上が利用

 

エンタープライズ・クラウドコンピューティング企業の株式会社セールスフォース・ドットコム(本社:東京都港区、代表取締役社長: 宇陀 栄次、以下:セールスフォース・ドットコム)は、株式会社ファーストリテイリング(本社:山口県山口市、代表取締役会長兼社長:柳井 正、以下:ファーストリテイリング)が、同社の経営を支えるIT基盤として、クラウドプラットフォーム「Force.com」をグローバル導入したことを発表しました。

ファーストリテイリングは、「Force.com」で会計業務、人事業務システムをクラウド化、2010年9月から、ユニクロをはじめとする複数のブランドを展開している9つの国と地域の2,258店舗(2009年8月期、フランチャイズを含む)、45,000ユーザ以上で利用を開始しました。今回の導入は、ファーストリテイリング グループが「FAST RETAILING WAY」の理念のもと、「Group One」「Global One」「全員経営」の実現に向け全社の構造・仕組・ルールを構築する「G1プロジェクト」に基づくものです。同社は、このG1プロジェクトに基づき、従来のオンプレミス(自社構築型)のITシステムをクラウドに移行することを決定、グローバル企業における豊富な導入実績、稼働開始後の仕様変更やシステム拡張に対する柔軟性などを評価し、「Force.com」を選択しました。今後、PDAなどの多様なデバイスでの運用も考慮に入れ、さらなるクラウド化を推進します。

ファーストリテイリング グループ 執行役員 樋田 真(とよだ まこと)氏は、次のように述べています。「セールスフォース・ドットコムの提供するクラウドサービスの先進性と拡張性は、ファーストリテイリングのG1プロジェクトのビジョンと合致するものでした。中期経営目標の実現に向け、その戦略を支えるシステムとして、今後さらにForce.comの活用を進めていきます」

セールスフォース・ドットコムの代表取締役社長、宇陀 栄次は次のように述べています。「グローバル競争力の強化を図る上で、ITシステムのクラウド化はもはや避けられない潮流になっています。世界一のアパレル企業を目指すファーストリテイリングのグローバル成長戦略、そのスピード経営を支えるシステムとして、柔軟に対応できる当社のForce.comを選択いただいたことを大変うれしく思います」

セールスフォース・ドットコムのサービスは、2010年7月31日現在、あらゆる規模、業種、地域で世界約82,400社に利用されており、ファーストリテイリングは、その顧客の1社です。売上およびユーザ数はサービスの提供開始に伴って業績に反映されます。

※本プレスリリースの掲載情報は、発表当時のものです。

セールスフォース・ドットコムについて

セールスフォース・ドットコムは、世界No.1のCRM(顧客関係管理)およびIntelligent Customer Success Platformを提供し、企業が顧客と新しいカタチでつながることを支援します。詳細は、http://www.salesforce.com/jp/ をご覧ください。

本リリースおよび他のリリースや発表などで言及している今後提供予定のサービスや機能は、現在のところ利用できません。 サービスおよび機能の提供開始日は事前の予告なく延期または中止される可能性があります。セールスフォース・ドットコムのアプリケーションを購入する場合は、現在利用可能な機能を基に、購入の意思決定を行うものとします。 セールスフォース・ドットコムは、本社をサンフランシスコに置き、ヨーロッパならびにアジアでも事業を展開しています。同社は、ニューヨーク証券取引所に上場しており、ティッカーシンボルCRMで取引されています。

© 2017 salesforce.com, all right reserved. Salesforce、Salesforce1、Heroku、その他はsalesforce.comの商標です。 本プレスリリースに記載されているその他の商標は各社に属します。