【米国リリース抄訳】

2018年9月28日

※2018年9月25日に米国で発表されたニュースリリースの抄訳版です。

Amazon.com, Inc. (NASDAQ:AMZN)の関連会社である Amazon Web Services, Inc.(以下、AWS)とグローバルでCRM 市場をリードする米国セールスフォース・ドットコム(日本法人:株式会社セールスフォース・ドットコム、本社:東京都千代田区、代表取締役会長 兼 社長:小出 伸一)は、グローバル戦略的アライアンスを拡張し、新たな製品連携について発表しました。これにより、お客様はAWSとSalesforceサービスを横断してセキュアにデータを共有したり同期をとったりすることが劇的に容易になります。

 

今回のパートナーシップ拡張は、両社がAWSとSalesforce Lightning Platformとの連携をさらに深いレベルで実現するために投資してきたことを示すものとなります。

 

グローバル戦略的パートナーシップの次の段階となる一環として、AWSとセールスフォース ・ドットコムは以下の連携を提供し、Salesforce PlatformがAWS PrivateLinkとAmazon Connectと連携するための高度にセキュアで信頼性のあるフレームワークを実現します:

AWS PrivateLinkをSalesforce APIと連携:AWS PrivateLinkは、AWS上にSaaSアプリを開発する開発者に対し、プライベートエンドポイントを通じてサービスにアクセスできる追加オプションを提供します。この連携は、開発者がAmazon VPC内にコア Salesforce APIのエンドポイントを提供する、あるいはその逆も可能とするものです。専用のAWSネットワーク接続を利用することによって、パブリックインターネットを通さずにSalesforceとAWSのサービス間のすべてのトラフィックが流れるため、インターネットの脅威に晒されることを軽減させることができます。お客様は、PrivateLink利用可能なSalesforce エンドポイントを利用することで、ビッグデータ分析や機械学習などの顧客データに対してより多くのことができるようになります。カスタムで、ワンオフの接続ポイントを介してできることよりも大幅に簡単に顧客のインサイトを得ることが可能になります。

AWSとSalesforce Platform Eventsとの連携:インテリジェントでコネクテッドな顧客体験を構築するためには、システム間のデータを同期するための複雑な作業が発生します。お客様は、Salesforceの登録データの変更によってAWS内のプロセスにトリガーをかける、あるいはまたその逆のパターンでイベント駆動型のアーキテクチャをどんどん構築しています。今回の発表の一環として、AWSとSalesforceは、両社のユーザーがAWS内にSalesforce Platform Eventをパブリッシュしたりサブスクライブできる新ソリューションで協同していきます。例えば案件の作成といったSalesforce内のイベントは、AWS Lambdaやその他のAWS製品のアクションを簡単にトリガーすることができます。一つのプロセスが終わると、その結果がプラットフォームのイベントとしてパブリッシュして戻ってきます。たとえば、AWS上で稼働する車輌のコネクテッドデバイスを管理している企業が、利用状況のデータを活用して、Salesforceを活用している営業やサービス、マーケティングチームにアラートを上げることができます。それにより、顧客の問題解決や、営業のリード創出、新サービスのクロスセルをプロアクティブに実施できるようになります。AWSとSalesforce Platform Eventsとの連携は、2019年に提供する予定です。

●Amazon Connect for Salesforce Service Cloudとの連携:今日、企業は、セルフサービスで構築できるクラウドベースのコンタクトセンターサービスであるAmazon ConnectとSalesforce Service Cloudを連携し、自動音声応答装置(IVR)、着信呼自動分配装置(ACD)、そしてCRMというコンタクトセンターの中で最もクリティカルな3つのテクノロジー間の顧客のワークフローをサポートする機能を活用することができます。この度この連携を拡張し、Amazon Connect for Salesforce Service Cloudにより、Lightningで統合されたエージェントとカスタマーコミュニティで、顧客が極めて動的で、AI駆動型かつセルフサービス型の音声体験を構築することが可能となります。これには事前に構築されたデータとオムニチャネル連携、Botsのサポート、そしてAmazon LexとSalesforce EinsteinによるAI(人工知能)が含まれる予定です。Amazon Connect for Salesforce Service Cloudは提供開始しており、両社製品のユーザーはAppExchangeからAmazon Connect CTI Adapter をダウンロードして、インストールすることができます。

 

Salesforceは今日、パブリッククラウドのワークロードの大部分をAWS上で稼働しています。SalesforceはオーストラリアとカナダではAWSのインフラ上でサービスを提供しており、お客様は、AWSのクラウドサービスのサポートによるSalesforceの初のインターナショナルなインフラ拡張となる、AWS カナダ(中部)リージョンと アジアパシフィック(シドニー)リージョンにあるSalesforce Customer Success Platformにアクセスすることができます。この2カ国における強固なお客様のモメンタムにより、セールスフォース ・ドットコムはコアサービス向けのオプションとしてローカルベースのインスタンスを設けて、成長をさらに拡張していきます。また、HerokuやQuip、Marketing CloudのSocial Studioなど多くのSalesforceサービスもAWSのインフラ上で稼働しています。

 

セールスフォース ・ドットコムのプレジデント 兼 Chief Product Officer(最高製品責任者)であるブレット・テイラーは次のように述べています。

「セールスフォース ・ドットコムがAWSと締結した発展ある戦略的関係はお客様の成功へのコミットメントを共有していることに支えられています。今回発表した連携により、CIOはデジタルトランスフォメーションを加速する世界で最も信頼できる2つのクラウドプラットフォームを横断してデータのシェアや同期をセキュアにできることを支援します」

 

AWS Compute Servicesのバイスプレジデントであるマット・ガーマンは次のように述べています。

「AWSとセールスフォース ・ドットコムの親密な関係により、Salesforceはその大部分のパブリッククラウドのワークロードをAWSで稼働させており、Amazonは顧客関係を強化するために多様なビジネスでSalesforceを活用しています。我々は両社のサービスを連携するというユニークな取組みを行い、お客様に拡張したソリューションを提供します。この度発表した連携により、企業は両社が提供するプラットフォームをフルに活用しイノベーションを起こし、インテリジェントでコネクテッドな顧客体験を構築することができると期待しています」

 

アマゾン ウェブ サービスについて

アマゾン ウェブ サービス(AWS)は12年の間に、世界で最も包括的かつ幅広く採用されたクラウドプラットフォームになっています。AWSは、米国、オーストラリア、ブラジル、カナダ、中国、ドイツ、インド、アイルランド、日本、韓国、シンガポールおよび英国の18のAWSリージョン、1つのローカルリージョンと55 のアベイラビリティーゾーン(AZ)で、コンピューティング、ストレージ、データベース、ネットワーキング、アナリティクス、マシンラーニング、人工知能(AI)、モノのインターネット(IoT)、モバイル、セキュリティ、ハイブリッド、アプリケーションディベロプメント、デプロイメントおよびマネージメントに関する125種類以上の十分な機能を有するサービスを提供しています。AWSのサービスは、アジリティを高めながら同時にコストを削減できるインフラエンジンとして、急速に成長しているスタートアップや大手企業、および有数の政府機関を含む数百万以上のアクティブなお客様から信頼を獲得しています。AWSの詳細については以下のURLをご参照ください。https://aws.amazon.com/

 

Amazon.comについて

Amazonは4つの理念を指針としています。競合他社ではなくお客様を起点にすること、創造への情熱、優れた運営へのこだわり、そして長期的な発想です。カスタマーレビュー、1-Click注文、パーソナライズされたおすすめ商品機能、Amazonプライム、フルフィルメント by Amazon(FBA)、アマゾン ウェブ サービス(AWS)、Kindle ダイレクト・パブリッシング、Kindle、Fire タブレット、Fire TV、Amazon Echo、Alexaなどは、Amazonが先駆けて提供している商品やサービスです。