「顧客ニーズに合った製品・サービスを提供したい」「潜在顧客にリーチしたい」―ほとんどの企業がそう考えていると思いますが、その根底にあるのが「顧客を知る」こと。だからこそ、顧客情報の共有・活用が重要になるのですが、そのサイクルがうまく回っていないという企業も多いのではないでしょうか。日本M&Aセンターは、顧客情報を徹底的に活用することで、驚異的な成長を実現しています。そのノウハウを詳しく紹介します。

<導入>

成長企業の具体的な事例から見えてきた 顧客情報の共有・活用のあるべき姿

<お客様事例>

株式会社日本M&Aセンター
●経営者の視点
代表取締役社長 三宅 卓氏
M&Aにおいて顧客情報は重要資産! 銀行にとっての現金と同じ
●導入担当者の視点
上席執行役員 営業企画部長 兼 経営企画室長 飯野 一宏氏
「そのシステムからすべての情報にアクセスできる」という理想を実現
●現場コンサルタント(営業)の視点
役員室 上席課長 能登 雄太氏
点在していた情報が線でつながり、欲しい情報がさまざまな切り口で手に入る

<まとめ>

Salesforce上の顧客情報が 企業、部署、個人に変革を起こす

eBook