2018年7月13日

株式会社三井住友フィナンシャルグループ(本社:東京都千代田区、執行役社長グループCEO:國部 毅 以下、当社グループを総称して「SMBCグループ」)は、SMBCグループのリテール業務におけるマーケティングプラットフォームとしてセールスフォース ・ドットコム(日本法人:東京都 千代田区、代表取締役会長 兼 社長:小出 伸一)が提供するクラウド型マーケティングプラットフォームSalesforce Marketing Cloudの利用を開始しました。

現在、SMBCグループの三井住友銀行、SMBC信託銀行、SMBC日興証券、三井住友カードが本サービスの利用を開始し、各々の会社でお客さま一人ひとりに最適なタイミングで最適な情報を届けるOne to Oneマーケティング業務に活用しています。なお、日本の金融業界において、関連会社を含める金融グループ全体でセールスフォース・ドットコムのクラウド型マーケティングプラットフォームを活用するのは国内初のケースとなります。

Marketing Cloudの採用により、SMBCグループ各社では、Webやメール、SMS(ショートメッセージサービス)、LINEを含むモバイルアプリなどのオムニチャネルを通じて、一人ひとりに、より一層最適なタイミングで最適な情報を発信することで、お客さまへのサービス向上を目指します。