セールスフォース・ドットコム、「Salesforce1 AppExchange Accelerate」を発表 Salesforce1 Customer Platformを基盤にソーシャル、モバイル、コネクテッド・クラウド アプリケーションを提供するエンタープライズISVを支援

【米国リリース抄訳】
※当資料は、2013年11月20日に米国で発表されたニュースリリースの抄訳版です。

2013年11月21日
株式会社セールスフォース・ドットコム

Salesforce 1 AppExchange Accelerateプログラムでは、ISVによる次世代エンタープライズアプリ ケーションの構築、マーケティング、販売に必要なテクノロジーとサービスを提供

ISVはAppExchangeのビジネスモデルを活用して革新と成長へ投資し、
初期段階から収益性の高いビジネスを創出することが可能に

ユーザはあらゆるデバイスからソーシャル、モバイル、コネクテッド・クラウドアプリケーションの
エコシステムへアクセスし、Salesforce1でビジネス全体を遂行可能に

多くの大手企業がSalesforce1を活用し、アイデアをアプリケーションとして実現

世界シェアトップ* のCRMプラットフォームを提供する米国セールスフォース・ドットコム(日本法人: 株式会社セールスフォース・ドットコム、本社:東京都千代田区、代表取締役社長: 宇陀栄次)は本日、「Salesforce1 AppExchange Accelerate Program」を発表しました。このプログラムは、Salesforce1 Customer Platformを基盤にソーシャル、モバイル、コネクテッド・クラウドアプリケーションを提供するエンタープライズISV(独立ソフトウェアベンダー)を支援する役割を果たします。AppExchange Accelerateプログラムは、ISVが次世代エンタープライズアプリケーションを構築、マーケティング、販売する上で必要なテクノロジーと市場展開に向けたサービスを提供します。ISVはAppExchangeのビジネスモデルに基づき、インフラストラクチャではなく革新と成長へ投資を集中させ、初期段階から収益を見込めるビジネスを創出できます。またユーザはあらゆるデバイスからソーシャル、モバイル、コネクテッド・クラウドアプリケーションのエコシステムへアクセスし、Salesforce1でビジネス全体を遂行することが可能になります。Apttus社、FinancialForce.com社、Kenandy社、nCino社、Veeva Systems社をはじめ、多くの大手企業が、すでにSalesforce1によって画期的なアイデアをアプリケーションとして実現し、アプリケーション企業として成功を収めています。

本ニュースに関するコメント

  • セールスフォース・ドットコムのプラットフォーム担当エグゼクティブ・バイスプレジデント マイク・ローゼンバウム(Mike Rosenbaum)は次のように述べています。
    「新世代のコネクテッドビジネスに向け、既存のすべてのエンタープライズアプリケーションは一新されるでしょう。この流れに乗ったISVは、次世代のビジネスアプリケーション企業へと転換するまたとないチャンスを手にすることになります。Salesforce1 Platform、市場展開サービス、業界有数のビジネスアプリケーションのマーケットプレイスを統合したAppExchange Accelerateは、次世代コネクテッドアプリケーションの構築とマーケティング、販売を可能にします。」
  • Veeva Systems社の創立者でCEO(最高経営責任者)ピーター・ガスナー(Peter Gassner)氏は次のように述べています。
    「私たちは、AppExchangeを、ライフサイエンスをクラウドの世界へ移行させ、複雑なレガシーソフトウェア環境への依存を断ち切る機会であると捉えました。Salesforce1 Customer Platformによってハードウェアとプラットフォームインフラストラクチャへ大規模な投資をする必要がなくなり、アプリケーションの構築に集中できるようになりました。その結果、短時間で市場へ展開して高い収益性を実現し、顧客価値の創出に注力することが可能になりました。」
  • IDC社のエンタープライズアプリケーション&デジタルコマース担当リサーチディレクタ クリスティン・ドーヴァー(Christine Dover)氏は次のように述べています。
    「エンタープライズアプリケーション市場は巨大な市場ですが、その規模はますます拡大しています。企業はそれぞれのニーズに合ったクラウドベースのアプリケーションを必要としています。どの企業も汎用アプリケーションをビジネスに合わせたり新たにITスタッフを雇ったりすることを求めていません。Salesforce PlatformとAppExchange Accelerateプログラムは、企業が必要としているこれらのアプリケーションをISVが提供することを可能にします。」

企業がその顧客と価値あるつながりを構築しながらより効果的にビジネスを進めるための新たな方法へ投資を続けていく中で、ソーシャル、モバイル、コネクテッド・エンタープライズアプリケーションの市場は爆発的に成長しています。顧客データと連携したビジネスプロセスの合理化であれ、業界ソリューション全体のクラウドへの移行であれ、ISVの前にはレガシーシステムを補完するアプリケーションへのニーズと大きなビジネスチャンスが広がっています。しかし残念なことにほとんどのISVがこのチャンスを活かすことができていないのが現状です。多くのISVのビジネスモデルは不安定で、そのテクノロジープラットフォームのコストは収益を上回ります。また自社製品に対する市場需要を過剰に見積っているISVも存在します。企業は実績のないソリューションを信頼することはできません。さらに、一部のISVは新規顧客獲得におけるマーケティングや営業、ベンチャー投資などの重要性を十分に認識していません。このように多くの課題がある中、ISVはコネクテッドワールドに向けた次世代のアプリケーション企業カンパニーへと転換するために、ビジネスの成功と収益性確保のモデルを必要としています。

Salesforce1 AppExchange Accelerateの概要 - Salesforce1 Customer Platformを基盤にエンタープライズISVを支援
AppExchange Accelerateプログラムは、Salesforceのカスタマープラットフォームと最適な市場展開サービスを組み合わせることで、初期段階からISVのエンパワメントを実現し、次世代の革新的なエンタープライズアプリケーションの構築、マーケティング、販売を可能にするビジネスモデルを提供します。トレーニングなどのコストは必要なく、また収益よりもコストの上昇率が上回るインフラストラクチャへ投資することなく、ISVは収益を生み出す活動に重要なリソースを投入できます。またSalesforce1を基盤にビジネスを構築することで、ISVは安定的かつ短期間で市場への展開を実現し、顧客とのつながりを変革しようとする企業向けにソーシャル、モバイル、コネクテッド・アプリケーションを提供することが可能になります。

AppExchange Accelerateプログラムは下記を提供します。

  • 実績あるAppExchangeのビジネスモデル - Salesforce1を基盤にアプリケーションを構築・展開することで、ISVは「販売した分だけ支払う」テクノロジーモデルによって、ビジネスの成長に合わせてプラットフォームコストを支払うことができます。トレーニングコストはなく、価格は予測することができ、スケーラビリティに制限はありません。このためISVは事業展開において重要な最初の数年間を、収益を生み出す活動へと集中させることができます。
  • エンタープライズ戦略 - 市場展開戦略および技術支援サービスからユーザエクスペリエンス・コンサルタントまで、AppExchange Accelerate はISVの成功に必要な方法論、各種リソース、エキスパートのアドバイスを提供します。ISVは開発のどの段階でも、いつでもこれらを利用できます。
  • インフルエンサーのネットワーク - メンタープログラムを通じ、ISVは成功の秘訣を学ぶことができます。このプログラムはより収益性の高いビジネスを実現するためにさらなる投資を必要としているISVにAccel Partners社、Bessemer Venture Partners社、Emergence Capital社、SV Angel社、Lightspeed Ventures社をはじめとするベンチャーキャピタル大手企業とのコネクションを提供すると共に、RocketSpaceやAlchemistといった有数のテクノロジー育成プログラムとも緊密に連携しています。
  • AppExchange Accelerateを通して、ISVは、Salesforceユーザからのニーズの高まりに応えるビジネスアプリケーションを提供することで短期間に収益を確保することが可能になります。リサーチ企業IDC社がセールスフォース・ドットコムの依頼に基づいて作成し先頃公開したホワイトペーパー「The Enterprise App Economy: How App Marketplaces are Changing the Way Vendors Market and Customers Shop (November 2013)」によると、ISVはAppExchangeのリードの質は非常に高いと考えており、リードから有望な商談へのコンバージョン率は17~71%の2桁台に上ると報告しています。本レポートには次のように記載されています。 「ソフトウェアベンダーとパートナー関係を進めていく上で、ISVの間に共通する不満の1つが質の高いリードの少なさですが、セールスフォース・ドットコムのパートナーについてはこの不満が聞かれません。逆にセールスフォース・ドットコムのパートナー間に共通しているのは質の高いリードと、これらのリードを実際に収益を生み出す顧客へと変える能力です (中略) またAppExchangeを基盤に契約に結び付いた取引の数も急増しており、前年比で倍増、場合によっては3倍に増加しています。」

    Salesforce1 AppExchange - あらゆるデバイスから利用できるソーシャル、モバイル、コネクテッド・クラウドアプリケーションのエコシステム
    2005年の提供開始以来、業界をリードするISVによるエンタープライズのためのソーシャル、モバイル、コネクテッド・クラウドアプリケーションを提供するマーケットプレイスとして、企業はAppExchangeに高い信頼を寄せています。今日までにSalesforceユーザがAppExchange からインストールしたアプリケーションは2,000以上を数え、インストール数は200万回を超えています。AppExchange Accelerateによって、AppExchangeが企業に提供できる選択肢はさらに増え、その幅はこれからも広がり続けます。ユーザはiPhoneからのダウンロードといった手軽な方法で革新的なビジネスアプリケーションを導入し、Salesforce1上でビジネス全体を遂行することが可能になります。また、信頼性の高いSalesforceのクラウドプラットフォームを基盤としたアプリケーションを活用することで、ユーザはアップグレードやメンテナンスを心配する必要なしに、より多くの時間を顧客との関係強化に集中させることができます。

    業界をリードするISVがSalesforce1 Customer Platformによって画期的なアイデアをアプリケーションカンパニーへの変革につなげて成功を実現
    Salesforce1は、すでにエンタープライズソフトウェアの新世代リーダーを生み出しています。たとえばApttus 社は見積から回収までの重要なビジネスプロセスをクラウドへ移行させ、FinancialForce.com社は自社独自のプラットフォームを構築するという初期プランを破棄してSalesforce1をビジネスの基盤にすることを決定しました。またKenandy社はERPシステムをクラウドへ移行させることで製造業界の変革を進めており、Veeva社も同様のアプローチを採用することで、Salesforce1によってライフサイエンス業界の成功へのパスを促進しています。

    Salesforce1 Customer Platform - Internet of Customers(顧客のインターネット)時代のカスタマープラットフォーム
    Salesforce1 Customer Platform は、Internet of Customersの時代において営業、カスタマーサービス、マーケティング支援アプリケーションの変革を実現できるように構築された、ソーシャルおよびモバイル対応のクラウド型カスタマープラットフォームです。エンタープライズ・クラウドコンピューティングの先駆者セールスフォース・ドットコムが提供する次世代クラウドプラットフォームによって、企業はこれまでとはまったく違う新しい手段で顧客とつながることが可能になります。

    価格および提供時期

    • Salesforce AppExchange Accelerateは2014年上半期に適切なスタートアップ企業を対象に提供開始の予定です。

    セールスフォース・ドットコムのソーシャルメディア公式アカウント

    • Facebook: http://www.facebook.com/SalesforceJapan
    • Twitter: @SalesforceJapan

セールスフォース・ドットコムについて

グローバルでCRMをリードするセールスフォース・ドットコムは、企業が顧客と新しいカタチでつながることを支援します。詳細は、http://www.salesforce.com/jp/ をご覧ください。

本リリースおよび他のリリースや発表などで言及している今後提供予定のサービスや機能は、現在のところ利用できません。 サービスおよび機能の提供開始日は事前の予告なく延期または中止される可能性があります。セールスフォース・ドットコムのアプリケーションを購入する場合は、現在利用可能な機能を基に、購入の意思決定を行うものとします。 セールスフォース・ドットコムは、本社をサンフランシスコに置き、ヨーロッパならびにアジアでも事業を展開しています。同社は、ニューヨーク証券取引所に上場しており、ティッカーシンボルCRMで取引されています。

© 2017 salesforce.com, all right reserved. Salesforce、Salesforce1、Heroku、その他はsalesforce.comの商標です。 本プレスリリースに記載されているその他の商標は各社に属します。