株式会社セールスフォース・ドットコム(本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼社長:小出 伸一、以下:セールスフォース・ドットコム)は、Quipコラボレーションプラットフォームの提供を開始することを発表しました。Quipコラボレーションプラットフォームは、リアルタイムでチームでの共同作業を同時に行うことができるライブドキュメントであることから、よりスピーディー迅速かつインタラクティブなチームのコラボレーションを実現します。

セールスフォース・ドットコムでは、Salesforceレコード、カレンダー、カンバンボードなどに対応するアプリケーション「Live Apps」を開発しました。Live Appsは、リアルタイムデータがQuipに組み込まれることで、プロジェクトに関連するすべてのコンテンツを、単一のキャンバスにまとめることが可能になります。また特定の業界、プロジェクト、および機能に関して予めQuipドキュメントとして作成された「ワークフローテンプレート」がQuipに追加されることで、よりスピーディーな共同作業を実現します。

Quipコラボレーションプラットフォームの概要
今日のモバイルワーカー向けに開発されたQuipコラボレーションプラットフォームには、以下の機能が含まれています:

●Live Apps—任意のQuipドキュメントに直接組み込むことができる、インタラクティブなカスタムアプリケーションです。Live Appsにより、取り組んでいるプロジェクトに関係するすべてのコンテンツをQuipドキュメント上で一元化することができます。そのため、プロジェクトチームの参加者は、複数のウィンドウやアプリケーションを切り替えて作業する必要がなくなります。参加者はSalesforceのレコード、カンバンボード、およびパートナーが開発したアプリケーションの機能を、ワンクリックで作業中の任意のQuipドキュメントに追加できます。
現在セールスフォース・ドットコムが提供するLive Appsは下記のとおりです:

 ・Calendar(@calendar)—マーケティングとイベントプランニングに欠かせないアプリケーションです。Calendarを利用することで、プロジェクトチームの参加者は製品発表やイベントの情報を見やすくし、コメントしたり、それぞれの担当作業を追跡したり、コラボレーションを行ったりすることで、参加者間の連携を強化します。

 ・Salesforce Record(@salesforce record)—プロジェクトチームの参加者がQuip内からSalesforceのレコードを表示、編集、更新することが可能になります。

 ・Kanban Board(@kanban)—いくつかの業界・分野を横断するようなプロジェクト管理に役立ち、ワークフローを視覚化および最適化することができます。特にエンジニアリングや製造、営業といったチームは、インタラクティブなカード、カラム、色分けによって情報を整理することができます。カードを別のカラムにドラッグ&ドロップするだけで、チーム作業を整理し、プロジェクトを進めることが可能です。

●Live Apps API—お客様、開発者、パートナーは、それぞれのカスタムLive AppsをQuipコラボレーションプラットフォーム上に構築することができます。

●ワークフローテンプレート—業界、プロジェクト、およびチーム機能に特化した、事前に作成されたQuipドキュメント/スプレッドシートです。ワークフローテンプレートを利用することで、より迅速なチームの共同作業を実現します。各ワークフローテンプレートには、タスクやプロジェクト(製品ロードマップの作成、新製品発表の準備、営業担当テリトリー地域の図示など)に最適なレイアウトやLive Appsが含まれています。営業担当マネージャー向けの「Territory Planning(営業担当テリトリー計画)ワークフローテンプレート」、マーケティングチーム向けの「Launch Plan(製品発表計画)ワークフローテンプレート」、製品担当マネージャー向けの「Product Roadmap(製品ロードマップ)ワークフローテンプレート」などを現在開発中です。

セールスフォース・ドットコムは、Quip向けのSalesforce Files Connectの提供も開始します。これにより、SalesforceとQuipのさらなる連携統合を強化促進します。現在作業中のQuipドキュメント/スプレッドシートをSalesforceにネイティブで連携することができるため、QuipドキュメントをChatterフィードやグループ、ビジネスレコードに添付し、いつでもSalesforce内でQuipのすべてにアクセスすることが可能です。

Quipについて
Quip, a Salesforce companyは、クラウド型のコラボレーションプラットフォームを提供しています。これにより、プロジェクトチームは迅速に文書を作成してコラボレーションすることを可能にし、最新の方法でドキュメント、スプレッドシート、アプリケーション、チャットとCRMのライブデータを組み合わせることができます。Quipは、文書の作成、コラボレーション、プロジェクトの成果を上げるためのハブとなります。モバイルファーストで構築されたQuipは、コミュニケーションの障壁やサイロを取り払い、すべての企業がオンラインあるいはオフラインであらゆるデバイスからのコラボレーションを可能ににします。21世紀フォックス、Diageo、Electronic Arts、Facebookなどの主要ブランド企業がQuipを導入してコラボレーションと生産性、イノベーションを強化しています。Quipユーザーは平均して、メールを43%、会議を38%減少させ、プロジェクトの完了も37%高速化することが可能です¹。

価格と提供開始時期について
・Live Appsは一般提供を開始しています。
CalendarおよびKanban Boardは、Quip Businessライセンス(1ユーザーあたり月額1,200円)またはQuip Enterpriseライセンス(1ユーザーあたり月額3,000円)で利用可能です。
Salesforce Record Live AppはQuip Enterpriseライセンス(1ユーザーあたり月額3,000円)で利用可能です。
・Live Apps APIは現在、ベータ版が提供されています。Live Appを構築し、Quip開発者コミュニティに参加する方法について詳しくは、https://quip.com/dev/をご覧ください。
・ワークフローテンプレートは、Quip Enterpriseライセンス(1ユーザーあたり月額3,000円)で利用可能です。
・Quip向けSalesforce Files Connect在、Quip Enterpriseライセンス(1ユーザーあたり月額3,000円)で利用可能です。

*1 出典: Quip Customer Relationship Survey、2016年

その他の情報について
・Quipコラボレーションプラットフォームの詳細は、https://quip.com/live-apps (英語)およびブログページ https://www.salesforce.com/jp をご参照ください。
・Quip Live Appsの導入方法についての詳細は、https://trailhead.salesforce.com/projects/quick-start-quip-live-apps(英語)をご参照ください。
・Trailheadにて、「Fourth Industrial Revolution Trail(第4次産業革命トレイル)」を受講して詳細を学ぶには、https://sfdc.co/4ir(英語)をお試しください。
 

グローバルでCRMをリードするセールスフォース・ドットコムは、企業が顧客と新しいカタチでつながることを支援します。詳細は、http://www.salesforce.com/jp/ をご覧ください。

本リリースおよび他のリリースや発表などで言及している今後提供予定のサービスや機能は、現在のところ利用できません。 サービスおよび機能の提供開始日は事前の予告なく延期または中止される可能性があります。セールスフォース・ドットコムのアプリケーションを購入する場合は、現在利用可能な機能を基に、購入の意思決定を行うものとします。 セールスフォース・ドットコムは、本社をサンフランシスコに置き、ヨーロッパならびにアジアでも事業を展開しています。同社は、ニューヨーク証券取引所に上場しており、ティッカーシンボルCRMで取引されています。