グローバルでCRM をリードする米国セールスフォース・ドットコム(日本法人:株式会社セールスフォース・ドットコム、本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼社長:小出伸一)は、よりスマートでコラボレーティブな体験をお客様に提供するための新たな戦略的パートナーシップについて発表しました。

セールスフォース・ドットコムはこのパートナーシップの一環として、急成長するグローバルなお客様基盤をサポートする推奨パブリッククラウドプロバイダーに Google Cloud を選びました。また、全世界のインフラストラクチャ拡張の一環として、コアサービスに Google Cloud Platform を利用することも計画しています。

さらに両社は、世界No.1のCRMプラットフォームであるSalesforceと、Google の革新的な生産性向上/チームコラボレーションサービスである G Suite が新たに連携することを実現し、Salesforce LightningおよびQuipと、Gmail、ハングアウト Meet、Google カレンダー、ドライブ間で効果的に表示できるようにします。両社のソリューションを連携することで15万社を超えるSalesforceのお客様が迅速かつ容易に生産性を向上できるよう、Google の生産性向上/コラボレーションに適したサービスをまだ利用したことのないSalesforceのお客様は、最大1年間無償でG Suite を利用することができます(利用制限についてはこちらをご参照ください)。

また両社は、Salesforceと Google アナリティクスを密連携することで、Salesforce Sales Cloud、Salesforce Marketing Cloud、Google アナリティクス360を横断し、営業、マーケティング、広告のデータをつなぎます。お客様は顧客に関する新たなインサイトを獲得し、営業担当者への問い合わせや電子メールの開封、Webサイトの閲覧、広告のクリック、Google での検索など、最適な体験を的確なタイミングで提供できるようになります。

さらにこのパートナーシップの一環として、Google は引き続き推奨CRMプロバイダーにSalesforceを採用し、新しく有意義な方法でクラウドのお客様に対応します。またセールスフォース・ドットコムも、推奨電子メール/生産性向上プロバイダーとして G Suite の使用を継続します。

本ニュースに対するコメント
•セールスフォース・ドットコム会長兼CEO、マーク・ベニオフ(Marc Benioff)
「当社と Google のパートナーシップにより、両社の長所をお客様にもたらすことができます。生産性向上(プロダクティビティ)アプリから、電子メール/アナリティクス、営業、サービス、マーケティングアプリまで、クラウドですべてのビジネスを実行するのにこれほど容易な方法はかつて存在しませんでした。今回のパートナーシップによって両社のお客様は、よりスマートかつ生産的に活動することができるようになります」



• Google Cloud CEO、ダイアン・グリーン(Diane Greene)氏
「今回のパートナーシップは当然の流れであり、Salesforce CRMと G Suite を組み合わせることでチームの生産性を向上させることができます。最大1年間の無料キャンペーンによって、対象となるSalesforceのお客様は、G Suite の革新的なインパクトのある体験をすることができます。また、セールスフォース・ドットコムがコアサービスを Google Cloud で実行するとともに、同じく Google Cloud で構築されるSalesforce Sales/Marketing Cloudで、 Google アナリティクス 360 によりインサイトを強化するという発表についても、大変嬉しく思っています。当社のお客様やパートナーにも、非常に大きなメリットをもたらすことでしょう」

• Google 広告およびコマース担当SVP、スリダー・ラマスワミー(Sridhar Ramaswamy)氏
「Google とセールスフォース・ドットコムは協力して、お客様が直面している最大級の課題であるCRMのインサイトと分析のリッチデータの連携に取り組みます。お客様は初めて、営業、マーケティング、広告で起こっていることをシームレスに結び付け、Google の広告プラットフォームとSalesforceを活用して対策を講じることが可能になります」


今回のグローバル戦略パートナーシップの一環として、両社はまず以下の新たな統合を実現します。
•Salesforceと G Suite の連携:お客様は、すでに全世界の350万社で利用されている G Suite と、Fortune 500にリストアップされている企業のCRMを刷新しているSalesforce LightningおよびQuipを効果的に表示することが可能になります。

●Salesforce Lightning for Gmail:Salesforce Lightningと Gmail を密連携することにより、ユーザーは Gmail における関連性の高いSalesforce CRMデータや、Gmail による顧客とのやり取りをSalesforce内に直接表示することができるようになります。優先度の高い電子メールを特定し、電子メール内のコンテンツにもとづいて次の対応を提案して、ユーザーがかつてないほど迅速に顧客にサービスを提供したり、販売したりできるようにします。

●Salesforce Lightning for Google スプレッドシート:Salesforce LightningとGoogle スプレッドシートとの連携により、ユーザーはスプレッドシートをSalesforce内に組み込むことができます。さらに、ユーザーはワンクリックで簡単にSalesforceのレコードやレポートからデータを新しい Google スプレッドシートにプッシュできます。このデータは双方向で自動的に更新されるため、誰もが最新の情報にアクセスできます。

●Quip Live Apps for Google ドライブおよび Google カレンダー:チームは Google ドライブの任意のファイルリスト(Google ドキュメント/スライド/スプレッドシートを含む)や Google カレンダーをQuipに組み込み、よりコラボレーティブかつオープンなクラウド環境で情報にアクセスできるようになります。Quipと G Suite の新たな組み合わせにより、従来のイントラネットコンテンツサービスに代わる新しい手段が実現します。

●Salesforce for ハングアウト Meet:ユーザーは、関連性の高い顧客、アカウント情報やサービスケース履歴などを、Salesforce CRMから直接ハングアウト Meetインターフェースで表示させることが可能となり、営業担当が商談を進めたり、顧客サービスリクエストに対応したりするために必要なインサイトを把握できるようになります。

•セールスフォース・ドットコムの世界No.1の営業支援およびマーケティングソリューションと Google アナリティクス 360 スイートの接続:Google アナリティクス 360、Salesforce Sales Cloud、Salesforce Marketing Cloudを連携することで、認知からコンバージョン、顧客維持まで、マーケターがよりスマートな顧客エンゲージメントを推進するために必要となるインサイトを提供します。

●Salesforce Marketing Cloudと Google アナリティクス 360:マーケターは今回初めて、アナリティクス 360 にカスタムオーディエンスを作成し、容易にMarketing Cloudにプッシュして、電子メールやモバイルなどのダイレクトマーケティングチャネルで活用できるようになります。さらに、アナリティクス360のデータをMarketing Cloudで直接利用できるようになるため、マーケターは消費者のエンゲージメントデータを示す単一の総合的なダッシュボードを獲得できます。

●Salesforce Sales Cloudと Google アナリティクス 360:Sales Cloudのデータをアナリティクス 360 と連携することで、マーケターはセールスサイクルを新たな観点で把握し、より多様なオーディエンスセグメントを作成して、スマートに広告を最適化できるようになります。この連携により、広告主は Google の広告プラットフォームを活用して、見込み客を顧客へと転換させ、新規顧客を開拓することが可能になります。


価格と提供開始時期について
•Salesforce Lightning for Gmail やカレンダーと Google ドライブの統合など、G Suite とSalesforceの一部の統合はすでに提供を開始しています。2018年には、さらに強固な統合機能の発表を予定しています。
• Quip Live Appと Google ドライブとの統合は、2018年前半に一般提供を開始する予定です。使用にはQuip Enterpriseライセンスが必要で、価格は1ユーザーあたり25ドル/月です。
• 条件に合致するSalesforceのお客様は、最大1年間、追加費用なしで G Suite をご利用いただけます。Google によるこのキャンペーンは、Salesforceのお客様に提供されます。ただし使用制限があります。詳細はこちらをご参照ください。
• Salesforceと Google アナリティクス 360 の統合は、2018年前半期に追加費用なしで提供を開始する予定です。
※米国における提供情報となります

その他の情報について
• セールスフォース・ドットコムと Google の戦略的パートナーシップについての詳細は、https://www.salesforce.com/googleをご覧ください。
•Salesforce + Google アナリティクスの詳細はこちらをご参照ください。
•Quipは、単一の作業中のドキュメントでより迅速かつインタラクティブなチームのコラボレーションを実現する、QuipコラボレーションプラットフォームとQuip Live Appを発表しました。詳細はこちらをご覧ください。
 

グローバルでCRMをリードするセールスフォース・ドットコムは、企業が顧客と新しいカタチでつながることを支援します。詳細は、http://www.salesforce.com/jp/ をご覧ください。

本リリースおよび他のリリースや発表などで言及している今後提供予定のサービスや機能は、現在のところ利用できません。 サービスおよび機能の提供開始日は事前の予告なく延期または中止される可能性があります。セールスフォース・ドットコムのアプリケーションを購入する場合は、現在利用可能な機能を基に、購入の意思決定を行うものとします。 セールスフォース・ドットコムは、本社をサンフランシスコに置き、ヨーロッパならびにアジアでも事業を展開しています。同社は、ニューヨーク証券取引所に上場しており、ティッカーシンボルCRMで取引されています。