セールスフォース・ドットコム、Chatter Freeを発表

【米国リリース抄訳】
※当資料は、2010年12月7日に米国で発表されたニュースリリースの抄訳版です。
2010年12月8日
株式会社セールスフォース・ドットコム
追加コストなしに全社規模でのソーシャルコラボレーションが可能

Facebookで一般的となったソーシャルインビテーション・モデルを採用し、
Salesforceユーザが招待した同僚とのソーシャルコラボレーションを実現

Caesars Entertainment Corporation社、Kelly Services社、Pandora社をはじめ、
サービス開始から5カ月足らずで世界60,000社がSalesforce Chatterを導入

 

エンタープライズ・クラウドコンピューティング企業の米国セールスフォース・ドットコム(日本法人:株式会社セールスフォース・ドットコム、本社:東京都港区、代表取締役社長:宇陀 栄次、以下:セールスフォース・ドットコム)は本日、「Salesforce Chatter」の完全無償で提供される最新エディション「Chatter Free」を発表しました。Facebookで一般的となったソーシャルインビテーション・モデルを通じ、Salesforceユーザは同僚を招待し、「Salesforce Chatter」によるコラボレーションを実現できます。「Chatter Free」は、エンタープライズ環境におけるソーシャルコラボレーションの普及を促進します。

「Chatter」は業界初のエンタープライズ・コラボレーション・アプリケーションおよびプラットフォームで、プロファイル、ステータスの更新、リアルタイムフィードなどFacebookやTwitterで一般的となったソーシャル機能を提供しています。ユーザは「Chatter」上でドキュメント、人、ビジネスプロセス、アプリケーションデータを “フォロー” することにより、組織間や部門間の壁をなくし、生産性を新たなレベルへと高められます。

「Chatter」は、ソーシャル性、モバイル性、リアルタイム性のすべてを兼ね備えた次世代のエンタープライズ・クラウドコンピューティング「Cloud 2」への移行に向かう最新サービスです。「Cloud 2」は、ユーザがそれぞれの日常における最も重要なシーンで活用し、コラボレーションを実現するFacebookやTwitterなどの消費者向けのソーシャルネットワーク・サイトを起点にはじまりました。「Chatter」により企業は初めて「Cloud 2」をエンタープライズ環境に活かすことができます。 そして、87,200社を超えるsalesforce.com導入企業がこれらの消費者向けアプリケーションに共通した高い即時性に加え、エンタープライズ環境に求められる信頼性、セキュリティ、拡張性のすべてを実現することが可能になります。「Chatter」は導入企業にエンタープライズ・ソーシャルコラボレーションによる飛躍的な生産性向上を提供します。

Salesforce Chatter: 業界全体の評価
Caesars Entertainment Corporation社、Kelly Services社、Pandora社をはじめ、5カ月前の一般提供開始から現在までに世界60,000社以上の企業が「Chatter」を導入しています。この画期的なテクノロジーにより、セールスフォース・ドットコムは、従来の営業組織の枠を超え、企業環境全体を網羅した従業員間のコラボレーションを実現しています。現在、Dell社およびReed Exhibition社をはじめとする多くの企業が「Chatter」を全社規模で展開しています。

Chatter Free: すべての従業員にソーシャルコラボレーション環境を提供
「Chatter Free」は、ソーシャルコラボレーション・テクノロジーを企業内のすべての従業員に提供できます。提供するエンタープライズ規模のソーシャルコラボレーション機能は以下の通りです。

  • プロファイル
  • ステータスの更新
  • リアルタイムフィード
  • ファイル共有
  • グループ
  • フィルタ
  • 招待
  • Chatter Mobile
  • Chatter Desktop

「Chatter Free」は「Salesforce Chatter」および「Chatter Plus」を含む「Chatter」の新しいサービスです。既存のセールスフォースユーザは、「Salesforce Chatter」の画期的なエンタープライズ・ソーシャルコラボレーション・テクノロジーの全機能を利用することができます。また、「Chatter Plus」の利用により、「Chatter」の全機能を非Salesforceユーザの従業員にも使用させることができます。ユーザは「Chatter Plus」を利用して取引先や事例、ビジネスプロセスなど幅広い重要な情報を “フォロー” し、ビジネスデータを中心にしたコラボレーションを実現することができます。また、「Chatter Plus」では、ソーシャルコラボレーション機能をセールスフォース以外のユーザにまで広げ、取引先や取引先責任者、ダッシュボード、レポート、カレンダー、活動をフォローしたり、カスタムオブジェクトやChatter APIを利用したりできるようにすることも可能です。

Chatter Free: Facebookと同じソーシャルインビテーションによる広がり
「Chatter Free」はFacebookによって一般的となったソーシャルインビテーション・モデルを採用しています。Salesforceユーザは非Salesforceユーザを含め同僚であれば誰でも招待し、「Chatter」でコラボレーションすることができます。この招待モデルにより横のつながりを広げネットワークを形成できるため、「Chatter」ユーザのコミュニティは社内全体に広がり、緊密さを促進します。また「Chatter」は高い信頼性の「Force.comプラットフォーム」を基盤にしているため、従業員はアクセス権が認められている情報以外は閲覧することができず、セキュリティ環境が確保されます。

本ニュースに関するコメント

  • セールスフォース・ドットコムの会長兼CEO(最高経営責任者)、マーク・ベニオフは次のように述べています。 「Salesforce Chatterに対する業界の評価は、私たちの予想を吹き飛ばすほど大きなものでした。最初の5カ月で60,000社を超えるエンタープライズ企業がChatterを導入したという事実は驚くべき実績であり、また、新しいChatter Freeのソーシャルインビテーション機能によって、Chatterはエンタープライズ環境のソーシャルコラボレーションを促進します」
  • Kelly Services社CIO(最高情報責任者)のジョー・ドロウイン(Joe Drouin)氏は次のように述べています。 「8,000名を超える従業員を擁する当社は、世界中のお客様へワークフォースソリューションを提供しています。Chatterを導入したことでセールスとサービスの1,500名のスタッフの業務環境は変革を遂げ、活動に対する可視性が確保され、グループ内においてこれまでにない高いレベルのコラボレーションが可能になりました。今度はChatter Freeによってこのようなコラボレーションを全社規模で実現したいと考えています。Chatter Freeによって、IT、財務、法務などセールスとサービス以外の全世界に分散されているすべての従業員のコラボレーションが可能になり、世界全体を通じてビジネスの生産性が飛躍的に高められるでしょう」
  • Beagle Research Group社のマネージングプリンシパル、デニス・ポンブライアント(Denis Pombriant)氏は次のように述べています。 「Salesforce Chatterは、ソーシャルテクノロジーがビジネスバリューをもたらす環境に変革をもたらしました。Facebookの5億人という利用者数獲得に貢献したソーシャルインビテーション・モデルを採用したことで、Chatter Freeはお客様のビジネスシーン全体を通じた生産性の飛躍的な向上を実現するでしょう。同時に、Chatter Freeはセールスフォース・ドットコム社が顧客企業との関係をこれまで以上に深める上で重要な役割を果たすことになるでしょう」

価格および提供時期

  • 「Salesforce Chatter」は、すでに一般提供が開始されています。「Salesforce CRM」および「Force.com」を有償利用中のユーザは、無償で利用できます。
  • 「Chatter Plus」ユーザライセンスは、Professional Edition、Enterprise Edition、Unlimited Editionで、1ユーザ当たり月額1,500円(税別)で利用できます。
  • 「Chatter Free」は、すでに一般提供が開始されています。「salesforce.com」を有償利用中のユーザの全従業員が無償で利用できます。
  • セールスフォース・ドットコムのサービスのご購入を検討中のお客様は、現在利用可能な機能に基づいてご購入を判断ください。

その他の情報

セールスフォース・ドットコムについて

グローバルでCRMをリードするセールスフォース・ドットコムは、企業が顧客と新しいカタチでつながることを支援します。詳細は、http://www.salesforce.com/jp/ をご覧ください。

本リリースおよび他のリリースや発表などで言及している今後提供予定のサービスや機能は、現在のところ利用できません。 サービスおよび機能の提供開始日は事前の予告なく延期または中止される可能性があります。セールスフォース・ドットコムのアプリケーションを購入する場合は、現在利用可能な機能を基に、購入の意思決定を行うものとします。 セールスフォース・ドットコムは、本社をサンフランシスコに置き、ヨーロッパならびにアジアでも事業を展開しています。同社は、ニューヨーク証券取引所に上場しており、ティッカーシンボルCRMで取引されています。

© 2017 salesforce.com, all right reserved. Salesforce、Salesforce1、Heroku、その他はsalesforce.comの商標です。 本プレスリリースに記載されているその他の商標は各社に属します。