セールスフォース・ドットコム、特定非営利活動法人CANVASと協働でSTEM教育を推進

2015年12月3日
株式会社セールスフォース・ドットコム

 

第一弾の取組みとして、東京都墨田区の小学校にプログラミングワークショップを提供

カスタマーサクセスプラットフォームおよび世界シェアトップ* のCRMを提供する株式会社セールスフォース・ドットコム(本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼CEO:小出伸一、以下:セールスフォース・ドットコム)は、セールスフォース・ドットコムの社会貢献部門であるSalesforce.orgが、特定非営利活動法人CANVASと協働し、STEM(注1) 教育を推進することを発表しました。取り組みの第1弾として、東京都墨田区にある小学校において、子どもたち向けプログラミングワークショップの提供と、教員へのSTEM教育活性化のための支援を行います。

STEM教育とは、未来を担う子どもたちの科学技術への興味関心を育み、理解の促進、科学リテラシーの向上を図ることで、将来国際社会において新しい価値を創造する人材を育てることを目標とした、これまでの理数教育を統合した教育です。今回Salesforce.orgはCANVASと協働することにより、創造・表現活動を通して、楽しみながらさまざまな科学技術に親しむ教育プログラムを提供し、それをより多くの子どもたちが体験できる機会を創出します。

この取り組みは、東京都墨田区にある小学校のパソコンクラブに所属する小学校4年生から6年生まで約20人に対して、月1回のクラブ活動時間内で、セールスフォース・ドットコムの社員およびCANVASのスタッフが、子どもたちにプログラミングを教えます。プログラミング学習を通じてICTに親しむだけでなく、子どもたちは外部の大人とのふれあいを通して、将来の仕事や働くことについて考えるきっかけを得ることもできます。また、同時に、学校教員や教育関連施設職員に向けた研修会などを実施することで、さまざまな課題を共有し、継続的にプログラミング学習を提供するためのサポートも行っていきます。今後この取組みを、学校・企業・NPO協働での授業づくりのモデルケースとし、その他の小中学校をはじめ、公立図書館や教育関連施設への展開も予定しています。

なお、2015年12月3~4日に開催するセールスフォース・ドットコムの国内年次カンファレンス「World Tour Tokyo 2015」において、Salesforce.orgはCANVASと協働でプログラミング学習教材を体験できるブースを出展し、子どもから大人まで幅広い世代へSTEM教育を伝えていきます。

(注1) STEM(ステム)教育:(科学(Science)、技術(Technology)、工学(Engineering)、数学(Mathematics)の分野を統合した理数系教育

Salesforce.orgについて
Salesforce.orgは、セールスフォース・ドットコムの人々、テクノロジー、リソースの活用により、世界中のコミュニティを向上するというシンプルなアイデアにもとづいています。この、ビジネスと社会貢献を統合したアプローチを 1-1-1 モデルといいます。1999年の設立以来、世界中においてセールスフォース・ドットコムのテクノロジーを提供し支援してきた非営利団体および教育機関の数は27,000以上、助成金は1億ドル以上、社員がボランティア活動に費やしてきた時間は110万時間を超えています。 Salesforce.orgの詳細はこちら(http://www.salesforce.com/jp/salesforceorg/)をご覧ください。

セールスフォース・ドットコムについて

グローバルでCRMをリードするセールスフォース・ドットコムは、企業が顧客と新しいカタチでつながることを支援します。詳細は、http://www.salesforce.com/jp/ をご覧ください。

本リリースおよび他のリリースや発表などで言及している今後提供予定のサービスや機能は、現在のところ利用できません。 サービスおよび機能の提供開始日は事前の予告なく延期または中止される可能性があります。セールスフォース・ドットコムのアプリケーションを購入する場合は、現在利用可能な機能を基に、購入の意思決定を行うものとします。 セールスフォース・ドットコムは、本社をサンフランシスコに置き、ヨーロッパならびにアジアでも事業を展開しています。同社は、ニューヨーク証券取引所に上場しており、ティッカーシンボルCRMで取引されています。

© 2017 salesforce.com, all right reserved. Salesforce、Salesforce1、Heroku、その他はsalesforce.comの商標です。 本プレスリリースに記載されているその他の商標は各社に属します。