セールスフォース・ドットコム、チーフサイエンティストにJP ランガスワミを迎える

【米国リリース抄訳】
※当資料は、2010年11月24日に英国で発表されたニュースリリースの抄訳版です。
2010年11月29日
株式会社セールスフォース・ドットコム
 

 

エンタープライズ・クラウドコンピューティング企業の米国セールスフォース・ドットコム(日本法人:株式会社セールスフォース・ドットコム、本社:東京都港区、代表取締役社長:宇陀 栄次、以下:セールスフォース・ドットコム)は本日、新たに「チーフサイエンティスト」の役職を創設し、JP ランガスワミ(JP Rangaswami)を任命したことを発表しました。

ランガスワミは会長兼CEO(最高経営責任者)のマーク・ベニオフ直属となります。彼は、新たに創設されたチーフサイエンティストとして、欧州の顧客が「Salesforce」アプリケーションと「Force.com」プラットフォームのリアルタイム機能、モバイル機能、ソーシャル機能を活用する革新的な方法を検討するためのサポートを行います。また、セールスフォース・ドットコムの製品戦略の策定とクラウドコンピューティングの世界的な普及活動にも関与し、セールスフォース・ドットコム初のチーフサイエンティストとしての職務を果たします。

JP ランガスワミの略歴

  • 複数の大手多国籍企業の技術分野で30年以上にわたる豊富な経験。
  • セールスフォース・ドットコム入社前は英国ロンドンのBT社に4年間在籍。最終的な役職はBTグループのチーフサイエンティスト。
  • BT社の前は投資銀行Dresdner Kleinwort Wasserstein社(1997年入社)で全世界のCIO(最高情報責任者)を務め、在職中は一連のHarvard Business Reviewのケーススタディを頂点とする社内の革新において高い評価を得る。
  • インターネットを通じて社会に焦点を当てた幅広いトピックを教える新しい教育企業School of Everything社会長。BT社退職に伴いRibbit社会長職を辞任後、同社非常勤役員。Anthemis Group社ベンチャーパートナー。
  • Burroughs社、Data General社、Hoskyns Group社で技術分野および管理職を歴任。
  • 学士号取得(経済学および統計学、インド聖ザビエル大学、カルカッタ大学)

53歳のランガスワミは、これまでの経歴において数々の業界賞を受賞しています。4月には『Wired magazine』誌の最も影響力のある「digital powerbrokers」(デジタル分野の実力者)のランキング「Wired 100」において18位にランクされています。2007年と2008年にはsilicon.comのAgenda Settersの投票において、「CIOには滅多に見られないビジョンと革新性を有した人物」との評価を得て、IT業界で最も影響力ある50人の1人に選ばれました。2004年にはEuropean Technology Forumの「CIO Innovator of the Year」(年間最優秀CIOイノベーター)に、また2003年には『Waters Magazine』誌から年間最優秀CIOに選ばれています。ランガスワミは、英国王立芸術協会(Royal Society of Arts)および英国コンピュータ学会(British Computer Society)の両方の会員で、そのブログ「Confused of Calcutta」では情報の過負荷(オーバーロード)を避ける方法について執筆しています。インド・カルカッタで生まれたランガスワミは1980年に英国に移住、Burroughs社のテクニカルライターとして働き始めました。

本ニュースに関するコメント
セールスフォース・ドットコムのCEO(最高経営責任者)、マーク・ベニオフは次のように述べています。 「当社のチーフサイエンティストとして、彼以上の適任者は他に思い当たりません。彼は未来を明確に思い描き、そのために何をすべきなのかを理解する能力と、これを実現する熱意を兼ね備えている稀有な人物です。彼こそ、真のイノベーターです。セールスフォース・ドットコムに彼を迎えられたことを大変嬉しく思います」

ランガスワミは次のように述べています。 「いずれエンタープライズソフトウェアは、パブリッシング(公開)、サーチ(検索)、フルフィルメント(商品の受注から入金管理に至るまでの一連の作業を行うこと)、カンバセーション(会話)の4つのタイプのアプリケーションのみで構成されるようになるとずいぶん前から私は考えていましたが、ソーシャル、モバイル、リアルタイムのすべてを網羅したクラウドベースのエンタープライズアプリケーションを提供しているセールスフォース・ドットコムはすでにこのビジョンを実現しています。今後、同社でエンタープライズソフトウェアの未来を創り上げていけることを楽しみにしています」

セールスフォース・ドットコムについて

セールスフォース・ドットコムは、世界No.1のCRM(顧客関係管理)およびIntelligent Customer Success Platformを提供し、企業が顧客と新しいカタチでつながることを支援します。詳細は、http://www.salesforce.com/jp/ をご覧ください。

本リリースおよび他のリリースや発表などで言及している今後提供予定のサービスや機能は、現在のところ利用できません。 サービスおよび機能の提供開始日は事前の予告なく延期または中止される可能性があります。セールスフォース・ドットコムのアプリケーションを購入する場合は、現在利用可能な機能を基に、購入の意思決定を行うものとします。 セールスフォース・ドットコムは、本社をサンフランシスコに置き、ヨーロッパならびにアジアでも事業を展開しています。同社は、ニューヨーク証券取引所に上場しており、ティッカーシンボルCRMで取引されています。

© 2017 salesforce.com, all right reserved. Salesforce、Salesforce1、Heroku、その他はsalesforce.comの商標です。 本プレスリリースに記載されているその他の商標は各社に属します。