この大きな課題にどう対応するべきなのか。悩みを抱える経営者やリーダーは多い。

トリンプ・インターナショナル・ジャパン 元代表取締役社長の吉越氏は、 
残業を全面的に禁止し、部下に明確な日付でもって 
デッドラインを設けることで19年連続増収増益を実現した。

とはいえ、多くの部下を抱えるリーダーにとって、
すべての部下のデッドラインを管理するのは、
それだけで膨大な作業だ。

そのため、吉越氏の優れた管理手法に魅力を感じつつも、
自らの組織に取り入れるのを躊躇してしまうケースも少なくない。

しかし、ITを効果的に取り入れることで、
意外にスムーズに実践できるという。

1. 戦略の実行と徹底という観点からも課題となるホワイトカラーの生産性

2. デッドライン管理で仕事の密度とスピードを高める

3. 「徹底度」が有能な上司の指標

4. 改革に求められる“土壌作り”

5. 部下の納得度を高める、データに基づくロジカルな指導

6. 企業文化そのものを変えるツール

7. システム化が改革の持続性を支える

本ebookでは、「当時、こうしたITが目の前にあれば絶対に活用した」と語る吉越氏がセールスフォース・ドットコムの道下との対談を交えながら、Salesforceを活用して、「デッドライン仕事術」を実践するポイントを徹底解説します!

 
姓を入力してください
名を入力してください
会社名を入力してください
部署名を入力してください
役職を入力してください
有効なメールアドレスを入力してください
有効な電話番号を入力してください
従業員数をお選びください
国を選択してください
By registering I confirm that I have read and agree to the Privacy Statement.
Yes, I would like to receive marketing communications regarding Salesforce products, services, and events. I can unsubscribe at a later time.