セールスフォース・ドットコム、企業向けファイル共有システム「Salesforce Files」を発表

【米国発プレスリリース】
※当資料は、2013年9月6日に米国で発表されたニュースリリースの抄訳版です。

2013年9月9日

営業、カスタマーサービス、マーケティング、その他のビジネスプロセスとあらゆるファイルを、
あらゆるデバイスからシームレスにつなぐ、企業向けファイル共有システム

外部のストレージに格納されたファイルに信頼性の高いSalesforce Platformを通してアクセスし、
モバイル環境およびソーシャル環境へと展開することが可能に

世界シェアトップ* のCRMプラットフォームを提供する米国セールスフォース・ドットコム(日本法人: 株式会社セールスフォース・ドットコム、本社:東京都千代田区、代表取締役社長: 宇陀栄次)は本日、あらゆるファイルとビジネスをつなぐ企業向けファイル共有システム「Salesforce Files」を発表しました。Salesforce Filesは、あらゆるデバイスで、営業、カスタマーサービス、マーケティング、その他のビジネスプロセスとあらゆるファイルをシームレスにつなぐことを可能にする企業向けファイル共有システムです。Salesforce Filesによって、「カスタマーカンパニー」(ソーシャル・モバイル時代に即した顧客志向を実現することで成長力を高める企業)は、外部のストレージに格納されているファイルに、信頼性の高いSaleforce Platformを通してアクセスし、モバイルおよびソーシャル環境へと展開することで、その価値を最大限に引き出すことが可能になります。

本ニュースに関するコメント

  • セールスフォース・ドットコムのSalesforce Chatterエグゼクティヴバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャー、ナシ・ジャザイエリ(Nasi Jazayeri)は次のように述べています。
    「企業の従業員は連携のない複数のストレージからファイルを寄せ集めて仕事をこなしているのが現状ですが、Salesforce Filesはこのような環境を根本から変革します。Salesforce Filesによって、ユーザはファイルがどこに格納されているのかに関係なく、信頼性の高いプラットフォームを基盤にあらゆるファイルとビジネスをつなぎ、モバイル化、ソーシャル化することが可能になります。」
  • Forrester Research社のリズ・ハーバート(Liz Herbert)氏は同社レポート『Sourcing Digital Disruption』(デジタル革新を活用する)(2013年5月)において次のように述べています。
    「セールスフォース・ドットコム社が提供しているようなツール(Salesforce Files)によって、企業内外のコラボレーション環境は大きな変革を遂げました。」

顧客へのプレゼンテーション、FAQ、パートナーに配布する価格表や製品仕様など、あらゆるビジネスプロセスにとってファイルは中核的な役割を果たす存在です。しかし、これらのファイルはオンプレミス環境やクラウド環境のストレージ、ローカルのデバイスなど連携されていない複数のシステムに分散され、営業やカスタマーサービス、マーケティング、他の重要なビジネスプロセスで分けられてしまっているのが現状であり、ユーザは仕事のために適切なファイルを探さなければならず、場合によってはあらためて作成しなければならないことさえあります。 しかし、このような状況はもう過去のものとなります ― Salesforce Filesによって、企業はあらゆるファイルとビジネスをつなぐことが可能になります。

あらゆるデバイスから、あらゆるファイルと営業、カスタマーサービス、マーケティング、その他のビジネスプロセスをつなぐ
Salesforce Files(以前のSalesforce Chatterbox)は、あらゆるファイルをあらゆるデバイスから、営業、カスタマーサービス、マーケティング、その他のビジネスプロセスとシームレスにつなぐことを可能にする企業向けファイル共有システムです。Salesforce Filesによって、たとえば外出している営業担当者はエキスパートと最新版のFAQを簡単に共有し、質の高いサポートを受けられます。オンサイトのサービスエージェントであれば、モバイルデバイスから技術仕様書の最新版へアクセスし、案件を迅速に契約へ結び付けることができます。クリエイティブなブリーフィング、広告コピー、ブランド資産なども1レコードで共有できるので、全世界のマーケティングチームがキャンペーンの各ステップを簡単に管理できます。面接担当者であれば採用希望者の履歴書を取捨選択して携帯電話から直接フィードバックを送ることで、採用プロセスを促進できます。

信頼性の高いSalesforce Platformを基盤に、外部オンラインストレージからのファイルのモバイル化とソーシャル化を実現し、最大限に価値を引き出す
カスタマーカンパニーはたとえばBoxやGoogle Drive、SharePoint などの外部オンラインストレージに格納されているファイルを、信頼性の高いSalesforce Platformを通じてモバイル環境およびソーシャル環境へ展開することが可能になります。どのファイルも元のストレージに格納されたままで、Salesforce Platformは各ストレージのすべてのアクセスコントロールを遵守するので、IT管理者およびCIO(最高情報責任者)は、たとえばSalesforce内のファイルへのアクセス、閲覧、共有ができるのは、Salesforce内で指定のファイルに対するアクセス、閲覧、共有が認められている従業員のみという環境をそのまま維持できます。

モバイルアクセスを提供すると共にファイルをソーシャルフィードで利用できるようにすることで、すべての従業員が迅速にファイルを発見し、そのコンテキストを理解して活用し、ビジネスプロセスを前へ進めることが可能になります。もう営業担当者は、価格情報を見つけて共有するために、連携されていない3つのストレージ間を行き来する必要はありません。サービスエージェントは、SharePoint内で適切なFAQを見つけ、チーム内で共有し、全員で案件の解決に当たることができます。また研究開発のマネージャーは、BoxとGoogle Driveに格納されている様々なプロジェクトプランを再利用し、製品開発プロセスのすべてのステップを前進させることができます。

いつでもどこからでもビジネスでファイルを最大限に活用
Salesforce Filesのプライベートベータプロジェクトに参加しているDenMat社およびKelly Services社は、従業員がどこからでもあらゆるデバイスからファイルを共有、同期化し、コラボレーションを実現できる環境を提供することで、ビジネスでファイルの価値を最大限に引き出しています。たとえば営業担当者はオフィスへ戻るタクシーの中で取引先の最新情報を確認することや共有しているRFP(提案依頼書)の内容をチェックすることで戦略的な取引を契約へ結び付けることが可能になり、マーケティングマネージャーは予定されているユーザカンファレンスについてイベント代理店と最新のキャンペーン情報を共有し協業するためにデスクに張り付いている必要がなくなり、エンジニアは検品時にモバイルデバイスから製品のパフォーマンスレポートにアクセスし、常に手元で最新の情報を確認することができます。

価格および提供時期

  • Salesforce Filesは、現在プライベートベータ版を提供しています。
  • Salesforce Files の料金は、一般提供開始時に発表の予定です。

その他の情報

セールスフォース・ドットコムについて

セールスフォース・ドットコムは、世界No.1のCRM(顧客関係管理)およびIntelligent Customer Success Platformを提供し、企業が顧客と新しいカタチでつながることを支援します。詳細は、http://www.salesforce.com/jp/ をご覧ください。

本リリースおよび他のリリースや発表などで言及している今後提供予定のサービスや機能は、現在のところ利用できません。 サービスおよび機能の提供開始日は事前の予告なく延期または中止される可能性があります。セールスフォース・ドットコムのアプリケーションを購入する場合は、現在利用可能な機能を基に、購入の意思決定を行うものとします。 セールスフォース・ドットコムは、本社をサンフランシスコに置き、ヨーロッパならびにアジアでも事業を展開しています。同社は、ニューヨーク証券取引所に上場しており、ティッカーシンボルCRMで取引されています。

© 2017 salesforce.com, all right reserved. Salesforce、Salesforce1、Heroku、その他はsalesforce.comの商標です。 本プレスリリースに記載されているその他の商標は各社に属します。