〜地域金融機関向けサービスを提供〜

2018年7月3日

株式会社セールスフォース・ドットコム(本社:東京都千代田区、代表取締役会長 兼 社長:小出伸一、以下:セールスフォース・ドットコム)と、日本システム技術株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長 執行役員 平林武昭、以下:JAST)は、本日金融業界向けビジネスにおいて業務提携したことを発表いたしました。今後、両社で地域金融機関向けにサービスを提供してまいります。

金融緩和を背景とした低金利が続き、金融業界、とりわけ地方銀行など地域に根ざした金融機関は厳しい状況に直面しています。さらに人口減少や高齢化により、従来の店舗を起点としたサービスから、テクノロジーを利用した新しい金融サービスが顧客から求められています。一方で、再編が進む地域金融機関においては、ITシステムに対する大規模な投資が難しい状況です。

セールスフォース・ドットコムは2000年に日本法人を設立して以来、業種・規模を問わず、クラウド型CRM(顧客管理)プラットフォームの提供を行っております。金融業界においては、気鋭のフィンテック企業からメガバンクまで、金融業界のより良い顧客サービスの実現を支援してまいりました。


JASTは40年以上国内金融機関向け情報システムの開発業務に携わっており、中でも「BankNeo」は、国内有数のCRMパッケージとして、地域金融機関に多数の実績を有しております。

今回の提携で、JASTは従来オンプレミス型*で提供していた「BankNeo」を、新たにクラウドで提供するSalesforce プラットフォーム上でも展開していきます。クラウド型プラットフォームの為、システムの拡張は容易にできるようになり、これにより金融機関へは、利用規模にあわせて柔軟な提供が可能となります。

またJASTは、Salesforceプラットフォーム上で運用される「BankNeo」の導入支援を展開していきます。Salesforceプラットフォームには、営業、カスタマーサービス、マーケティングなどの金融機関業務に対応する各種アプリケーションが提供されています。これらのアプリケーションと、JASTが培ってきた地域金融機関に関するノウハウを融合し、顧客体験*の向上を実現するソリューションを提供していきます。

セールスフォース・ドットコムは、今後JASTに向けてSalesforceに関する最新の技術トレーニングを実施するとともに、本日より共同でマーケティングおよびサービスの提供を展開してまいります。

*オンプレミス型、クラウド型:オンプレミス型とは、自社でサーバーなどのIT資産を有して、ITシステムの運用を図る方法です。クラウド型とは、ネットワークを通じて、PCまたはスマートフォンなどのデバイスからアクセスして、ITシステムを利用する方法です。

*顧客体験(Customer Experience)とは、顧客が企業のサービスに興味を持ち、そのサービスを利用するまでの一連の体験を指します。近年、顧客は企業のサービスを利用する過程で、その企業と多くの接点を持つようになっており、顧客からの企業評価を総合的に高めるために、顧客体験の向上が重要視されています。


セールスフォース・ドットコムについて
CRMにおけるグローバルリーダーであるセールスフォース・ドットコムは、企業が顧客と新しいカタチでつながることを支援します。詳細は、http://www.salesforce.com/jp/ をご覧ください。


日本システム技術について
完全独立系IT企業として多彩な分野で広範なソリューションを提供する日本システム技術は、「情報化の創造・提供による社会貢献」をモットーに顧客・技術・市場の変化に即応できる体制を整え、顧客の成長に貢献しています。同社は、東京証券取引所第一部に上場しており、現在急成長を遂げるアジア諸国でも事業を展開しています。詳細はhttp://www.jast.jp/ をご覧ください。