PRESS AND NEWS

 

三菱UFJ銀行、ビジネステック、NTTデータ、Salesforceによる 法人ビジネスプラットフォームの取り扱い開始について

 

2022年6月24日

株式会社セールスフォース・ジャパン
株式会社三菱UFJ銀行
株式会社BusinessTech
株式会社NTTデータ

株式会社三菱UFJ銀行(取締役頭取執行役員 半沢淳一、以下 三菱UFJ銀行)、株式会社BusinessTech(代表取締役CEO 三浦 一大、以下 BusinessTech)、株式会社NTTデータ(代表取締役社長 本間 洋、以下 NTTデータ)と、株式会社セールスフォース・ジャパン(代表取締役会長兼社長 小出 伸一、以下 Salesforce)の4社は、本日、地域金融機関に向けた法人ビジネスプラットフォームの取り扱いを開始いたしました。

法人ビジネスプラットフォームとは、これまで金融機関が提供してきた金融ソリューションや情報コンテンツに加え、DX・ESG・地域創生など非金融領域の課題解決に資するソリューションをそろえた、新たな総合金融サービスを提供するプラットフォームです。地域金融機関が法人ビジネスプラットフォームを活用することで、取引先企業が抱える様々な経営課題や社会課題に対して、ソリューションを容易にかつ一括して提供することが可能になります。

具体的には、三菱UFJ銀行がこれまで培ってきた対面・非対面チャネル運営のノウハウを基に、BusinessTechの非金融領域における問題解決プラットフォーム「ビジクル」と、インターネットバンキングや多種多様なソリューションとの連携が可能なNTTデータの法人向けポータルサービス「BizSOL_Square」、Salesforceが提供する「Salesforce Financial Services Cloud」などの顧客関係管理(CRM)システムを連携して提供いたします。これらを組み合わせることで、プラットフォーム上の様々なデータの一元管理やデータ分析に基づく提案の高度化、オンライン・オフライン両面でのシームレスな情報提供など、新たな顧客体験を実現いたします。

地域金融機関は、これらのサービスを本プラットフォーム上で一括して利用することで、各サービスの導入が容易になるだけでなく、各サービス間のデータ連携もスムーズになります。取引先企業に関するデータ蓄積・分析から提案活動におけるデータ活用まで、一連のサイクルを本プラットフォーム上で完結することができます。

4社は、法人ビジネスプラットフォームの提供を通じて、企業の経営課題や社会課題の解決を図るとともに、日本経済の成長・発展に貢献してまいります。
【図1】法人ビジネスプラットフォームの提供価値
【図2】法人ビジネスプラットフォームの構成

Salesforceについて
Salesforceは顧客関係管理(CRM)のグローバルリーダーであり、あらゆる規模や業種の企業がデジタルトランスフォーメーションを行い、顧客を360度で見られるよう支援しています。Salesforce(NYSE: CRM)の詳細については、www.salesforce.comをご覧ください。