セールスフォース・ドットコム、富士通 「Salesforce CRM」の
追加機能を提供開始

2010年10月4日
株式会社セールスフォース・ドットコム
富士通株式会社

 

Force.com上で、商談管理から販売管理・購買管理までの業務を総合的に実現

 

エンタープライズ・クラウドコンピューティング企業の株式会社セールスフォース・ドットコム(本社:東京都港区、代表取締役社長:宇陀 栄次、以下:セールスフォース・ドットコム)と、富士通株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:山本 正已、以下:富士通)は、セールスフォース・ドットコムの商談管理向けクラウドサービス「Salesforce CRM」と連携し、販売管理などの業務機能を提供する「gloviaオーダーマネジメント」の提供を、本日より開始します。

「gloviaオーダーマネジメント」は、従来、商談管理機能がメインであった「Salesforce CRM」に対し、販売管理、出荷管理、請求管理、返品管理、在庫管理、購買管理などの業務機能を追加するもので、「Salesforce CRM」とのデータ連携をシームレスに実現し、企業業務において必要な機能をクラウドサービスで一括提供します。 これにより、お客様は商談管理だけでなく、販売管理などを行うシステムを新たに自前で導入することなく、短期間で、また、安価に業務環境を構築することが可能となります。

「gloviaオーダーマネジメント」は、2008年より富士通グループのGlovia Internationalが米国で開発・販売してきたものを、日本を含めグローバルで展開するもので、2010年第3四半期からは、アセアン地区の日系企業向けにも販売活動の開始を予定しています。今回の両社の取り組みは、2010年5月に発表したグローバル協業に基づいた第一弾の取り組みとなります。

「gloviaオーダーマネジメント」の概要
セールスフォース・ドットコムのクラウド・プラットフォーム「Force.com」上のネイティブ・アプリケーションで、ハードウェアなどのインフラの初期投資は一切不要です。「Salesforce CRM」とシームレスに連携しており、「gloviaオーダーマネジメント」を利用することでユーザは、マーケティングから営業業務全般をクラウド上で統合管理し、受発注業務も行えるようになります。また、製品在庫のマルチロケーション管理、ロット管理、シリアル管理などの機能を実装し、受発注取引業務に関わる製品の在庫管理がきめ細かに管理できるようになります。多通貨、多言語に対応しており、グローバル規模での受発注業務管理も行えます。 さらに、「gloviaオーダーマネジメント/パートナーポータル」を利用することで、販売代理店やサプライヤーとの受発注業務データをシームレスに共有できるようになり、デマンドチェーン/サプライチェーン管理がクラウド上で行えるようになります。

価格と提供開始時期
「gloviaオーダーマネジメント」は、月額7,500円(1ユーザ)で、本日より提供開始いたします。また、「gloviaオーダーマネジメント/パートナーポータル」(月額2,100円 / 1ユーザ)、「gloviaオーダーマネジメント/カスタマーポータル」(月額300円 / 1ユーザ)も本日より提供開始いたします。価格はすべて税別価格です。

関連Webサイト

セールスフォース・ドットコムについて

セールスフォース・ドットコムは、世界No.1のCRM(顧客関係管理)およびIntelligent Customer Success Platformを提供し、企業が顧客と新しいカタチでつながることを支援します。詳細は、http://www.salesforce.com/jp/ をご覧ください。

本リリースおよび他のリリースや発表などで言及している今後提供予定のサービスや機能は、現在のところ利用できません。 サービスおよび機能の提供開始日は事前の予告なく延期または中止される可能性があります。セールスフォース・ドットコムのアプリケーションを購入する場合は、現在利用可能な機能を基に、購入の意思決定を行うものとします。 セールスフォース・ドットコムは、本社をサンフランシスコに置き、ヨーロッパならびにアジアでも事業を展開しています。同社は、ニューヨーク証券取引所に上場しており、ティッカーシンボルCRMで取引されています。

© 2017 salesforce.com, all right reserved. Salesforce、Salesforce1、Heroku、その他はsalesforce.comの商標です。 本プレスリリースに記載されているその他の商標は各社に属します。