CA Technologiesとセールスフォース・ドットコムが日本市場で戦略的提携

2010年10月5日
CA Technologies
株式会社セールスフォース・ドットコム

 

Force.comプラットフォームのクラウド環境でアジャイル開発管理を実現

 

CA Technologies(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:バスター・ブラウン)と株式会社セールスフォース・ドットコム(本社:東京都港区、代表取締役社長:宇陀 栄次、以下:セールスフォース・ドットコム)は本日、「Force.com」プラットフォームのクラウド環境におけるアジャイル開発管理ソリューションの提供に関する業務提携に合意したことを発表しました。

この提携を通じて、CA Technologiesは「Force.com」上で稼働するアジャイル開発のための管理ソリューション「CA Agile Vision」を発表しました。このソリューションによって、企業がアジャイル開発プロジェクトを包括的に把握し、開発スケジュールを加速させることで、製品の市場投入までの期間を大幅に短縮することを支援します。

CA Technologiesの代表取締役社長であるバスター・ブラウンは、次のように述べています。 「アジャイル開発の急速な成長とクラウドコンピューティングの出現に伴い、企業はITサービスの提供方法と価値を最大化するための幅広いポートフォリオ管理について見直しを進めています。今回の戦略的提携で、クラウドにおいて様々なエンタープライズ・ソリューションを提供する両社のグローバルにおける協力関係が、一段と拡充されます」

「CA Agile Vision」は、世界中で1,300社を超える企業で25万人以上のユーザに利用されているプロジェクト・ポートフォリオ・マネージメント・ソリューション「CA Clarity PPM」と統合することで、企業内のあらゆるプロジェクトの管理を行います。「CA Agile Vision」と「CA Clarity PPM」との統合により、ユーザは、開発手法に依存しない総合的なプロジェクト管理環境を利用することができます。

セールスフォース・ドットコムの代表取締役社長である宇陀栄次は、次のように述べています。 「Force.comプラットフォームは、日本の企業がクラウド環境でアプリケーションを開発する方法を根本的に変えていくでしょう。セールスフォース・ドットコム自体が、Agileプロセスを採用することで、製品の市場投入までの期間の短縮と品質の著しい向上を体験してきました。CA Technologiesと提携し、Force.com上で日本市場に向けた革新的なソリューションを提供していきます」

「CA Agile Vision」は、セールスフォース・ドットコムのアジャイル開発管理のノウハウを基に設計されています。アジャイル開発への移行を果たして以来、セールスフォース・ドットコムはその革新的な開発手法を管理するための専門知識を培ってきました。同社はそのベストプラクティスをCA Technologiesと共有することで、企業における開発プロジェクトの推進を加速できるよう支援します。信頼性の高い「Force.com」で提供されることにより、CA Agile Visionは、セールスフォース・ドットコムの250,000名の開発者コミュニティから提供される170,000を数えるカスタム・アプリケーションの一つに加わります。

CA Agile Visionの特徴と主な機能

  • アジャイル開発における迅速なチーム連携:クラウド環境のアプリケーション開発や稼働において実績のあるプラットフォーム「Force.com」で提供されることにより、世界中のアジャイル開発チームと迅速に連携。
  • オンデマンドによる提供:少ない先行投資、短い導入期間、月額ライセンス、高い利便性やスケーラビリティなどを提供。
  • スプリントレベルでの計画・管理:アジャイル開発のチームメンバは、時間ベースで様々なスプリントを作成し、各種スプリントの進捗を監視し、バックログを管理。
  • バーンダウンチャート:プロジェクトの作業負荷などに対する予測精度を向上。
  • 仮想ウォール:メンバーに割り当てられる各種タスクの進捗情報を容易に整理。
  • 出荷開始日: 2010年10月5日(火)
  • 参考価格: 1ユーザあたり4,400円/月から(税抜)
    詳細は別途CA ジャパン・ダイレクトまでお問い合わせください。

さらに、CA Technologiesが提供するその他クラウド関連製品と連携することにより、企業における「Salesforce CRM」の迅速な導入、シングル・サインオンの実現、各種アプリケーションの性能管理などを行うことができるようになります。これらのソリューションには以下が含まれます。

  • CA Clarity PPM On Demand: 複数の事業部、部署、事業所をプロジェクトとして管理することによって、企業における「Salesforce CRM」の迅速な導入を支援。
  • CA SiteMinderおよびCA Federation Manager: シングル・サインオン、認証、Webアクセス管理などのセキュリティ管理を一元化。
  • CA Application Performance Management(APM): クラウドやオンプレミスなど様々な環境で稼働するアプリケーションの性能や顧客体験を監視・管理
  • Nimsoft: 「Salesforce CRM」およびその他のあらゆるビジネスサービスに関する詳細なパフォーマンス情報をモニタリング。

「Force.com」プラットフォームで開発されたアプリケーションは、セールスフォース・ドットコムのAppExchange マーケットプレースを通じて容易に提供できます。http://www.salesforce.com/appexchange/

CA Technologies について
CA Technologies (NASDAQ: CA) は、メインフレームをはじめ、物理環境から仮想環境、クラウドに至るまで、あらゆるIT環境における専門知識とノウハウを有するITマネジメント・ソフトウェア/ソリューション・ベンダです。CA Technologiesは、IT環境を管理し、安全確保のための手段を提供することで、お客様がITサービスを柔軟に行えるよう支援しています。CA Technologiesの革新的な製品とサービスは、IT組織にとって不可欠な洞察力とコントロール能力を提供します。フォーチュン500 の多くの企業が CA Technologiesの製品/サービスを活用し、絶えず変化するITエコシステムを管理しています。CA Technologiesの詳しい情報については、www.ca.com (米 CA Technologies)、http://www.ca.com/jp(日本)をご覧ください。またツイッターについては、www.twitter.com/cainc をご覧ください。

【 報道関係者お問い合わせ先 】
CA Technologies
コーポレート・コミュニケーション部
二宮 護
高橋 千花
電話:03-5908-5110 (部門直通)
e-mail: mamoru.ninomiya@ca.com
chika.takahashi@ca.com

【 お客様お問い合わせ先 】
CA Technologies
CA ジャパン・ダイレクト
電話:0120-702-600[受付時間:平日午前9時~午後5時30分]
e-mail: JapanDirect@ca.com

セールスフォース・ドットコムについて

セールスフォース・ドットコムは、世界No.1のCRM(顧客関係管理)およびIntelligent Customer Success Platformを提供し、企業が顧客と新しいカタチでつながることを支援します。詳細は、http://www.salesforce.com/jp/ をご覧ください。

本リリースおよび他のリリースや発表などで言及している今後提供予定のサービスや機能は、現在のところ利用できません。 サービスおよび機能の提供開始日は事前の予告なく延期または中止される可能性があります。セールスフォース・ドットコムのアプリケーションを購入する場合は、現在利用可能な機能を基に、購入の意思決定を行うものとします。 セールスフォース・ドットコムは、本社をサンフランシスコに置き、ヨーロッパならびにアジアでも事業を展開しています。同社は、ニューヨーク証券取引所に上場しており、ティッカーシンボルCRMで取引されています。

© 2017 salesforce.com, all right reserved. Salesforce、Salesforce1、Heroku、その他はsalesforce.comの商標です。 本プレスリリースに記載されているその他の商標は各社に属します。