世界シェアトップ* のCRMプラットフォームを提供する株式会社セールスフォース・ドットコム(本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼CEO:小出伸一、以下:セールスフォース・ドットコム)は、株式会社リクルート住まいカンパニー(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:野口 孝広、以下、リクルート住まいカンパニー)がSalesforce1を導入したことを発表しました。 全ての業務をモバイルと企業内SNSで完結できる業界唯一のクラウドプラットフォームのSalesforce1を導入することにより、同社では営業部門とコールセンターを連携するとともに、モバイルを全面活用し、営業活動と顧客対応の大幅なスピードアップを実現しています。

リクルート住まいカンパニーは、不動産・住宅情報サイト「SUUMO」や、情報誌の発行を通じての情報提供や、全国に約100店舗を超えるSUUMOカウンターにおける相談サービスを通じて、新築マンション、注文住宅カスタマー、リフォーム等幅広く住宅・不動産に関する情報を提供している企業です。 今回、Salesforce1の導入によって、不動産会社の顧客情報ならびに顧客との対応履歴を一元的に管理できる仕組みを作りました。既存の訪問型の営業に加え、これまで以上にアフターフォローを充実、よりサービスをご活用頂くためにコールセンターを導入し訪問営業スタッフが受発注、失注といった営業結果を入力・集計し、Salesforce1を通してコールセンターと共有することで、チームワークが活性化されるとともに、モバイルを通じて営業履歴や資料にもアクセスすることができるため、リアルタイムで情報共有されることで効果的な提案を迅速に行えるようになりました。

今後、リクルート住まいカンパニーでは、自分達の営業情報を記録し活用するだけでなく、お客様とも情報を共有することで、「いつどんな提案を受けて、どういう状態にあるか」を、まるでSNSのようにお客様と一緒に見られる世界も遠くないと考えます。さらに、電話や訪問以外にも、メールやLINEのようなサービスとの履歴まで共有できる「chatterセンター」を実現し、次世代のお客様とのコミュニケーションづくりを創造していきたいと考えています。