明治安田生命、東日本大震災被災者の保険金請求・支払い状況の管理に セールスフォース・ドットコムのクラウドプラットフォームを採用

2011 年 7 月 4 日
株式会社セールスフォース・ドットコム

 

約60万件のデータベースを要件確定後1週間で稼働開始

 

法人向けクラウドコンピューティング企業の株式会社セールスフォース・ドットコム(本社:東京都港区、代表取締役社長:宇陀 栄次、以下:セールスフォース・ドットコム)は本日、明治安田生命保険相互会社(本社:東京都千代田区、執行役社長:松尾 憲治、以下:明治安田生命)が、東日本大震災被災者の保険金請求や支払い状況の管理に、クラウド型プラットフォーム「Force.com」を採用し、システムを構築したことを発表しました。

明治安田生命は、被災地のお客さま情報や状況を正確に把握し、迅速な請求手続きと保険金等の支払いを進めていくために「Force.com」の導入を決定しました。「Force.com」は、ビジネスアプリケーションのクラウド型開発プラットフォーム環境を提供するので、圧倒的な早さでシステムの構築が可能です。明治安田生命では、約60万件におよぶ契約について、お客さまへの訪問、支払い等のお申し出、お客さま宛ての通知・電話等の状況を集約し、共有・管理しています。要件確定後、約60万件の対象データの移行も含め、わずか1週間でサービスを立ち上げ、本社、支社、営業所の約400名が利用する「請求確認状況入力システム」を5月より稼働開始しました。約400名の従業員がリアルタイムで情報を共有し、迅速な保険金等の支払い業務のために活用しています。

明治安田生命 情報システム部 システム業務G グループマネジャーの加藤 大策 氏は、次のように述べています。
「被災されたお客さまの迅速かつ正確な状況等の情報把握を通じて、ご請求手続きのご案内を行い、一日も早く保険金・給付金等をお支払いしていくことが我々の使命です。セールスフォース・ドットコムのクラウドを活用することにより、従来の手法に比べはるかに低いコストと短期間で約60万件のデータベースを構築することができました」

セールスフォース・ドットコムのサービスは、2011年4月30日現在、あらゆる規模、業種、地域で世界約97,700社に利用されており、明治安田生命は、その顧客の1社です。売上およびユーザ数はサービスの提供開始に伴って業績に反映されます。

セールスフォース・ドットコムについて

グローバルでCRMをリードするセールスフォース・ドットコムは、企業が顧客と新しいカタチでつながることを支援します。詳細は、http://www.salesforce.com/jp/ をご覧ください。

本リリースおよび他のリリースや発表などで言及している今後提供予定のサービスや機能は、現在のところ利用できません。 サービスおよび機能の提供開始日は事前の予告なく延期または中止される可能性があります。セールスフォース・ドットコムのアプリケーションを購入する場合は、現在利用可能な機能を基に、購入の意思決定を行うものとします。 セールスフォース・ドットコムは、本社をサンフランシスコに置き、ヨーロッパならびにアジアでも事業を展開しています。同社は、ニューヨーク証券取引所に上場しており、ティッカーシンボルCRMで取引されています。

© 2017 salesforce.com, all right reserved. Salesforce、Salesforce1、Heroku、その他はsalesforce.comの商標です。 本プレスリリースに記載されているその他の商標は各社に属します。