米国セールスフォース・ドットコム、2017年度第1四半期
(2016年2月1日~2016年4月30日)業績を発表

【米国プレスリリース抄訳】
※当資料は、2016年5月18日に米国で発表されたニュースリリースの抄訳版です。

2016年5月19日
株式会社セールスフォース・ドットコム

2017年度の売上予測を81億6,000万ドル~82億ドルに上方修正

≪サマリー≫

  • 当四半期の売上は、前年比27%増の19億2,000万ドル、為替変動の影響を除いた場合は28%増
  • 当四半期のオペレーティング・キャッシュフローは、前年比43%増の10億5,000万ドル
  • 繰延収益の残高は、前年比31%増の40億1,000万ドル、為替変動の影響を除いた場合は32%増
  • 成約済み未請求繰延収益の残高は、前年比27%増の約76億ドル
  • 2017年度第2四半期の売上ガイダンスを20億500万ドル~20億1,500万ドルと予測

≪セールスフォース・ドットコム会長兼CEOマーク・ベニオフのコメント≫

「第1四半期の売上成長が為替変動の影響を除いた場合で28%増に加速したことを嬉しく思います。当社のカスタマーサクセスプラットフォームに対する強い引き合いを受けて、2017年度の売上ガイダンスを8,000万ドル増とし、レンジ上限を82億ドルに引き上げます」

≪セールスフォース・ドットコムCFO (最高財務責任者)マーク・ホーキンスのコメント≫

「オペレーティング・キャッシュフローは前年同期比43%の伸びを示し、四半期の結果としては当社設立以来初めて10億ドルを超えました。また、非GAAPベースの営業利益は、283ベースポイントでの伸びを示し、8四半期連続で前年を上回っています」

≪セールスフォース・ドットコム副会長兼社長兼COO (最高執行責任者)キース・ブロックのコメント≫

「第1四半期は当社にとって非常に良いスタートになり、全体を通してすばらしい結果を出すことができました。第1四半期は、9ケタの新規大型案件を含め、より規模の大きい、戦略的な取引を行ってきました。ここまで大規模に戦略的な関係をこの速さで構築するエンタープライズソフトウェア企業は他にないでしょう」

※ 本抄訳プレスリリースは、2016年5月18日(現地時間)に米国セールスフォース・ドットコムが発表したプレスリリースの一部をもとにしています。本プレスリリース全文は、下記リンク先にある原文(英語)をご参照ください。
http://www.salesforce.com/company/news-press/press-releases/2016/05/160518.jsp

セールスフォース・ドットコムについて

グローバルでCRMをリードするセールスフォース・ドットコムは、企業が顧客と新しいカタチでつながることを支援します。詳細は、http://www.salesforce.com/jp/ をご覧ください。

本リリースおよび他のリリースや発表などで言及している今後提供予定のサービスや機能は、現在のところ利用できません。 サービスおよび機能の提供開始日は事前の予告なく延期または中止される可能性があります。セールスフォース・ドットコムのアプリケーションを購入する場合は、現在利用可能な機能を基に、購入の意思決定を行うものとします。 セールスフォース・ドットコムは、本社をサンフランシスコに置き、ヨーロッパならびにアジアでも事業を展開しています。同社は、ニューヨーク証券取引所に上場しており、ティッカーシンボルCRMで取引されています。

© 2017 salesforce.com, all right reserved. Salesforce、Salesforce1、Heroku、その他はsalesforce.comの商標です。 本プレスリリースに記載されているその他の商標は各社に属します。