当四半期の売上は、前年比26%増の14億4,000万ドル
通期売上は、前年比32%増の53億7,000万ドル
繰延収益の残高は、前年比32%増の33億2,000万ドル
成約済み未請求繰延収益の残高は、前年比27%増の約57億ドル
通期のオペレーティング・キャッシュフローは、前年比34%増11億7,000万ドル
FY16第1四半期の売上ガイダンスを14億8,500万ドル~15億500万ドルと予測
FY16の売上ガイダンスを64億7,500万ドル~65億2,000万ドルに上方修正



≪セールスフォース・ドットコム会長兼CEOマーク・ベニオフのコメント≫
「2015年度は、売上、繰延収益、オペレーティング・キャッシュフローが全て30%以上増加し、非GAAPベースの営業利益率も期待以上の伸びを見せ、飛躍的な成長の年となりました。当社は、エンタープライズソフトウェア企業の中で、最も速いスピードで通期売上50億ドルを達成しました。引き続き、このスピードで100億ドルを達成していきたいと思います。」



※ 本プレスリリースは、2015年2月25日(現地時間)に米国セールスフォース・ドットコムが発表したリリースです。NYSE上場企業の正式発表のため、原文(英語)のまま報告させていただきますが、ご参考までに上記の要約を追記させていただきました。詳しくは、英語原文をご参照ください。
http://www.salesforce.com/company/news-press/press-releases/2015/02/150225.jsp
 

グローバルでCRMをリードするセールスフォース・ドットコムは、企業が顧客と新しいカタチでつながることを支援します。詳細は、http://www.salesforce.com/jp/ をご覧ください。

本リリースおよび他のリリースや発表などで言及している今後提供予定のサービスや機能は、現在のところ利用できません。 サービスおよび機能の提供開始日は事前の予告なく延期または中止される可能性があります。セールスフォース・ドットコムのアプリケーションを購入する場合は、現在利用可能な機能を基に、購入の意思決定を行うものとします。 セールスフォース・ドットコムは、本社をサンフランシスコに置き、ヨーロッパならびにアジアでも事業を展開しています。同社は、ニューヨーク証券取引所に上場しており、ティッカーシンボルCRMで取引されています。