セールスフォース・ドットコム、Salesforce Commerce Cloud Einsteinの新機能を提供開始、 AIによるパーソナライズされたショッピング体験を実現

2017年5月29日
株式会社セールスフォース・ドットコム

機械学習を活用する新機能「Einstein Predictive Sort」が
インテリジェントな製品検索機能を消費者に提供、企業の売上向上に貢献

Salesforce Commerce Cloudは世界シェアトップのCRM製品として、
53カ国で2,000以上のショッピングサイトで何十億もの消費者のやり取りをサポート

 

株式会社セールスフォース・ドットコム(本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼社長:小出伸一、以下:セールスフォース・ドットコム)は本日、Commerce Cloud Einsteinの新機能を発表しました。これらの機能により、小売企業はWeb、モバイル、SNS、実店舗などにわたり、AIを活用して顧客ごとに最適化されたショッピング体験を消費者に提供することができます。また、モバイルサイト用リファレンスアーキテクチャのブループリント、Google Android Payとの統合など、消費者からニーズのある統一されたショッピング体験を実現します。

人工知能(AI)によって消費者の買い物のあり方に変化が起き始めています。今日の消費者は、オンライン上で商品提案から店舗スタッフとのコミュニケーションまで、あらゆるやり取りで自分たちに最適化された体験を求めており、必要なものをすぐに購入できることを期待しています。しかし、多くの小売企業にとって、これを実現するために必要となるAIのための複雑なテクノロジーやリソースを準備することは困難です。そのうえ、多くの企業が従来から使用しているコストのかかるコマースシステムでは、カスタマージャーニーをすべて網羅することができず、消費者が買い物に使用するさまざまなチャネルに柔軟に連携することができません。

このように急速に変化しているネットワーク社会で競争力を維持するためには、すべてのチャネルまたはデバイスでよりパーソナライズされた体験を消費者に提供できるプラットフォームが必要です。実際、 National Retail Federation(NRF)の調査によると、小売企業の86%が、販売効率の向上を目指して今後10年間のうちに統合コマースプラットフォームを導入する予定であるという結果が出ています。

Commerce Cloud Einstein — AIをより有効に活用したカスタマーエクスペリエンスでサイト閲覧者を顧客に変える
Commerce Cloud Einsteinは、53カ国で2,000を超える小売サイトですでに利用されており、2016年だけを見ても、Black Diamond、Ethan Allen、Icebreakerをはじめとするさまざまな企業で160億ドル以上の売上を生み出しています。世界の名だたる小売企業が利用して、販売拠点全体にわたるコマース業務の統合に成功したことから、今やトップレベルのエンタープライズ・クラウドコマースソリューションといえます。Commerce Cloudですでに提供しているEinstein AI機能も活用されています。たとえば、Einstein Product Recommendationsは、あらゆるチャネルを利用しているあらゆる消費者が、オンライン上で会員登録やログインをせずに買い物をしていても、その消費者の好みを把握して最適な製品を提案します。Einstein Commerce Insightsは、データにもとづく情報を小売企業に提供し、よりスマートな販促活動と店舗プランニングを可能にします。

今回、Commerce Cloud Einsteinは新機能によってさらにスマートになりました。これらの機能を利用することで、企業は小売業界のTrailblazer(先駆者)となって、現代の消費者が求める一人ひとりに最適化されたショッピング体験の予測分析を行うことで提供することができます。

  • Einstein Predictive Sort: 機械学習のテクノロジーを活用することでEコマースサイトの検索ページやカテゴリー一覧ページの商品の並び順をパーソナライズし、商品選択時の体験を最適化します。これまでの注文履歴やWebでの行動で顧客ごとに予測モデルが作成されます。顧客ごとにもっとも関連のある商品が検索結果のトップに表示されるため、顧客は欲しいものがすぐに見つけられるようになり、コンバージョン率が向上します。この機能はわずか数クリックでサイトに組み込むことができ、またブランドが重点的に販売したい商品を、Einsteinのレコメンデーションに組み合わせて表示することも数クリックで利用することが可能になります。コーディングもデータサイエンティストも必要ありません。
  • Mobile Site Reference Architecture: すぐに利用できるモバイルWebサイト用のブループリントで、モバイルのショッピング体験を最適化します。Commerce Cloudでは、モバイルデバイスからのトラフィックが大多数です。Mobile Site Reference Architectureは、モバイルサイトのデザイン、販促活動、テクニカルアーキテクチャのベストプラクティスにもとづく明確なガイダンスです。これを利用すれば、最先端のモバイルショッピングエクスペリエンスをスピーディに確立できます。
  • Android Payとの新たな統合: 消費者はスピーディに、そしてスムーズで簡単に支払いを処理することができます。一方、小売企業には、Android Payと手軽に統合できるというメリットのほか、モバイルでのコンバージョン率を向上する、取引がセキュリティ保護されるといった利点もあります。

その他の情報

提供開始時期について

  • Commerce Cloud Einsteinは本日から国内で提供を開始します。Commerce Cloud EinsteinのPredictive Sortは追加費用なしで2017年7月から提供を開始する予定です。
  • Mobile Site Reference ArchitectureはDeveloper Previewでのみ利用可能で2017年8月から国内で提供を開始する予定です。
  • Android Payは追加費用なしで2017年8月から国内で提供を開始します。
  • Commerce Cloud EinsteinのProduct RecommendationsとCommerce Insightsも本日から国内で提供を開始します。両機能ともCommerce Cloud Einsteinのライセンスで提供します。

セールスフォース・ドットコムについて

グローバルでCRMをリードするセールスフォース・ドットコムは、企業が顧客と新しいカタチでつながることを支援します。詳細は、http://www.salesforce.com/jp/ をご覧ください。

本リリースおよび他のリリースや発表などで言及している今後提供予定のサービスや機能は、現在のところ利用できません。 サービスおよび機能の提供開始日は事前の予告なく延期または中止される可能性があります。セールスフォース・ドットコムのアプリケーションを購入する場合は、現在利用可能な機能を基に、購入の意思決定を行うものとします。 セールスフォース・ドットコムは、本社をサンフランシスコに置き、ヨーロッパならびにアジアでも事業を展開しています。同社は、ニューヨーク証券取引所に上場しており、ティッカーシンボルCRMで取引されています。

© 2017 salesforce.com, all right reserved. Salesforce、Salesforce1、Heroku、その他はsalesforce.comの商標です。 本プレスリリースに記載されているその他の商標は各社に属します。