セールスフォース・ドットコム、業界をリードする ソーシャルメディア・モニタリングプラットフォーム・ベンダー Radian6社買収の最終合意に署名

【米国リリース抄訳】
※当資料は、2011年3月30日に米国で発表されたニュースリリースの抄訳版です。
2011年4月5日
株式会社セールスフォース・ドットコム

 

ソーシャルメディアをモニタリング、分析し参加するためのプラットフォーム - AAA 社、Dell社GE社、Kodak社、Molson Coors社、Pepsico社、UPS社等 FORTUNE 100企業の半数以上が導入

Facebook、Twitter、YouTube、ブログ、オンラインコミュニティで毎日交わされる数億単位の会話を モニタリングし、知見をリアルタイムに企業に提供する独自テクノロジー

Sales Cloud、Service Cloud、Chatter、Force.comを含むすべてのSalesforce製品を
ソーシャルインテリジェンスによって強化

セールスフォース・ドットコムとRadian6のテクノロジー統合により、パブリック・ソーシャルネットワークとChatterのセキュアな社内ソーシャルネットワークをつなぐ環境を提供

 

エンタープライズ・クラウドコンピューティング企業の米国セールスフォース・ドットコム(日本法人:株式会社セールスフォース・ドットコム、本社:東京都港区、代表取締役社長:宇陀 栄次、以下:セールスフォース・ドットコム)は本日、業界をリードするソーシャルメディア・モニタリングプラットフォームを提供する Radian6 社買収の最終的な合意に達したことを発表しました。買収金額は現金約2億7,600万米ドル、株式約5,000万米ドルです(買収により取得した現金を除く)。この取引は慣習的な締結条件にしたがい、2011年7月31日に終了するセールスフォース・ドットコムの第2四半期に完了する予定です。

本ニュースに関するコメント

  • セールスフォース・ドットコムの会長兼CEO(最高経営責任者)、マーク・ベニオフは次のように述べています。
    「ソーシャルメディア・モニタリングにおける市場リーダーのRadian6社を統合しそのテクノロジーを得ることは、当社にとって非常に大きなチャンスをもたらします。これによって当社の成長がさらに促進されるだけでなく、当社が提供しているすべてのサービスの価値をさらに高めるでしょう」
  • Radian6 社のCEO(最高経営責任者)、マーセル・レブラン(Marcel LeBrun)氏は次のように述べています。
    「ソーシャルメディアによって、すべての企業が顧客の声に耳を傾けることの価値を認識するようになりました。当社のテクノロジーは、様々なソーシャルチャネルを含むリアルタイムの双方向会話といった顧客との関わり合いにおける新たな環境をサポートできるように構築されています。今回セールスフォース・ドットコム・チームの一員として迎えられたことでいっそうの成長を遂げ、急速に広がっている顧客層のニーズに応えられるようになります」

Radian6: ソーシャルメディア・モニタリングおよびエンゲージメントにおけるテクノロジーと市場のリーダー
2006年創立のRadian6社は、企業はソーシャルWebをモニタリングし顧客や見込み客が交わしている会話へ効果的に加わる必要があるというコンセプトに基づいています。同社が提供している独自のテクノロジーは Facebook、Twitter、YouTube、LinkedIn、ブログ、様々なオンラインコミュニティで毎日交わされている数億単位の会話を取り込み、実際の行動につながる知見をリアルタイムに企業に提供します。

現在同社は、ソーシャルメディア活動の追跡・分析を支援するモニタリングプラットフォームおよび個人およびコミュニティとオンラインでつながる環境を実現するエンゲージメントプラットフォームを提供しています。これらのプラットフォームを通じて手にした情報は、見込み客へのマーケティングと販売をより効果的に行い、顧客へ質の高いサービスを提供し、自社およびその製品、競合他社、サービスについて顧客間でどのような会話が交わされているのかを把握する上で非常に高い価値を発揮します。

顧客とのより深い関係構築にソーシャルメディアを活用する企業の増加に伴い、Radian6社の顧客ベースも急速に広がっています。AAA社、Dell社、GE社、Kodak社、Molson Coors社、Pepsico社、UPS社をはじめとする世界的な大手企業を含め、FORTUNE 100企業の半数以上がRadian6社のテクノロジーを採用しています。2010年に IT リサーチ大手 Forrester Research 社が発行した『The Forrester Wave™: Listening Platforms, Q3, 2010』レポートで同社は「リーダー」に評価されています。Radian6 Dashboardおよび Engagement Consoleを評価したこのレポートにおいて、Radian6社は機能面において他のプラットフォームを上回るランクに評価されただけでなく、対象ベンダー中製品戦略のスコアで唯一 5.00ポイント中5.00を獲得したとともに、顧客およびファイナンシャルの両方における市場プレゼンスで最高のスコアを獲得しました。

ソーシャルメディア環境で交わされている数億単位の会話をモニタリングするRadian6テクノロジー
この数年でソーシャルメディアは爆発的な広がりを見せ、電子メールのユーザ数を上回る数のユーザがソーシャルネットワーク・サイトを利用するようになり、今日 Facebook のユーザ数は5億人以上、Twitterのユーザ数は1億7,500万人以上、LinkedInのユーザ数は1億人以上を数えます。このようにソーシャルメディアの利用が爆発的に広がっている中、多くの企業の自社ブランドに対するコントロール性は低下し、ソーシャルWeb上で顧客や見込み客と緊密なコミュニケーションを図ることができなくなりました。

セールスフォース・ドットコムは、このようなソーシャルメディアの驚くべきスピードでの広がりによる業界全体の大規模なシフト、すなわち「Cloud 2」へのシフトをとらえました。クラウドコンピューティングの最初のフェーズは、低コストで迅速かつ使いやすいテクノロジーをユーザがデスクトップで利用できる環境の実現でした。Cloud 2は、ソーシャル性、モバイル性、オープン性のすべてを兼ね備えた次世代のクラウドコンピューティングを代表する存在です。今回 Radian6 社を買収し企業の社内外で行われているソーシャルコミュニケーションの管理能力強化を支援できるようになったことで、Cloud 2へのシフトはいっそう促進されることになるでしょう。

パブリック・ソーシャルWebからの知見をSalesforce環境に提供
クラウドコンピューティングにおけるリーダーであるセールスフォース・ドットコムは、顧客情報と完全に統合され拡張性と信頼性に優れたソーシャルメディア・モニタリングプラットフォームに対するユーザニーズを認識しています。「Salesforce」とRadian6が組み合わさることで、ユーザはパブリック・ソーシャルWebの中核となる環境をセールスフォース・ドットコムのアプリケーションおよびプラットフォームに統合できるようになります。

  • Sales Cloud/Service Cloud: ブランドおよびカスタマーエンゲージメント戦略にとって必須の要件となったソーシャルメディアのモニタリングとエンゲージメントによって、企業は自社ブランドに関する顧客の会話に参加し、顧客や見込み客とのつながりを維持できるようになります。Radian6 社のソーシャルメディア・モニタリングおよびエンゲージメントのプラットフォームと Sales Cloud および Service Cloud を統合してリアルタイムのソーシャルインテリジェンスを手にすることで、企業は顧客の成功を中心に据えてビジネスを推進することが可能になります。
  • Salesforce Chatter: Radian6 社とセールスフォース・ドットコムは、FacebookやTwitter、YouTube、ブログ、オンラインコミュニティなどのパブリック・ソーシャルネットワークと、「Salesforce Chatter」のようなセキュアな社内ソーシャルネットワークをつなぐ環境を提供します。Chatterフィードを企業の壁の内側で行われている活動のみに制限することなく、Facebookのファンページ、Twitter のフォロワー、ブログのコメントなどから寄せられる数多くのリアルタイムの知見と統合することが可能になります。
  • Force.com プラットフォーム: 開発者は Radian6 環境を活用するアプリケーションを構築し、あらゆる環境にソーシャルWebを統合できるようになります。ダイナミックな市場を背景に、セールスフォース・ドットコムは今回のRadian6社買収で、他にはない独自のテクノロジーによって開発者およびパートナーのエコシステムを拡張する非常に大きな機会を得ます。

Radian6社買収提案の詳細
セールスフォース・ドットコムによるRadian6社の買収額は現金約2億7,600万米ドル、株式約5,000万ドルです(買収により取得した現金を除く)。さらに同社創設者には株式約1,000万米ドル現金約400万米ドルが支払われます(2年間の権利確定条件付)。この買収取引は Radian6 社取締役会および株主の承認を得ており、慣習的な締結条件にしたがい、2011年7月31日に終了するセールスフォース・ドットコムの2012会計年度第2四半期に完了する予定です。

この買収取引の条件に関する詳細およびその他の情報は、セールスフォース・ドットコムがSEC(米国証券取引委員会)に提出する最新レポート(Form 8-K)で確認できます。

Radian6社買収提案の財政面への影響
2012会計年度第1四半期: セールスフォース・ドットコムの第1会計四半期への実質的な影響はないと思われます。第1四半期ガイダンスの更新は行いません。 2012会計年度第2四半期: 2011年7月31日に終了する第2四半期について、収益は約500万米ドル増加し、非GAAPの1株あたり利益は0.08米ドル程度減少する見込みです。 2012会計年度: 2012年1月31日に終了する会計年度について、収益は約4,500万~5,000万米ドル増加し、非GAAPの1株あたり利益は0.11米ドル程度減少する見込みです。セールスフォース・ドットコムは2011年2月24日に提出した年間ガイダンスを更新し、今回の買収の影響を反映させます。具体的には、2012年度の売上を概算で20億7,500万~21億米ドルの範囲に、また非GAAPの1株あたり利益を1.24~1.27米ドルに更新します。

非GAAPの1株あたり利益には、株式基準の報酬、購入無形資産の償却および同社転換優先債権の債務割引の償却、またこれらの項目に関連する税金は含まれていません。GAAPベースの業績へ今回の買収が与える財政的な影響は、買収完了後に買収額の配賦が行われるまで確定できません。現在のところセールスフォース・ドットコムは、今回の買収が1株あたり利益(希薄化後)に与える影響は非GAAPベースよりもGAAPベースの方がはるかに大きいと考えています。

Radian6社について
Radian6社はソーシャルメディア・モニタリング、エンゲージメント、インサイトプラットフォームの提供におけるリーディングベンダーで、Dell社、Kodak社、PepsiCo社、UPS社および世界をリードする数多くの広告代理店およびマーケティング企業を含む 2,400 社以上の企業が導入しています。来る4月7~8日、米国イリノイ州シカゴにおいて同社初のユーザカンファレンス『Social 2011』が開催されます(http://www.social2011.com/)。同社の詳細は Web サイト www.radian6.com をご覧ください。

セールスフォース・ドットコムについて

グローバルでCRMをリードするセールスフォース・ドットコムは、企業が顧客と新しいカタチでつながることを支援します。詳細は、http://www.salesforce.com/jp/ をご覧ください。

本リリースおよび他のリリースや発表などで言及している今後提供予定のサービスや機能は、現在のところ利用できません。 サービスおよび機能の提供開始日は事前の予告なく延期または中止される可能性があります。セールスフォース・ドットコムのアプリケーションを購入する場合は、現在利用可能な機能を基に、購入の意思決定を行うものとします。 セールスフォース・ドットコムは、本社をサンフランシスコに置き、ヨーロッパならびにアジアでも事業を展開しています。同社は、ニューヨーク証券取引所に上場しており、ティッカーシンボルCRMで取引されています。

© 2017 salesforce.com, all right reserved. Salesforce、Salesforce1、Heroku、その他はsalesforce.comの商標です。 本プレスリリースに記載されているその他の商標は各社に属します。