2016年1月から国民からの申請に基づくマイナンバーカードの発行がスタート。ところが、カードの交付を終えているのは、交付申請済みのわずか45%未満に留まっています(2016年5月29日現在)。

対応が遅れている状況を重く見た総務省では、市区町村向けのガイダンスとして「マイナンバーカード交付促進マニュアル」を公開。同文書では、滞留しているマイナンバー交付通知書の送付を遅くとも11月中に行い、申請者が2016年中には確実にカードの交付を受けられるようにする計画の策定を求めています。

こうした国の要請に応え、市区町村におけるマイナンバーの交付にかかわるシステム構築に、きわめて有効なアプローチとなるのがセールスフォース・ドットコムの提供するマイナンバーカード交付支援ソリューションです。