Salesforceの技術を生かし、正規雇用での就業を目指す若者をサポート

最先端のプログラムと業界をリードする企業・団体での実践研修の機会を提供

セールスフォース・ドットコム(本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼CEO:小出伸一、以下:セールスフォース・ドットコム)のソーシャルエンタープライズ部門であり、社会貢献とビジネスを統合するセールスフォース・ドットコム ファンデーションは本日、若者就労支援プログラム「BizAcademy」を開催したことを発表しました。

セールスフォース・ドットコム ファンデーションが提供するBizAcademyとは、正規雇用されていない若者が、明確なキャリアビジョンを持ち自立することを目的とした就労支援プログラムです。本日から14日間にわたって、満18歳から29歳の若者8名を対象に、ビジネスマナーやITに関する基礎講座、CRM(顧客関係管理)プラットフォームであるSalesforceの管理者向けトレーニングなどの講座を開催します。 研修修了後には、セールスフォース・ドットコムのビジネスパートナーを中心とするIT企業等が受け入れ先となり、実践研修を行う機会※も用意されています。
※実践研修は受入企業・団体と参加者の合意がとれた場合のみ実施。

BizAcademyはセールスフォース・ドットコム ファンデーションの世界中の各拠点で実施され、これまでに200名以上の卒業生を輩出、パートナー企業や非営利団体での実践研修修了後に正規雇用につながった事例もあります。 今後もクラウドの技術を含む最先端の各種プログラムを提供することで、明確なキャリアビジョンを持って各方面で活躍する人材を育成していきたいと考えています。

●実施協力パートナー

(1) BizAcademyのメインパートナー:
特定非営利活動法人エティック

(2) BizAcademy修了生の実践研修先(順不同):
株式会社日本技芸
TAOドライブ株式会社
株式会社セラク
株式会社ファンドレックス
特定非営利活動法人NPOサポートセンター
株式会社エスワイシステム 

(3) Salesforce管理者トレーニング講師派遣:
エディフィストラーニング株式会社

(4) BizAcademyへのプログラム提供で協力:
アクセンチュア株式会社 コーポレート・シチズンシップ推進室(「若者の就業力・起業力強化」活動)、および一般社団法人アスバシ教育基金によるCTACプログラム(IT基礎講座)の提供
アクセンチュア株式会社のコーポレート・シチズンシップについて→ http://www.accenture.com/jp-ja/company/overview/Pages/corporate-citizenship.aspx
アスバシについて→ http://asubashi.jp/