グローバルでCRM をリードする米国セールスフォース・ドットコム(日本法人:株式会社セールスフォース・ドットコム、本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼社長:小出伸一)は、ブレット・テイラー(Bret Taylor)をプレジデント兼チーフプロダクトオフィサーに、アレックス・デイヨン(Alex Dayon)をプレジデント兼チーフストラテジーオフィサーに任命しました。テイラーは製品に関する世界的なビジョン、設計、開発と市場開拓戦略の推進を担い、デイヨンは戦略的イニシアティブを主導し、製品の方向性や変革に関してお客様と密接に協力します。いずれも、会長兼CEOであるマーク・ベニオフ(Marc Benioff)の直属となります。

ベニオフは次のように述べています。「デイヨンとテイラーは優れたテクノロジーリーダーです。これから、当社の成長、イノベーション、そしてお客様の成功の次なるフェーズに導いてくれることを期待しています」

2016年にセールスフォース・ドットコムにより買収されたQuipの共同創設者兼CEOであるテイラーは、これまで、企業や消費者に幅広く利用される製品の開発に携わってきました。Quip創業前は、自ら創設したソーシャルネットワーキング企業FriendFeedが買収された後、2009年にFacebookに入社し、CTOを務めました。またGoogleにも数年間在籍し、Google Mapsの共同開発に携わりました。

デイヨンは、自ら創設した企業InStranetの買収を通じ、2008年にセールスフォース・ドットコムに加わりました。製品部門に在籍した9年間にわたり、製品ポートフォリオの成長、拡大、進化を主導し、セールスチームのオートメーションの改革者であったセールスフォース・ドットコムを、セールス、サービス、マーケティング、コマースなど市場トップのソリューションによってCRMのグローバルリーダーへと変革させました。
 

グローバルでCRMをリードするセールスフォース・ドットコムは、企業が顧客と新しいカタチでつながることを支援します。詳細は、http://www.salesforce.com/jp/ をご覧ください。

本リリースおよび他のリリースや発表などで言及している今後提供予定のサービスや機能は、現在のところ利用できません。 サービスおよび機能の提供開始日は事前の予告なく延期または中止される可能性があります。セールスフォース・ドットコムのアプリケーションを購入する場合は、現在利用可能な機能を基に、購入の意思決定を行うものとします。 セールスフォース・ドットコムは、本社をサンフランシスコに置き、ヨーロッパならびにアジアでも事業を展開しています。同社は、ニューヨーク証券取引所に上場しており、ティッカーシンボルCRMで取引されています。