~ビジョンの完全性と実行能力で評価を獲得~

グローバルでCRMをリードする米国セールスフォース・ドットコム(日本法人:株式会社セールスフォース・ドットコム、本社:東京都千代田区、代表取締役会長 兼 社長:小出 伸一)は、Gartner, Inc.(以下、ガートナー)が公表した2018年4月のエンタープライズ高生産性aPaaS(Application Platform as a Service)部門のマジック・クアドラントにおいて、Lightning Platformソリューションで「リーダー」の評価を獲得したことを発表しました。

Lightning Platform担当ジェネラルマネージャーであるアン・デルサント(Anne DelSanto)は次のように述べています。
「今日、イノベーションの加速によって、企業が新しく、使いやすいテクノロジーを活用することで、デジタルトランスフォーメーションの実現を促進しています。業界をリードするプラットフォームであるSalesforce Lightningは、ローコードおよびプログラミングによる開発ツールの両方を備えていることから、誰もがわずか数クリックでアイディアをカタチにして画期的なアプリ開発を可能にすることを支援しています」

ガートナーのマジック・クアドラントは、高度に体系化された手法にもとづく厳格な分析によって評価されます。ガートナーは次のように述べています。
「市場リーダーは、市場の現状に対するインサイトから得た理解と、確かな実績、市場の方向性に対する影響力、追従者を常に引き付ける能力、そして牽引力を兼ね備えています。エンタープライズhp(高生産性)aPaaS市場のリーダーとは、企業のニーズとクラウドコンピューティングの可能性を理解し、エンタープライズクラウドコンピューティングとデジタルビジネスのサポートに真摯に取り組んでいる企業です。リーダーは、市場を牽引するビジョンと、そのビジョンの実行能力を実証する必要があります。さらに、企業から求められる一連のサービスをパブリッククラウドサービスとして提供し、ノーコードまたはローコードの開発者も利用できるようにする必要があります。十分な期間にわたって優れた実行能力とビジョンを維持し、効果的なリーダーシップを実証できたベンダーは4社のみであり、そのうち2社はSaaSとPaaSを提供するベンダー、2社は独立系ベンダーでした。チャレンジャーやビジョナリーの継続的な成長を受けて、今後3年間のうちにさらなるベンダーがこの方向で発展していくものと予測しています。特定のエンタープライズイニシアティブに関しては、リーダーが必ずしも最適な選択肢であるとは限らない点に注意が必要です。焦点を絞った小規模なベンダーのほうが、個々の顧客に対するサポートにおいては秀でており、これは特に、地理的または業種別の特性や、具体的な機能に対する特定の能力や取り組みが重要となる場合に顕著です。こうした焦点を絞ったベンダーは、hpaPaaS市場全体のリーダーとしては評価されないかもしれませんが、特定のセグメントにおいてはリーダーと同様に扱われる場合があります。この市場セグメントとしては、プロセス中心型およびモバイル中心型のhpaPaaSが含まれます」

大手企業がSalesforce Lightning Platformで素早くアプリを開発
Lightning Platformによって、ビジネスユーザー、フルスタック開発者、およびIT部門は、宣言型プログラミング、ユーザーエクスペリエンス、AI(人工知能)などの最新のイノベーションを活用して、迅速にアプリを開発することができるようになります。現在、グローバルで700万を超えるアプリと、500万を超える開発者が活用しているLightningは、Trailblazer(先駆者)にとって信頼できる実証済みのプラットフォームです。

その他の情報について
● ガートナーによる2018年のエンタープライズ高生産性aPaaS部門のマジック・クアドラントはこちらからご覧ください。https://www.salesforce.com/form/platform/gartner-apaas-magic-quadrant-2018/
● Lightning Platformについての詳細は、こちらからご覧ください。http://www.salesforce.com/platform/overview/
● ブログ:https://www.salesforce.com/blog/2018/05/gartner-salesforce-application-platform.html

ガートナー、「エンタープライズ高生産性aPaaS部門のマジック・クアドラント」、ポール・ヴィンセント(Paul Vincent)、バン・L・ベーカー(Van L. Baker)ほか、2018年4月26日

ガートナーレポートについて
ガートナーは、自社の研究調査出版物に記載された特定のベンダー、製品、サービスを推奨するものではなく、また最も高い評価点やその他の評価を得たベンダーのみを選択するようテクノロジーの利用者に助言することもありません。ガートナーの研究調査出版物はガートナーの調査組織の見解をまとめたものであり、事実の表明と受け取られるべきものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本調査の商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を負うものではありません。