セールスフォース・ドットコム、Heroku社買収の最終合意に署名

【米国リリース抄訳】
※当資料は、2010年12月8日に米国で発表されたニュースリリースの抄訳版です。
2010年12月10日
株式会社セールスフォース・ドットコム
Herokuは、業界をリードし105,000の次世代ソーシャル/モバイル・クラウドアプリケーションを
サポートしているRubyアプリケーションPaaS(Platform-as-a-Service)

Ruby、急成長する100万人以上の開発者コミュニティを背景に
業界をリードする数多くのCloud 2アプリケーションをサポート

Heroku社のRubyクラウドプラットフォーム、クラウドコンピューティングの
新時代へのエンタープライズ・ユーザの移行を促進

セールスフォース・ドットコムのクラウドプラットフォーム、Cloud 2の主要言語JavaとRubyをサポート

 

エンタープライズ・クラウドコンピューティング企業の米国セールスフォース・ドットコム(日本法人:株式会社セールスフォース・ドットコム、本社:東京都港区、代表取締役社長:宇陀 栄次、以下:セールスフォース・ドットコム)は本日、Rubyベースのアプリケーション構築のためのクラウドアプリケーション・プラットフォームにおいて最も急成長している企業Heroku(ヘロク)社の買収について、最終合意に達したことを発表しました。買収金額は現金約2億1,200万米ドルです(買収により取得した現金を除く)。この取引は慣習的な締結条件に従い、2011年1月31日に終了するセールスフォース・ドットコムの第4会計四半期に完了予定です。

本ニュースに関するコメント
セールスフォース・ドットコムの会長兼CEO(最高経営責任者)、マーク・ベニオフは次のように述べています。
「クラウドコンピューティングの次の時代、それはソーシャル性、モバイル性、リアルタイム性のすべてを兼ね備えた環境です。私はこれをCloud 2と呼んでいます。RubyはCloud 2の言語で、Heroku社はCloud 2のための業界をリードするRubyアプリケーションのPaaSとして、成長しているこのコミュニティを後押しする存在です。今回同社を取得したことで、当社は次世代のアプリケーション開発者の土台となるユニークな役割を果たすことになるでしょう」

Heroku社のCEO、バイロン・セバスチャン(Byron Sebastian)氏は次のように述べています。
「当社は開発者の皆様が本当に気に入って利用してくださっているサービスを提供し、セールスフォース・ドットコムは最も厳格な顧客の期待に応える信頼と信用を提供します。両社が1つになることで、Cloud 2アプリケーションを実行し展開する最高の環境を実現できます。これは、クラウドアプリケーション・プラットフォームをエンタープライズ環境のメインストリームへ押し上げる最強のコンビであると自負しています」

Heroku: 業界をリードするRubyクラウドアプリケーション・プラットフォーム
Herokuは業界をリードするRuby PaaS(Platform-as-a-Service)で、Ruby言語の利点を活かしながらオープンな環境をサポートできるようにゼロから構築されています。Rubyはソーシャル性とコラボレーティブ性を兼ね備え、幅広いモバイルデバイスを通じて情報へのリアルタイムアクセスを提供する次世代アプリケーションの開発におけるNo.1言語です。現在、Heroku社はRubyを熱烈に支援する開発者が作成した105,000を超えるアプリケーションをサポートしています。

Heroku社は2007年、開発と同じくらい簡単に次世代クラウドアプリケーションを展開・管理できる環境を実現するという理念に基づき、アプリケーション開発者のためにアプリケーション開発者が設立した企業です。同社のアプリケーションプラットフォームは、開発者の作業プロセスを反映させたワークフローとインターフェースを特長としています。このプラットフォームはサービスとして提供されるので、管理すべき仮想マシンも、インストールすべきソフトウェアも、管理し調整すべきハードウェアも一切ありません。このため、開発者はコードを書き込むことのみに集中すれば、後は展開からスケールアップ、QoS(サービス品質)の管理まで、Herokuがすべてを実行します。このような開発者エクスペリエンスに焦点を当てていることで、Herokuは開発者の熱烈な支持を受け、急成長を遂げています。先週だけでも、2,600の新しいアプリケーションが、多くの開発者により、このプラットフォームに追加されています。

Ruby: Cloud 2のための開発コミュニティ
100万人を超える開発者のコミュニティを有するRubyは、次世代のソーシャルアプリケーションとモバイルアプリケーションの作成におけるNo.1の開発言語になりました。これらのアプリケーションにはGroupon、Hulu、37 Signals、Twitterなど、インターネットおよびソーシャルメディアの分野におけるリーダーとなるアプリケーションが含まれます。柔軟でオープンなプラットフォームを提供するHerokuは、このRuby開発コミュニティをターゲットにし、 世界中のあらゆる業種、あらゆる規模の顧客に利用されています。フライトの遅延を回避するFlightCaster社など最先端企業のソーシャルメディア・アプリケーションから、Best Buy社のような大手企業が開発した消費者のショッピング環境の品質向上を実現するアプリケーションまで、現在105,000を超えるWebアプリケーションがHeroku社のアプリケーションプラットフォームで稼働しています。

Cloud 2アプリケーションへのニーズが高まっている現在、開発者に可能な限り最高の環境を提供するには新しいプラットフォームと言語が欠かせません。セールスフォース・ドットコムは、Cloud 2アプリケーションの構築において業界をリードする言語はRubyであり、RubyのためのNo.1プラットフォームはHeroku社であると判断しました。クラウドコンピューティングのためのNo.1開発言語Rubyによるアプリケーション構築のためのプラットフォームを提供するHeroku社を買収したことで、セールスフォース・ドットコムは、エンタープライズ環境および業界全体を通じた次世代クラウドコンピューティングへのシフトに拍車を掛けます。

エンタープライズ環境のCloud 2へのシフトを促進
Heroku社の買収により、セールスフォース・ドットコムは次世代アプリケーションの構築において業界をリードする言語Rubyを使用する開発者のためのNo.1アプリケーションPaaS(platform-as-a-service)を取得するだけでなく、高い能力を有した人材、急成長しているRuby開発者コミュニティ、また他からは得られない技術と知的財産を手にすることになります。セールスフォース・ドットコムは、600万人のJava開発者のためのエンタープライズJavaクラウド「VMforce」とともにHerokuを提供できるようになったことで、ほぼあらゆるタイプのCloud 2アプリケーションを網羅した、他に比肩する存在のないプラットフォームベンダーになると考えています。これによってクラウドプラットフォーム市場におけるセールスフォース・ドットコムのリーダーシップはさらに拡大します。

Heroku社のプラットフォームは、セールスフォース・ドットコムの「Force.comプラットフォーム」の特徴と同じマルチテナントのコンセプトを基盤に構築されています。Heroku社とセールスフォース・ドットコムは、ハードウェアとソフトウェアの購入と展開に伴うコストと保守管理の手間からユーザを解放する、オープンでポータブルなプログラミング環境の提供という同じビジョンを共有しています。

セールスフォース・ドットコム、急成長しているクラウドサービス市場におけるシェアを拡大
この買収によって、セールスフォース・ドットコムは、オープンでスケーラブルな信頼のCloud 2プラットフォームを求める開発者、ユーザ、ISVのクリティカルマスにアピールし、顧客層の拡大が可能になるとしています。また、セールスフォース・ドットコムは、パブリックITクラウドサービスの世界市場におけるシェア拡大も可能としています。リサーチ大手IDC社は、この市場が年間成長率27%で推移し2014年には555億米ドル規模に成長すると予測しています。クラウド環境へ移行しつつあるアプリケーションにおいて、コラボレーションとモバイル性をサポートするテクノロジーのニーズが高まっていますが、業界をリードするRubyクラウドアプリケーション・プラットフォームの取得により、セールスフォース・ドットコムはこの市場機会を活かし、シェア拡大の絶好のポジションを手にしたと言えるでしょう。

Heroku社買収提案の詳細
セールスフォース・ドットコムによるHeroku社の買収額は現金約2億1,200万米ドルです(買収により取得した現金を除く)。なお買収取引の一部として、セールスフォース・ドットコムは、合計価額約2,700万米ドルの制限株式およびRSU(制限株式ユニット)をHeroku社従業員に譲渡するとともに、Heroku社の未確定株式に対して現金約1,000万米ドルを支払います。この買収取引はHeroku社取締役会および株主の承認を得ており、慣習的な締結条件にしたがい、2011年1月31日に終了するセールスフォース・ドットコムの第4会計四半期に完了する予定です。

この買収取引の条件に関する詳細およびその他の情報は、セールスフォース・ドットコムがSEC(米国証券取引委員会)に提出する最新レポート(Form 8-K)で確認できます。

Heroku社買収提案の財政面への影響
* 2011会計年度第4四半期: セールスフォース・ドットコムの第4会計四半期への影響はないと思われます。ただし、2011年1月31日に終了する四半期の非GAAPの1株あたり利益は$0.02程度減少する見込みです。
* 2012会計年度: 現在のところセールスフォース・ドットコムは、2012会計年度について今回の買収による実質的な収益への貢献はないと考えています。2012年1月31日に終了する年度末の非GAAPの1株あたり利益は$0.12~$0.13程度減少する見込みです。

GAAPベースの業績へ今回の買収が与える財政的な影響は、買収完了後に買収額の配賦が行われるまで確定できません。現在のところセールスフォース・ドットコムは、今回の買収が業績に与える影響は非GAAPベースよりもGAAPベースの方がはるかに大きいと考えています。

Heroku社について
Heroku社は2007年、構築と同じくらい簡単に次世代Webアプリケーションを展開、管理、スケールアップできるPaaS(platform-as-a-service)の実現という理念に基づき、オライオン・ヘンリー(Orion Henry)、ジェームズ・リンデンバウム(James Lindenbaum)、アダム・ウィギンス(Adam Wiggins)の3氏が設立しました。業界をリードするRubyアプリケーションプラットフォームとして、Herokuは開発者の作業プロセスにしたがったワークフローとインターフェースを提供します。Herokuはマルチテナントアーキテクチャで提供されるので、管理すべき仮想マシン、インストールすべきソフトウェア、管理および調整すべき複雑なプラットフォームスタックは一切不要です。開発者はコードの書き込みだけに集中すれば、後はHerokuがすべての処理を実行します。現在同社には、Baseline Ventures社、Harrison Metal Capital社、Ignition Partners社、Redpoint Ventures社、Y Combinator.社が投資しています。 同社の本社は米国カリフォルニア州サンフランシスコで、従業員数は約30名です。

セールスフォース・ドットコムについて

グローバルでCRMをリードするセールスフォース・ドットコムは、企業が顧客と新しいカタチでつながることを支援します。詳細は、http://www.salesforce.com/jp/ をご覧ください。

本リリースおよび他のリリースや発表などで言及している今後提供予定のサービスや機能は、現在のところ利用できません。 サービスおよび機能の提供開始日は事前の予告なく延期または中止される可能性があります。セールスフォース・ドットコムのアプリケーションを購入する場合は、現在利用可能な機能を基に、購入の意思決定を行うものとします。 セールスフォース・ドットコムは、本社をサンフランシスコに置き、ヨーロッパならびにアジアでも事業を展開しています。同社は、ニューヨーク証券取引所に上場しており、ティッカーシンボルCRMで取引されています。

© 2017 salesforce.com, all right reserved. Salesforce、Salesforce1、Heroku、その他はsalesforce.comの商標です。 本プレスリリースに記載されているその他の商標は各社に属します。