【米国リリース抄訳】
※当資料は、2016年5月9日に米国で発表されたニュースリリースの抄訳版です。

マジック・クアドラントの「リーダー」評価獲得は8年連続
決め手はService Cloud Lightningソリューション
ビジョンの実現能力と完全性にもとづく評価結果

カスタマーサクセスプラットフォームおよび世界シェアトップのCRMを提供する米国セールスフォース・ドットコム(日本法人: 株式会社セールスフォース・ドットコム、本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼CEO:小出伸一)は、ガートナーが発表した2016年のCRM顧客エンゲージメント・センターのマジック・クアドラントにおいて、セールスフォース・ドットコムが8年連続で「リーダー」の評価を獲得したことを発表しました。この評価は、より迅速かつスマートで一人ひとりに合ったコネクテッドサービスを提供するセールスフォース・ドットコムのService Cloud Lightningソリューションに対するものです。

セールスフォース・ドットコムのService Cloud担当シニア・バイスプレジデント兼ジェネラルマネージャのマイク・ミルバーン(Mike Milburn)は、次のように述べています。「革新的なService Cloud Lightningによって、当社のお客様は比類のないサービスエクスペリエンスをお客様に提供し続けています。私たちは、セールスフォース・ドットコムが顧客エンゲージメント・センターのマジック・クアドラントでリーダーの地位を継続することによって、将来のサービスへの当社のビジョン、つまり企業があらゆるチャネルとデバイス上で顧客をサポートし、一人ひとりに合ったシームレスなエクスペリエンスを提供するというビジョンがさらに実証されることを信じています」

Service Cloud Lightningは、よりスマートでスピードを提供する、統合されたサービスプラットフォームとエコシステムを実現し、あらゆる顧客対応を記憶に残るエクスペリエンス創出の機会にします。セールスフォース・ドットコムはここ1年で、新しいService Cloud Lightning Console、Intelligent Omni-Channel Routing and Presence、Service Wave Analytics App、およびField Service Lightningを含む、Service Cloud Lightningへの革新的なイノベーションとともに、製品面でのリーダーシップを拡大しました。

ガートナーは次の通りコメントしています。「このマジック・クアドラントでは、全世界の市場を対象に、顧客が問い合わせなどに使用するチャネルから顧客エンゲージメントが実現するように設計された、カスタマーサービスアプリケーションおよびカスタマーサポートアプリケーションについて調査しています。調査対象は、小規模(20エージェント未満)から平均的規模(50エージェント)、そして大規模(20,000エージェント以上)の顧客エンゲージメント・センター(CEC)を保有する組織の幅広いカスタマーサービスアプリケーションです」

その他の資料

2016年のCRM顧客エンゲージメント・センターのマジック・クアドラント:
http://sfdc.co/servicereport
Salesforce Service Cloud Lightningの詳細:
http://www.salesforce.com/jp/service-cloud/overview/

その他の情報

Twitter: @SalesforceJapan
Facebook:https://www.facebook.com/SalesforceJapan

ガートナーは、マジック・クアドラント内に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また「リーダー」クアドラント内に位置付けられたベンダーのみを選択するようテクノロジーの利用者に助言するものではありません。ガートナーのリサーチ内容はガートナーのリサーチ部門の見解であり、事実の記述であると解釈することはできません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。