PRESS AND NEWS

 

Salesforce、西日本シティ銀行のフルクラウド型コンタクトセンターシステム構築を支援

~ Salesforce Service Cloudにより、お客様起点のデジタルトランスフォーメーションを推進 ~


2021年9月29日
株式会社セールスフォース・ドットコム



株式会社セールスフォース・ドットコム(本社:東京都千代田区、代表取締役会長 兼 社長:小出 伸一、以下、Salesforce)は本日、株式会社西日本シティ銀行(本社:福岡県福岡市、取締役頭取:村上 英之、以下:西日本シティ銀行)が優れた顧客体験を実現するフルクラウド型コンタクトセンターシステム構築のためにSalesforce Service Cloud(以下、Service Cloud)を採用したと発表しました。


アマゾン ウェブ サービス(AWS)のAmazon ConnectとService Cloudを連携させた西日本シティ銀行のフルクラウド型コンタクトセンターシステムは、お客様起点のデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進する基盤となります。フルクラウド型コンタクトセンターの本格稼働は2022年5月の開始予定です。

昨今、金融機関を取り巻く経営環境は、人口減少・少子高齢化、長期化する低金利環境などを背景に大きく変化しています。また、デジタル化の進展やライフスタイルの変化により、お客様のニーズは多様化・高度化が進んでおり、一人ひとりのお客様のニーズに最適化されたサービスが求められています。

そうしたなかで、西日本シティ銀行は業務の効率化と中長期的なコンタクトセンターの体制強化・改善を図るための基盤として、Service Cloudの導入を決定しました。これは、Service Cloudがお客様中心のデータドリブンなソリューションであることに加え、金融機関において求められる高度なセキュリティを実現できることが評価されたものです。

西日本シティ銀行は、Service CloudとAmazon Connectによるフルクラウド型コンタクトセンターシステムの構築により、お客様一人ひとりの嗜好や状況に合わせた最適なチャネルでサービスを提供するとともに、チャネルをまたぐデータ連携やプロセス連携により、コンタクトセンターの品質や生産性、従業員満足度の向上を図ります。お客様起点のデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進することで、優れた顧客体験の提供と顧客ロイヤルティの向上を目指します。


セールスフォース・ドットコムについて
セールスフォース・ドットコムは、顧客関係管理(CRM)のグローバルリーダーであり、デジタル時代において企業と顧客を近づける支援をしています。1999年に設立されたセールスフォース・ドットコムは、あらゆる規模と業界の企業がクラウド、モバイル、ソーシャル、IoT、人工知能、音声、ブロックチェーンなどの強力なテクノロジーを活用し、360度で顧客と繋がるためのツールを提供します。セールスフォース・ドットコム(NYSE:CRM)の詳細については、www.salesforce.comをご覧ください。

※Amazon Web Services、AWSおよびAmazon ConnectはAmazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。