【米国リリース抄訳】
※当資料は、2015年5月21日に米国で発表されたニュースリリースの抄訳版です

Targeted Recommendations、Lightning Community Builder、コミュニティテンプレートSalesforce Files Connect for Googleドライブをはじめとする革新的な新機能を提供

数多くのグローバル企業と組織が、新たなレベルのインテリジェンス、スピード、エンゲージメントでコミュニティとのつながりを確立

カスタマーサクセスプラットフォームおよび世界シェアトップ* のCRMを提供する米国セールスフォース・ドットコム(日本法人: 株式会社セールスフォース・ドットコム、本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼CEO: 小出伸一)は本日、次世代の「Community Cloud」を発表しました。Targeted Recommendations、Lightning Community Builder 、コミュニティテンプレート、Salesforce Files Connect for Google ドライブをはじめとする革新的な新機能によって、ユーザはこれまでとはまったく違う新しい形で顧客、パートナー、従業員とつながることが可能になります。

本ニュースに関するコメント

セールスフォース・ドットコムのCommunity Cloud担当エグゼクティブ・バイスプレジデント、ナシ・ジャザイエリ(Nasi Jazayeri)は次のように述べています。
「いまやコミュニティは、顧客、パートナー、従業員と企業およびお互いをつなげる結合組織のような役割を担っています。当社の次世代Community Cloudは、企業がこのような結び付きをかつてないレベルで強化することを可能にするインテリジェンス、スピード、エンゲージメントを提供します。」



次世代Community Cloudが提供する次のような新しいイノベーションによって、企業はこのような成功をさらに広げることが可能になります。

インテリジェンス:Targeted Recommendations 機能は強力なアルゴリズムによって構造化データと非構造化データの両方を分析し、ポストやリソース、ファイル、グループなど最適なコンテンツをメンバーに提供します。この新機能はユーザの貢献度合いに基づいてエキスパートを判別し、個々の分野についてのエキスパートとして他のコミュニティメンバーに推薦します。コミュニティマネージャが具体的な情報とともにコンテンツを提案したり、指定のグループやメンバータイプ、個人をターゲットにフィードの発表をポストしたりすることも可能です。この機能によって、コミュニティマネージャはたとえば新入社員にパーソナライズしたメモを送信して研修コースに誘導したり、フィットネスのコミュニティ内で消費者をターゲットにランニングシューズのクーポンを提供したりすることができます。
スピード:Lightning Community Builder 、コミュニティテンプレートによって、開発者やITスタッフだけではなくすべてのビジネスユーザが、カスタマイズ、ブランディング、モバイル用に最適化したコミュニティを簡単迅速に展開できます。企業はLightning Community Builderを使用することで自社独自のコミュニティを構築できるだけでなく、Lightning Componentsによって独自のカスタムアプリを開発し、コミュニティに埋め込むことさえできます。たとえば非営利団体であれば、ボランティアイベントを組織化するアプリを短時間で構築し、自団体のホームページに埋め込むことができます。また、ドラッグ・アンド・ドロップで利用できる新しいテンプレートによって、カスタマイズしたデザイン、利用環境、データ統合を実行できます。
エンゲージメント:Salesforce Files Connect for Google ドライブによって、コミュニティメンバーは容易に協力し、作成したファイルやGoogle ドライブに格納しているファイルを共有することで、エンゲージメントを促進できます。たとえばマーケティングチームであれば、キャンペーンプランニンググループとGoogleファイルを共有することで、このファイルへ簡単にアクセスしコラボレーションを推進できます。Google ドライブ内のファイルは、例えば販売やサービスに関してのレコードに添付することができ、ユーザはビジネスフローの中にファイルを置くことで、一元化したユニバーサルなファイル共有ソリューションのメリットを手にできます。



世界中の企業・組織がこれまでとはまったく違う新しい形で顧客、パートナー、従業員とのつながりを確立
今日、すべての業種を通じてあらゆる規模の企業がCommunity Cloudを使用して、顧客、パートナー、従業員とつながる環境を変革しています。

eWAY社:豪州を拠点にするオンラインペイメント企業である同社は、Community Cloudによって顧客にオンラインセルフサービス環境を提供しています。ユーザは知識情報のライブラリを利用できるとともにeWAY社のエキスパートと直接コミュニケーションを図ることや、メンバー間で質疑応答を行うことができます。このコミュニティを導入した最初の1週間で、平均サービスケースは半減し、サービスレスポンス時間は16分間という驚くべき短時間へと大幅に短縮されました。
Sky社:英国およびアイルランドを拠点にするホームエンターテインメントおよびコミュニケーションプロバイダの同社は、Community Cloudによって人と人とのエンゲージメントを促進しています。同社はコミュニティを「エンゲージメントのシステム」から、さまざまなトピックをコミュニティ内の最優先事項に基づいてモデリングする「インテリジェンスのシステム」へと進化させています。
Unilever社:Employee Communitiesによって、数百のブランドおよびマーケティングから財務、SCM(サプライチェーン管理)、設備管理まで幅広い部門を通じて従業員を1つに統合しています。同社では、世界中のチームが「web jam(ウェブジャム)」と呼ばれる仮想ブレインストームで定期的に連携を図り、戦略開発、競合情報、キャンペーンプランなどを進めています。Employee Communitiesは社内のマーケティングチームと社外のパートナーおよびエージェンシーをつなぐことで、容易なコラボレーションとリソースの共有を実現しながら、承認されたパートナー以外は一定の情報にアクセスできないセキュリティコントロールを実装しています。



Community Cloudによって、企業はビジネスデータとプロセスを世界No.1のプラットフォームと統合し、モバイル利用が可能なインテリジェントでパーソナライズされた信頼できる環境を短時間で構築できるようになります。豊富な実績のあるSalesforce1 Platformを基盤に構築されているCommunity Cloudは、Salesforce CRMはもとよりConnect APIを通じてサードパーティのシステムやデータソースと直接統合できるので、企業は顧客、パートナー、従業員がそれぞれの成功に必要なツールおよび情報とつなぐことができます。今日、Community Cloudへの需要はAccenture社やDeloitte社などのSI(システムインテグレータ)、またCloudLock社やSocial SafeGuard社などのISV(独立ソフトウェアベンダー)をはじめ、広がり続ける強固なパートナーエコシステムを後押しする力となっています。

価格および提供時期

次世代Community Cloudのすべての革新的な新機能は、一般提供開始時に既存のCommunity Cloudライセンスに含まれます。
Targeted Recommendationsは現在提供中で、他の追加機能は2015年後半に提供開始の予定です。
Lightning Community Builder 、コミュニティテンプレートは現在提供中で、ドラッグ・アンド・ドロップコンポーネントおよびカスタムLightningコンポーネントの統合を含むCommunity Builder の追加機能は、2015年後半に提供開始の予定です。
Salesforce Files Connect for Google ドライブは、現在ChatterライセンスおよびEmployee Communityライセンス向けに提供中です。Partner CommunityライセンスおよびCustomer Communityライセンス向けのSalesforce Files Connect for Google ドライブは、2015年後半に提供開始の予定です。



その他の資料

Salesforce Community Cloudの詳細:http://www.salesforce.com/communities
Community Cloudの概要動画:https://www.youtube.com/watch?v=ob3pJ3mMS6M



その他の情報

Facebook: https://www.facebook.com/SalesforceJapan
Twitter: @SalesforceJapan
ブログ:http://blogs.salesforce.com/