グローバルでCRMをリードする米国セールスフォース・ドットコム(日本法人:株式会社セールスフォース・ドットコム、本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼社長:小出伸一)は、第4次産業革命を支援する新しいプラットフォームサービスについて発表しました。これにより、イノベーションの推進やキャリアアップ、ビジネス変革を目指してSalesforceを利用している多くの個人および企業である「Trailblazer(トレイルブレイザー、先駆者)」は、顧客を中心にした業務フローのデジタル化をよりスマートに、そしてパーソナライズしたカタチで実現できます。この発表は、世界最大のソフトウェアカンファレンス「Dreamforce」(2017年11月6~9日、米国カリフォルニア州サンフランシスコにて開催)で行われました。

よりスマートに、さらにパーソナライズできるカスタマーサクセスプラットフォームを発表
この度セールスフォース・ドットコムは、ポイント&クリックとドラッグ&ドロップによる宣言型の開発方式であるカスタマーサクセスプラットフォームを新たに進化させるサービスを発表しました。これまで以上にビジネス全体をスマートにし、常に顧客とつながることができるようになります。Trailblazerは新サービスを通じて、パーソナライゼーション、オンライン学習、AI(人工知能)、生産性、モバイル、そしてIoTといった最先端のテクノロジーを簡単に取り込むことができ、顧客に対してよりスマートでパーソナライズされた顧客体験を提供することが可能になります。

●myTrailhead:ゲーミフィケーションをベースにした新しい学習プラットフォームであるTrailheadに、新たに「myTrailhead」をリリースします。これにより、あらゆる企業は、ドラッグ&ドロップの簡単な操作で自社のコンテンツ、ブランディング、ルック&フィールをカスタマイズできるようになります。myTrailheadは、新人研修から、個々の企業に特化したスキル習得にいたるまで、すべての従業員のキャリア育成のための学習や研修のカタチを刷新します。myTrailheadの詳細はこちらをご参照ください。

●myEinstein:システム管理者や開発者など、あらゆるスキルの方々が、コーディングすることなくクリックだけでSalesforce上にカスタムAIアプリを開発することができるようになります。これを実現するのが、新たに提供する2つのパワフルな機械学習プラットフォームサービスであるEinstein Prediction BuilderとEinstein Botsです。Einstein Prediction Builderによりお客様は、Salesforce内にあるフィールドやオブジェクトの結果を予測するカスタムAIモデルを自動的に作成することが可能になります。Einstein Botsは、これまでのサービス履歴やCRMのデータでトレーニングすることにより、顧客からよく受ける問い合わせに迅速かつ正確に対応したり、ルーティン化した課題を解決したり、内容に応じてシームレスにカスタマーサービス担当者へつなぐことができます。myEinsteinの詳細はこちら(英語)をご参照ください。

●myLightning:Trailblazerは数回のクリックで、カスタマイズされたアプリやテーマ、業務フロー、コンポーネントを開発することが可能になるため、Salesforceでの生産性を一気に引き上げ、顧客体験の質を向上させることができます。Lightningのフレームワーク全体が、CRM体験をきめ細かくカスタマイズすることが容易になります。myLightningにより、システム管理者は、自社のブランドに合わせて、ブランドイメージ、カラー、ページの背景などを変更できるようになります。myLightningの詳細についてはこちらをご参照ください。

●mySalesforce:システム管理者からビジネスユーザーまですべてのTrailblazerは、ポイント&クリックで最新のパワフルなモバイルアプリを自社仕様にカスタマイズし、導入することができるようになります。mySalesforceにより、企業向けにカスタマイズされたモバイルアプリをAppStoreやGoogle Playを通じて提供することが可能です。もちろん、各アプリストアからの配布に必要な承認申請向けのアプリ検証や設定機能も含まれています。mySalesforceの詳細はこちらをご参照ください。

●myIoT:開発者からシステム管理者、ビジネスユーザーまで幅広い層のTrailblazerは、操作性に優れたインターフェースによりIoTデータを活用して、あらゆるビジネスプロセス向けにルールベースのオートメーションをSalesforce Platformネイティブに作成できるようになります。そのため、誰もがコネクテッドデバイス、センサー、そしてSalesforceに格納された顧客に関するアプリケーションデータを組み合わせて、積極的な営業、サービス、マーケティング体験を構築できるようになります。myIoTの詳細はこちらをご参照ください。

またSalesforceは、Quipコラボレーションプラットフォームの提供を開始することを発表しました。一つのライブドキュメント上で、リアルタイムにチームでの共同作業を行うことができ、より迅速かつインタラクティブなチームのコラボレーションが実現します。Quipにリアルタイムデータを組み込むことができるLive Appsを提供します。ドキュメント、スプレッドシート、チームとの対話上に、プロジェクトを進行する上で必要な関連情報をクリックするだけでまとめることができます。また、製品ロードマップの作成、新製品発表の準備、営業担当テリトリーの図示などのワークフローテンプレートも提供します。Quipコラボレーションプラットフォームの詳細はこちらをご参照ください。

その他の情報について
● 第4次産業革命を支援するトレイル(コース)についてはこちらをご参照ください:https://trailhead.salesforce.com/en/trails/learn-about-the-fourth-industrial-revolution
● Dreamforceで行われた基調講演やブレイクアウトセッション、インタビューの動画はこちらからご覧ください:http://salesforce.com/live