セールスフォース・ドットコム、「Salesforce1 Sales Cloud」を発表 Internet of Customers(顧客のインターネット)時代の営業を変革

【米国リリース抄訳】
※当資料は、2013年11月20日に米国で発表されたニュースリリースの抄訳版です。

2013年11月21日
株式会社セールスフォース・ドットコム

営業支援カスタムアプリケーションの構築と、あらゆるデバイスからのアプリケーション配布が可能に

新ソリューション「Salesforce Console for Sales」によって、「Deal Trending」やリアルタイムの
ソーシャルインサイト、セールスコーチングなどの機能を一画面に統合・活用することで
営業プロセスを加速

「Salesforce Pardot」によるセールスキャンペーン管理によって、各種データを見込み客との1対1の
つながりへと深めることで営業を促進

世界シェアトップ* のCRMプラットフォームを提供する米国セールスフォース・ドットコム(日本法人: 株式会社セールスフォース・ドットコム、本社:東京都千代田区、代表取締役社長: 宇陀栄次)は本日、「Internet of Customers」(顧客のインターネット)時代における営業活動を変革する新たなリューション「Salesforce1 Sales Cloud」を発表しました。Salesforce1 Sales Cloudによって、開発者はカスタマイズした営業支援アプリケーションを構築することが可能になり、管理者はこのアプリケーションをあらゆる場所から、あらゆるデバイスを通じて、自社営業部門のユーザへ配布することができます。さらに、新ソリューション「Salesforce Console for Sales」では、「Deal Trending」、リアルタイムのソーシャルインサイトや、埋め込みのセールスコーチングなどの機能を一画面に統合し活用することが可能で、ユーザは営業プロセスを加速させることができます。またセールスキャンペーンを管理する「Salesforce Pardot」では、見込み客のデータおよびキャンペーンエンゲージメントのデータを1対1のつながりへと深めることで営業の促進を支援します。DocuSign社やXactly社をはじめとする大手ISV(独立ソフトウェアベンダー)各社がSalesforce1 Customer Platformに対応し、Salesforceユーザが顧客とのつながりを変革するための手段を提供します。セールスフォース・ドットコムの営業支援アプリケーション「Sales Cloud」は、ADP社、HP社、Philips社をはじめとする企業をサポートしています。

本ニュースに関するコメント

  • セールスフォース・ドットコムのSales Cloud担当エグゼクティブ・バイスプレジデント兼ジェネラルマネージャ リンダ・クロフォード(Linda Crawford)は次のように述べています。
    「ソーシャル、モバイル、コネクテッドテクノロジーの普及は新たな購買層を生み出しました。彼らは企業により多くを期待しています。企業と顧客の関係が大きく変化している今日の世界において、企業は、営業環境の変革を迫られています。当社の新しいSalesforce1 Sales Cloudは、"Internet of Customers"(顧客のインターネット)時代の営業活動を支援するプラットフォームです。」
  • ADP社のワールドワイドセールス&マーケティング担当エグゼクティブ・バイスプレジデント エド・フリン(Ed Flynn)氏は次のように述べています。
    「当社は、お客様に質の高いセールスエクスペリエンスを提供するとともに、幅広いアプリケーションおよびデバイスにわたってシームレスな接続を求める620,000のクライアントベースを成長させていく必要があります。 新しいSales Cloudはまさにこれを実現してくれます。当社の営業担当者は、より多くの見込み客と接触し、商談を契約に結び付け、最終的にお客様に喜んでいただくために必要な情報とサポートを手にすることができます。」
  • IDC社のソフトウェア・ビジネスソリューション担当グループ・バイスプレジデント マイケル・フォーシェット(Michael Fauscette)氏は次のように述べています。
    「常時オンラインに接続し、つながりを重視する顧客をサポートしなければならない今日の『情報の時代』において、企業は営業手法を進化させる必要があります。企業はクラウドテクノロジーとモバイルテクノロジーを活用することでチームをつなぎ、情報と知見の自由なやり取りを促進することで、見込み客と質の高い1対1の関係を構築し、営業チームの生産性を高め、最終的に営業の実績を高めることが可能になります。」

Salesforce1 Sales Cloudの概要 - Internet of Customers(顧客のインターネット)時代の営業を変革
現在、世界はあらゆるものがつながった環境(コネクテッドワールド)になりつつあり、毎日数百万の新しい製品、アプリケーション、デバイスがインターネットに接続されています。2020年までに、スマートフォンやウェアラブルデバイスからジェットエンジン、自動車まであらゆるモノがインターネットに接続され、その数は500億を超えるとされています1。すべての製品、アプリケーション、デバイスの背後には、これらを利用している顧客がいます。 Corporate Executive Board社の調査によると、こうしたコネクテッドワールドでは顧客が営業担当者に連絡する時点で、すでに購入の意思決定プロセスは60%まで済んでいるとされます2。このことは、営業担当者にとって商談を主導的に進める時間が少なく、1対1の関係を築く機会が限られていることを意味します。これが、「Internet of Customers」(顧客のインターネット)時代における営業の前提となります。

Salesforce1 Customer Platformを基盤に構築されているSales Cloudは、企業がソーシャル、モバイル、クラウドを活用し、すべてのアプリケーション、従業員、パートナー、製品、デバイスと顧客をつなげるInternet of Customers時代の営業支援プラットフォームです。

革新的なSalesforce1 Sales Cloud: Salesforce1 Sales Cloudによって、開発者は営業支援のためのカスタムアプリケーションを構築することが可能になり、管理者はこのアプリケーションをあらゆる場所から、あらゆるデバイスを通じて、自社営業部門のユーザへ配布することが可能になります。企業はワンクリックするだけで、営業チーム全体でカスタマイズされた営業プロセスとアプリケーションを共有・実行することができ、営業担当者はいつでもあらゆるデバイスからSalesforce CRM、すべてのカスタマイゼーション、すべての顧客アプリケーションへアクセスし、見積の承認、連絡先担当者の作成、商談の更新、カスタムアクションの作成などを実行することが可能になります。

Salesforce1は開発者、ISV(独立ソフトウェアベンダー)、管理者、エンドユーザ、顧客によるソーシャル/モバイル/コネクテッドクラウドへの移行を実現するCRMプラットフォームです。

コネクテッドワールドにおける営業向け新ソリューションSalesforce Console for Sales: Salesforce Console for Salesは、コネクテッドワールドにおける営業支援のソリューションです。営業担当者は、営業のあらゆるプロセスで必要なすべての情報が一画面に統合された形でシームレスにアクセスすることができます。Salesforce Console for Sales は、Deal Trending情報、Salesforce Pardotによるセールスキャンペーン管理からの最新のリードおよびソーシャルインサイト情報、Salesforce Work.comとSalesforce Chatterによるセールスコーチング、Salesforce Data.comからの最新の顧客データをストリーミングで提供します。営業担当者は複数のウィンドウを開く必要はなく、あらゆる情報が統合されリアルタイムにプッシュ通知される一つの顧客データ画面上で、必要とするすべての適切な情報にアクセスできます。

営業とマーケティングの統合 - Salesforce Pardotセールスキャンペーン管理: セールスキャンペーン管理のSalesforce Pardotによって、営業担当者は顧客と1対1の関係を構築することが可能になります。Salesforce Pardotは見込み客およびキャンペーンエンゲージメントの情報を提供することで営業とマーケティングチーム間の連携を促進し、営業担当者が購買プロセスの早い段階で顧客の意思決定に関わることを可能にします。すべての営業担当者は自分だけの自動化された1対1キャンペーン戦略を背景に営業活動を進めることが出来ます。

大手ISV各社がSalesforce1 Sales Cloudに対応
DocuSign社やXactly社をはじめとする大手ISV各社がSalesforce1 Customer Platformに対応し、Salesforceユーザが顧客とのつながりを変革するための手段を提供します。営業担当者は、日々の営業活動で利用しているISVのアプリケーションへ、どこにいてもあらゆるデバイスからSales Cloudを通じてシームレスにアクセスできます。

世界的大手企業のビジネスをサポートするSalesforce1 Sales Cloud
ADP社、HP社、Philips社をはじめ、世界中で多くの大手企業がSales Cloudによって今日のコネクテッドワールドにおける営業の新たなニーズに応えています。Gartner社は、7年間連続でSales CloudをSFA(営業支援システム)分野のリーダーとして評価しています。また先ごろ第三者機関がSales Cloud 導入企業に対して行った調査では、リードコンバージョン率が38%向上したとともに営業の生産性は36%、成約率は26%それぞれ増加し、最終的に28%の売上増加につながったことが明らかになっています。

Salesforce1 Customer Platform
Salesforce1 Customer Platform は、Internet of Customersの時代において営業、カスタマーサービス、マーケティング支援アプリケーションの変革を実現できるように構築された、ソーシャルおよびモバイル対応のクラウド型カスタマープラットフォームです。エンタープライズ・クラウドコンピューティングの先駆者セールスフォース・ドットコムが提供する次世代クラウドプラットフォームSalesforce1によって、企業はこれまでとはまったく違う新しい手段で顧客とつながることが可能になります。

価格および提供時期

  • Salesforce1 Customer Platformを基盤に構築されているSalesforce1 Sales Cloudは現在提供中で、価格はProfessional Editionユーザあたり月額65ドルからとなります
  • Salesforce Console for Salesは現在提供中で、価格はユーザあたり月額10ドルからとなります。
  • Salesforce Pardotは現在提供中で、価格はユーザあたり月額1,000ドルからとなります(最大30,000コンタクト)。

セールスフォース・ドットコムのソーシャルメディア公式アカウント

  • Facebook: http://www.facebook.com/SalesforceJapan
  • Twitter: @SalesforceJapan

1 Cisco’s Internet Business Solutions Group (IBSG)
2 http://www.executiveboard.com/marketing-blog/the-most-important-number-in-b2b-marketing/

セールスフォース・ドットコムについて

グローバルでCRMをリードするセールスフォース・ドットコムは、企業が顧客と新しいカタチでつながることを支援します。詳細は、http://www.salesforce.com/jp/ をご覧ください。

本リリースおよび他のリリースや発表などで言及している今後提供予定のサービスや機能は、現在のところ利用できません。 サービスおよび機能の提供開始日は事前の予告なく延期または中止される可能性があります。セールスフォース・ドットコムのアプリケーションを購入する場合は、現在利用可能な機能を基に、購入の意思決定を行うものとします。 セールスフォース・ドットコムは、本社をサンフランシスコに置き、ヨーロッパならびにアジアでも事業を展開しています。同社は、ニューヨーク証券取引所に上場しており、ティッカーシンボルCRMで取引されています。

© 2017 salesforce.com, all right reserved. Salesforce、Salesforce1、Heroku、その他はsalesforce.comの商標です。 本プレスリリースに記載されているその他の商標は各社に属します。