eBook

組織としてのデータ分析活用 入門編

「IoT、ビッグデータの波に乗り遅れないためのデータサイエンス 力」
 
インターネットの普及により、圧倒的な情報量と行動力を手に入れた顧客が、マーケットの主導権を握る「顧客の時代」。クラウドコンピューティングの活用、スマートフォンやタブレットの普及、SNS利用者の増加、街中のセンサー情報の充実、モノをネットワークに接続するIoT化の波……。企業が得られる顧客に関する情報の種類・容量は飛躍的に増え続けています。これらのビッグデータをビジネス上の決断に活かすためには、膨大なデータから意味ある情報の抽出・分析・予測を行い、「データサイエンス」の力を“組織として”備えることが重要です。
“ビッグデータ”時代のビジネスを支える「データサイエンス力」を高める方法をeBookで解説!
  1. データサイエンス力についての10のチェックリスト
  2. 分析はあくまで「手段」。望むべきは、組織的な「活用」。
  3. ビジネスにおけるデータサイエンスとは何か?
  4. ビッグデータから、顧客像を明らかにする。
  5. リアルタイム分析で「スピード経営」を可能に。
  6. お客様事例(Mipox株式会社)
  7. 企業経営の格差は、組織としての意思決定基盤で決まる。

本ebookでは、「ビジネスにおけるデータサイエンスとは何か」を解説するとともに、組織のデータサイエンス力を最大限に高めるために必要なことについて、わかりやすくご紹介します!

 

フォームにご記入頂き、eBook を ご覧ください。

全て項目に入力ください。
姓を入力してください
名を入力してください
会社名を入力してください
部署名を入力してください
役職を入力してください
有効なメールアドレスを入力してください
有効な電話番号を入力してください
従業員数をお選びください
国を選択してください
By registering I confirm that I have read and agree to the Privacy Statement.
This is a required field