セールスフォース・ドットコム、「Salesforce for HR」を発表

【米国リリース抄訳】
※当資料は、2015年4月23日に米国で発表されたニュースリリースの抄訳版です

2015年4月28日
株式会社セールスフォース・ドットコム

 

新しいHRソリューションによって、企業と従業員が新しいかたちでつながることが可能に

Salesforce for HRはセールスフォース・ドットコムの実証済みエンタープライズプラットフォーム上で、 ソーシャル、モバイルエクスペリエンスを提供

カスタマーサクセスプラットフォームおよび世界シェアトップ のCRMを提供する米国セールスフォース・ドットコム(日本法人: 株式会社セールスフォース・ドットコム、本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼CEO: 小出伸一)は本日、従業員のサクセスプラットフォームである「Salesforce for HR」を発表しました。Salesforce for HRは、従業員のエンパワメントを実現することで従業員のエンゲージメントを変革し、優秀な人材の確保、管理、維持をするために必要なデータと知見を提供します。

一般消費者を対象にしたテクノロジーが普及したことで、従業員同士のつながり方や情報を利用する環境は大きく変わりました。今日、従業員はこのような一般消費者向けのテクノロジーと同じレベルのエンゲージメントやサービス、利便性、成功するために必要な情報とリソースへの迅速なアクセスを求めるようになってきています。

セールスフォース・ドットコムの製品担当プレジデント、アレックス・デイヨン (Alex Dayon) は次のように述べています。
「企業はクラウド、ソーシャル、モバイル、データサイエンステクノロジーの力を活用し、何が可能なのかということを見直し、従来の環境を根本から変えるようなカスタマーエンゲージメント環境を創り出そうとしています。Salesforce for HRによって、これと同じことを従業員に対しても行うことが可能になります。Salesforce for HRを活用することで、企業はかつてなかった環境で従業員とつながることができます。」

モバイルアプリケーションなどエンゲージメントを促進するツールを従業員に提供する企業は、従業員から大きな成果を引き出せるだけでなく、ビジネスや顧客の面でも良い成果を引き出せるでしょう。Forrester 社は、同社のレポート [1]で次のように述べています。
「優れたワークフォース (人材) エクスペリエンスは、優れたカスタマーエクスペリエンスにつながるところに価値があります。人事管理のリーダーは、優れたワークフォースエクスペリエンスによって従業員のエンゲージメントと高いパフォーマンスを実現し、顧客との関係においてもプラスの成果を引き出すことができます。」

Salesforce for HR - 従業員のサクセスプラットフォーム
クラウド、ソーシャル、モバイル、データサイエンステクノロジーを基にしたSalesforce for HRは、セールスフォース・ドットコムのカスタマーサクセスプラットフォームのメリットを活かし、従業員エンゲージ向けに構築されました。Salesforce for HRは、企業がこれまでとはまったく違う新しい環境で従業員とつながることを可能にするエンゲージメントシステムを提供することで、既存のHCM環境とHRMS環境をサポートします。

Salesforce for HRによって、従業員はよりスムーズにつながり、コミュニケーションを図り、コラボレーションを進めることが可能になります。人事管理のリーダーは従業員エクスペリエンスをOne-to-Oneのエンゲージメントに変えるツールを手にし、役員はアナリティクスの機能をフルに活用して質の高い豊富な情報に基づいて人事に関する意思決定を実行できるようになります。

  • 従業員ジャーニー:従業員の入社から育成にいたるまで、従業員のライフサイクル全体を通じてさまざまなチャネルとデバイスを横断してOne-to-Oneのエンゲージメントを提供します。
  • 従業員コミュニティ:従業員同士をつなぎ、コラボレーションの風土を醸成するコミュニティを構築できます。今日、従業員は仕事を進める上で、同僚や社内の専門家、リーダーとの質の高いコラボレーションを期待しています。
  • HRヘルプデスク:Service CloudをベースにするHRヘルプデスクによって、パーソナライズしたサービスエクスペリエンスを通じ、従業員がいつでもどこでも自分で問題を解決できる環境を提供できます。また人事管理部門には、従業員からの問題を迅速かつ正確に解決するための360度従業員ビューや情報を提供します。
  • Salesforce HRアナリティクス:リーダーは、人材の主要業績評価指標 (KPI) や生産性評価指標への可視性が高まり、より賢い意思決定を行うことができます。あらゆるデータソースを通じて統一されたビューを手にすることで、リーダーは従業員への新たな洞察を明らかにし、あらゆるデバイスから自分のチームのエンゲージメントを先回りして進められます。
  • エンゲージメントアプリケーション:従業員が必要とするモバイルアプリケーションを構築し、自社のビジネスプロセスに統合することができます。これらのアプリケーションによって、従業員はどこにいても採用やオンボーディング、面接、研修などの活動で高い生産性を発揮できるようになります。さらに、Appirio社、Deloitte社、Jobscience社、Lumesse社をはじめとするSalesforce for HRのエコシステムは、Salesforce1 Platformを活用して企業における従業員エンゲージメントの変革を促進できます。

 

価格および提供時期

  • Salesforce for HRソリューションは現在提供中です。これらのソリューションはSales Cloud、Service Cloud、Marketing Cloud、Community Cloud、Analytics Cloud、Salesforce1 Platformのテクノロジーを基盤に構築されています。

 

その他の資料

 

その他の資料

 

[1] 出典: 『Maximize Employee Value By Aligning With Customer Imperatives』Forrester Research社、2014年5月9日

セールスフォース・ドットコムについて

グローバルでCRMをリードするセールスフォース・ドットコムは、企業が顧客と新しいカタチでつながることを支援します。詳細は、http://www.salesforce.com/jp/ をご覧ください。

本リリースおよび他のリリースや発表などで言及している今後提供予定のサービスや機能は、現在のところ利用できません。 サービスおよび機能の提供開始日は事前の予告なく延期または中止される可能性があります。セールスフォース・ドットコムのアプリケーションを購入する場合は、現在利用可能な機能を基に、購入の意思決定を行うものとします。 セールスフォース・ドットコムは、本社をサンフランシスコに置き、ヨーロッパならびにアジアでも事業を展開しています。同社は、ニューヨーク証券取引所に上場しており、ティッカーシンボルCRMで取引されています。

© 2017 salesforce.com, all right reserved. Salesforce、Salesforce1、Heroku、その他はsalesforce.comの商標です。 本プレスリリースに記載されているその他の商標は各社に属します。