PRESS AND NEWS

 

花王、店頭施策を変革するDXをSalesforce Consumer Goods Cloudで推進

~Salesforce Consumer Goods Cloudで消費者の店頭体験の向上とチャネルパートナーとの関係強化を推進~
2021年12月9日
株式会社セールスフォース・ドットコム

 

株式会社セールスフォース・ドットコム(本社:東京都千代田区、代表取締役会長 兼 社長:小出 伸一、以下、Salesforce)は、花王株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役 社長執行役員:長谷部 佳宏、以下、花王)が店頭施策変革のためのデジタルトランスフォーメーションを推進するため、Salesforce Consumer Goods Cloud(以下、Consumer Goods Cloud)を採用、本年9月に本格稼働を開始したと発表しました。

花王の販売会社である、花王グループカスタマーマーケティングでは、店頭施策の変革による生産性の向上を図るため、店頭における業務内容の見直しや効率化、依頼業務の効率化、商談のペーパーレス化、報告業務の負担軽減など、フィールド業務全般の効率化を2019年より段階的に進めてきました。

こうした取り組みの中で、機能別に作り込んでいるフィールド業務の各システムを統合して同業務全般で使える統一したプラットフォームを構築するために、フィールド業務全般の標準機能を備え、ビジネスの変化に柔軟に対応できる拡張性を備えるシステムが求められていました。そこで、花王は消費財を扱う企業向けのインダストリーソリューションであるConsumer Goods Cloudのパイロットプログラムに2019年8月に参加。同ソリューションの導入を通じて、店頭業務のプロセスを改善・高度化することで業務のシンプル化と標準化を実現するとともに、消費者の店舗体験の向上と小売チャネルパートナーとの関係強化を推進しています。

花王グループカスタマーマーケティングの管理部門 営業情報部 ITSG部長の前田 保房氏は次のように述べています。
「フィールド活動を支援するアプリケーションシステムは、取引先様や消費者の変化、スマートデバイスの進化に、遅れが否めない状況でした。消費財を扱う企業向けのConsumer Goods Cloudがサービスとして提供されることを機に、パイロットプログラムから参加し、結果的に約8割の業務が標準機能で稼動しています。併せて、業務のシンプル化も実現しています。Salesforceなどのサービスを有効的に活用することにより、柔軟な環境変化への対応、新技術の早期活用など、先手対応を可能とし、さらにSaaS化が進むことを期待しています」

Consumer Goods Cloudは、消費財を扱う企業の店頭施策を変革することで事業変革を支援します。効率的な店頭づくりや店頭業務の最適化、プロモーションの実施、注文管理の改善などによって、収益の増加やROIの最大化を図り、消費者の店頭体験の向上を実現します。在庫を切らさず、消費者の期待に応える価格設定と販売促進を実施しながら、店頭業務にかかる時間を短縮することができます。そのため、現場担当者は小売チャネルパートナーとの関係構築や販売促進を通じてお客様に向き合うために時間を費やすことができます。

今回の導入に際しては、アビームコンサルティング株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鴨居 達哉)が、様々な業界の営業改革や店頭施策の改善などを通じて培った経験と、Salesforceの様々なソリューションならびにConsumer Goods Cloudに関する知見を活かし、フィールド業務全般の業務・組織設計や導入までのプロジェクト推進を一貫してリードしました。

セールスフォース・ドットコムについて
セールスフォース・ドットコムは、顧客関係管理(CRM)のグローバルリーダーであり、デジタル時代において企業と顧客を近づける支援をしています。 1999年に設立されたセールスフォース・ドットコムは、あらゆる規模と業界の企業がクラウド、モバイル、ソーシャル、IoT、人工知能、音声、ブロックチェーンなどの強力なテクノロジーを活用し、360度で顧客と繋がるためのツールを提供します。セールスフォース・ドットコム(NYSE:CRM)の詳細については、www.salesforce.comをご覧ください。