PRESS AND NEWS

 

ワコール、一人ひとりの顧客と「より深く、広く、長く」つながるための戦略の一環としてSalesforceでコマースプラットフォームを刷新

2019年3月5日

株式会社セールスフォース・ドットコム(本社:東京都千代田区、代表取締役会長 兼 社長:小出 伸一、以下:セールスフォース・ドットコム)は、 株式会社ワコール(本社:京都府京都市南区、代表取締役社長:伊東 知康、以下:ワコール)がSalesforce Commerce Cloudを採用し、同社のウェブストアを刷新することを発表しました。これによりワコールは、よりパーソナライズしたショッピング体験を強固なコマースプラットフォームで提供し、新規・既存問わず顧客とのエンゲージメントをさらに強化していきます。


ワコールは、創業以来半世紀以上にわたり「女性に美しくなって貰う」「女性が美しくなることをお手伝いする」「女性の“美しくありたい”という願いの実現に役立つ」を信念に、主に婦人向けのインナーウェアやスポーツウェア、アウターウェアなど製品の製造から卸売販売、直接販売を行なっています。

同社が提供する商品はベビー向けのものからシニア層向けのものまで幅広く、ほぼ一生涯にわたり女性のこころとからだに寄り添った商品、サービスを提供すべく、実店舗だけでなく、25年前から通信販売にも注力してきました。2000年からウェブストアを開設し、現在4000点(品番)もの商品を販売しています。

スマホなどの普及の影響や、同社が取り組んできたマーケティング施策によるウェブストアへの集客の結果、特にこの4年の間で現行のウェブストアでの販売売上は著しく成長しています。

今後もウェブストアでの売上を成長させ続けるためには、近年顧客が同社ウェブストアにアクセスするデバイスとして増えているスマホでの表示スピード向上、初売りセールなどで膨大なアクセス集中に耐えられるサーバーの強化、さらに顧客の多様化やコマースビジネスの変化に応じて最新機能やテクノロジーへのアップデートを含む拡張性と柔軟性についての改善を進める必要がありました。

そのため、稼働までの導入時間が早く、柔軟性と拡張性を備えていることに加え、強固なプラットフォーム上で、定期的に自動で機能追加が行われるクラウド型サービスのCommerce Cloudの採用が決定しました。また、パーソナライズしたショッピング体験を実現するためのEinsteinのレコメンデーションや検索機能に加え、導入後に効果的な運用などに関するアドバイザリーサービスであるSalesforce Success Cloudへの期待も採用理由の一つとなっています。

同社では、すでにSalesforce Marketing Cloudを活用し、ウェブストアでの会員顧客向けにお得なキャンペーンやおすすめ商品、からだに関する知識情報などをパーソナライズし、Eメールで送ることで顧客とのエンゲージメントを進めています。

今後、ワコールでは、一人ひとりのお客様と「より深く、広く、長く」つながることをめざし、さらなるパーソナライズ化を図ることで、同社の存在価値でもある「女性の心とからだに寄り添った」サービスを向上していくために、Commerce Cloudによるウェブストア刷新後にMarketing Cloudと連携や、デジタルと実店舗のサービス連携も見据えています。